健康

高血圧治療とその薬

投稿日:

014480
昨今の日本では、塩分の摂り過ぎなどが続き、高血圧の高齢者人口が
劇的に増えています。

病院の循環器科にかかる患者の多くは高血圧を治療中と
いっても間違いではないくらいです。

高血圧の原因としては、まず生活習慣の乱れが挙げられます。
先に述べましたとおり塩分の摂り過ぎに加え、更には
寝不足・ストレス・運動不足などが挙げられます。

高血圧治療としては、やはりまずこの生活習慣の乱れを
改善することが第一前提となります。

そして生活習慣の乱れを改善し切ることはなかなか難しい場合、
生活改善に加えて薬による治療が開始されます。

さて、実際の薬物治療により使われる治療薬ですが、血圧の薬の
研究はかなり進んでおり多くの種類の薬があります。

まず一番よく使われている薬としては、カルシウム拮抗薬と呼ばれる
アムロジン・アダラートなどの薬です。

これらの薬は、血管収縮による血圧上昇を抑える働きがあります。

次に、アンギオテンシン受容体阻害薬というものが多く使われています。
例としてはディオバン・ミカルディス・ブロプレスなどがあります。

また、似たような作用機序の薬には、アンギオテンシン変換酵素阻害薬と
いうものがあり、薬としてはタナトリル・エースコールなどが挙げられます。

これらの薬は、血圧を上昇させるアンギオテンシンという物質に関係する薬で、
前者はアンギオテンシンが作用する受容体をブロックすることにより効果を示し、
後者はアンギオテンシンが活性化される段階をブロックすることで効果を示します。

そのほかにも、血管のノルアドレナリンα受容体阻害薬や、利尿剤など
多くの種類の薬を組み合わせて高血圧治療が行われるのです。

血圧の治療が始まると、安定するまで使う薬がどんどん増えてしまう
印象があります。そうならないためにも生活習慣の見直しがとても大切なのです。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

余分なエネルギーが中性脂肪になる

肥満のもととなる中性脂肪が増えるのは、糖質や脂質の 過剰摂取と、エネルギー消費量が、食事から取った エネルギー量より少ないことが原因です。 食べ過ぎと運動不足、単純ですがこれこそが 肥満の原因なのです …

no image

腰痛の治し方について

30歳ころ、カブに乗ろうとしたときギックリ腰をやってしまいました。 脂汗がたらたら流れ、しばらくその場でじっとしていました。 少し治まったのでこわごわカブを引いて勤務先まで戻りました。 この時が私のギ …

La・VIE ツイスターダイエットKUBIREの効果は?

La・VIE(ラ・ヴィ)の「ツイスターダイエットKUBIRE」と いう商品を知っていますか? 偶然ですが、東急ハンズでサンプルが出ているのを 見て試してみて、気に入って買ってしまいました。 見ての通り …

no image

美容と健康のための正しい食事

人は誰でも、健康には無関心ではいられません。 確かに若く健康な人であれば、一時期は無関心かもしれません。 しかし、美容も健康の一種であると考えれば、とても 無関心ではいられないでしょう。 実際、本当の …

no image

血圧計で朝夕二回測っています

秋の健康診断で高血圧の疑いがあると指摘されました。 私は今年で62歳になりましたが、このような指摘を受けたのは 初めてですのでとても驚きました。どちらかと言うと、血圧は低い方でした。 親も低めでしたの …

アーカイブ