健康

高血圧治療とその薬

投稿日:

014480
昨今の日本では、塩分の摂り過ぎなどが続き、高血圧の高齢者人口が
劇的に増えています。

病院の循環器科にかかる患者の多くは高血圧を治療中と
いっても間違いではないくらいです。

高血圧の原因としては、まず生活習慣の乱れが挙げられます。
先に述べましたとおり塩分の摂り過ぎに加え、更には
寝不足・ストレス・運動不足などが挙げられます。

高血圧治療としては、やはりまずこの生活習慣の乱れを
改善することが第一前提となります。

そして生活習慣の乱れを改善し切ることはなかなか難しい場合、
生活改善に加えて薬による治療が開始されます。

さて、実際の薬物治療により使われる治療薬ですが、血圧の薬の
研究はかなり進んでおり多くの種類の薬があります。

まず一番よく使われている薬としては、カルシウム拮抗薬と呼ばれる
アムロジン・アダラートなどの薬です。

これらの薬は、血管収縮による血圧上昇を抑える働きがあります。

次に、アンギオテンシン受容体阻害薬というものが多く使われています。
例としてはディオバン・ミカルディス・ブロプレスなどがあります。

また、似たような作用機序の薬には、アンギオテンシン変換酵素阻害薬と
いうものがあり、薬としてはタナトリル・エースコールなどが挙げられます。

これらの薬は、血圧を上昇させるアンギオテンシンという物質に関係する薬で、
前者はアンギオテンシンが作用する受容体をブロックすることにより効果を示し、
後者はアンギオテンシンが活性化される段階をブロックすることで効果を示します。

そのほかにも、血管のノルアドレナリンα受容体阻害薬や、利尿剤など
多くの種類の薬を組み合わせて高血圧治療が行われるのです。

血圧の治療が始まると、安定するまで使う薬がどんどん増えてしまう
印象があります。そうならないためにも生活習慣の見直しがとても大切なのです。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

基礎代謝とは?

ダイエットに関しては、これまでもさまざまな ことを書いてきましたが、「基礎代謝」ということが キーワードになるのは間違いないです。 有酸素運動も重要ですが、毎日必ず運動して、 カロリーをたくさん消費で …

no image

目的別ウォーキング健康法

健康のためにウォーキングに取り組んでいるという 方は多くいらっしゃるでしょう。 漠然と健康のために、とにかく歩くという方法では せっかくの努力があまり報われないこともあります。 そこで目的として一番多 …

no image

B型インフルエンザが発覚しました

前回のエントリで花粉症なのに熱が出るという 内容の話をしましたが、一向に熱が収まる気配が ないので内科に行ってみると実はB型インフルエンザだと いうことがわかりました。 これはショックですね・・。 て …

no image

「キーボード腱鞘炎」を治す方法

パソコンを使っていて腱鞘炎になるケースが 増えているみたいですね。 ヤフーニュースで取り扱いをしているのを見て そう思いました。 “キーボード腱鞘炎”急増中 http://zasshi.news.ya …

no image

節電して熱中症になってはシャレになりません

2013年もまだまだ猛暑が続くということが わかってきました。 この夏の暑さ、みなさんも実感して ヤバさがわかっていますよね? 猛暑が危険なのは、家や建物の中であっても 変わりません。 ちょっと暑くて …

アーカイブ