健康

高血圧治療とその薬

投稿日:

014480
昨今の日本では、塩分の摂り過ぎなどが続き、高血圧の高齢者人口が
劇的に増えています。

病院の循環器科にかかる患者の多くは高血圧を治療中と
いっても間違いではないくらいです。

高血圧の原因としては、まず生活習慣の乱れが挙げられます。
先に述べましたとおり塩分の摂り過ぎに加え、更には
寝不足・ストレス・運動不足などが挙げられます。

高血圧治療としては、やはりまずこの生活習慣の乱れを
改善することが第一前提となります。

そして生活習慣の乱れを改善し切ることはなかなか難しい場合、
生活改善に加えて薬による治療が開始されます。

さて、実際の薬物治療により使われる治療薬ですが、血圧の薬の
研究はかなり進んでおり多くの種類の薬があります。

まず一番よく使われている薬としては、カルシウム拮抗薬と呼ばれる
アムロジン・アダラートなどの薬です。

これらの薬は、血管収縮による血圧上昇を抑える働きがあります。

次に、アンギオテンシン受容体阻害薬というものが多く使われています。
例としてはディオバン・ミカルディス・ブロプレスなどがあります。

また、似たような作用機序の薬には、アンギオテンシン変換酵素阻害薬と
いうものがあり、薬としてはタナトリル・エースコールなどが挙げられます。

これらの薬は、血圧を上昇させるアンギオテンシンという物質に関係する薬で、
前者はアンギオテンシンが作用する受容体をブロックすることにより効果を示し、
後者はアンギオテンシンが活性化される段階をブロックすることで効果を示します。

そのほかにも、血管のノルアドレナリンα受容体阻害薬や、利尿剤など
多くの種類の薬を組み合わせて高血圧治療が行われるのです。

血圧の治療が始まると、安定するまで使う薬がどんどん増えてしまう
印象があります。そうならないためにも生活習慣の見直しがとても大切なのです。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

子供の乾燥肌対策

あたりが寒くなり始めると、必ずといっていいほど身体のかゆみを 訴えてくると言うお子さんがおられます。 私の子供もその一人で、寒くなり始めると、痒がり、 ひどい時には血が滲んでしまっていると言うとも。 …

no image

脂肪の体への取りこまれ方

血液を試験管のなかんい入れておくと、 やがて上下2つの層に分かれます。 上の層が血清、下の層が血球です。 血清の中に含まれているのは主に水分で そのほかにもたんぱく質や糖質、脂質等が 混ざっています。 …

no image

喉の乾燥予防

冬になると、さまざまな「乾燥」に悩まされる人が 増えて来るようです。 なかでも喉の乾燥は、身体の中のことだけに、なかなか対策が 取りにくいようです。 喉の乾燥防止には、何よりもまず、冷たい空気を喉から …

no image

部屋の乾燥を防ぐ

冬になると、エアコンをかけるので、部屋がもの凄く乾燥します。 部屋が乾燥すると、一日の大半を部屋の中で過ごす私には肌荒れの症状が出て大変です。 唇の皮が剥げてきて、ガサガサになりますし、鼻の下もガサガ …

no image

緑茶の健康効果

緑茶に多く含まれているカテキンは 健康効果が注目されています。 それは、緑茶に多く含まれているカテキンという成分が、 抗インフルエンザ作用や、 風邪予防にとても効果があるからです。 緑茶を飲み続けるだ …

アーカイブ