健康

高血圧治療とその薬

投稿日:

014480
昨今の日本では、塩分の摂り過ぎなどが続き、高血圧の高齢者人口が
劇的に増えています。

病院の循環器科にかかる患者の多くは高血圧を治療中と
いっても間違いではないくらいです。

高血圧の原因としては、まず生活習慣の乱れが挙げられます。
先に述べましたとおり塩分の摂り過ぎに加え、更には
寝不足・ストレス・運動不足などが挙げられます。

高血圧治療としては、やはりまずこの生活習慣の乱れを
改善することが第一前提となります。

そして生活習慣の乱れを改善し切ることはなかなか難しい場合、
生活改善に加えて薬による治療が開始されます。

さて、実際の薬物治療により使われる治療薬ですが、血圧の薬の
研究はかなり進んでおり多くの種類の薬があります。

まず一番よく使われている薬としては、カルシウム拮抗薬と呼ばれる
アムロジン・アダラートなどの薬です。

これらの薬は、血管収縮による血圧上昇を抑える働きがあります。

次に、アンギオテンシン受容体阻害薬というものが多く使われています。
例としてはディオバン・ミカルディス・ブロプレスなどがあります。

また、似たような作用機序の薬には、アンギオテンシン変換酵素阻害薬と
いうものがあり、薬としてはタナトリル・エースコールなどが挙げられます。

これらの薬は、血圧を上昇させるアンギオテンシンという物質に関係する薬で、
前者はアンギオテンシンが作用する受容体をブロックすることにより効果を示し、
後者はアンギオテンシンが活性化される段階をブロックすることで効果を示します。

そのほかにも、血管のノルアドレナリンα受容体阻害薬や、利尿剤など
多くの種類の薬を組み合わせて高血圧治療が行われるのです。

血圧の治療が始まると、安定するまで使う薬がどんどん増えてしまう
印象があります。そうならないためにも生活習慣の見直しがとても大切なのです。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

第3の美容成分ガンマトコフェロール

ガンマトコフェロールは、ビタミンEの一種です。 日本では、ビタミンEのサプリといえばアルファトコフェロールしか 入っていないのが一般的ですが、実はビタミンEにはアルファトコフェロール、 ベータトコフェ …

no image

ダイエットと炭水化物について

効率的なダイエットをするためには、炭水化物は避けた方が いいと考えられているようです。 それは、炭水化物や糖分は太ると考えられているためです。 私たちの体は食物が体内に入ると栄養素が蓄えられるのですが …

no image

リポたんぱくの種類

脂肪の体への取りこまれ方の続きです。 体内に入った脂肪は小腸で消化・吸収され、 再合成されてカイロミクロンとなって 肝臓へ運ばれます。 その中身の多くは中性脂肪です。 カイロミクロンは必要なときに肝臓 …

no image

体脂肪と中性脂肪の違いとは?

よく耳にする言葉に「体脂肪」というものがあります。 体脂肪計も今は流行っていますし一般的な言葉となりました。 この体脂肪と中性脂肪やコレステロールを同じものだと 思っている人が少なくないようですが、実 …

no image

コカコーラが肥満防止キャンペーン 太るのは誰のせい?

アメリカでコカコーラが肥満防止キャンペーンを行うという 矛盾というか、皮肉というか何とも不思議な動きが出ているようです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 参照) 米コカ・コーラが肥満 …

アーカイブ