健康

高血圧治療とその薬

投稿日:

014480
昨今の日本では、塩分の摂り過ぎなどが続き、高血圧の高齢者人口が
劇的に増えています。

病院の循環器科にかかる患者の多くは高血圧を治療中と
いっても間違いではないくらいです。

高血圧の原因としては、まず生活習慣の乱れが挙げられます。
先に述べましたとおり塩分の摂り過ぎに加え、更には
寝不足・ストレス・運動不足などが挙げられます。

高血圧治療としては、やはりまずこの生活習慣の乱れを
改善することが第一前提となります。

そして生活習慣の乱れを改善し切ることはなかなか難しい場合、
生活改善に加えて薬による治療が開始されます。

さて、実際の薬物治療により使われる治療薬ですが、血圧の薬の
研究はかなり進んでおり多くの種類の薬があります。

まず一番よく使われている薬としては、カルシウム拮抗薬と呼ばれる
アムロジン・アダラートなどの薬です。

これらの薬は、血管収縮による血圧上昇を抑える働きがあります。

次に、アンギオテンシン受容体阻害薬というものが多く使われています。
例としてはディオバン・ミカルディス・ブロプレスなどがあります。

また、似たような作用機序の薬には、アンギオテンシン変換酵素阻害薬と
いうものがあり、薬としてはタナトリル・エースコールなどが挙げられます。

これらの薬は、血圧を上昇させるアンギオテンシンという物質に関係する薬で、
前者はアンギオテンシンが作用する受容体をブロックすることにより効果を示し、
後者はアンギオテンシンが活性化される段階をブロックすることで効果を示します。

そのほかにも、血管のノルアドレナリンα受容体阻害薬や、利尿剤など
多くの種類の薬を組み合わせて高血圧治療が行われるのです。

血圧の治療が始まると、安定するまで使う薬がどんどん増えてしまう
印象があります。そうならないためにも生活習慣の見直しがとても大切なのです。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

「ゆっくり」した動きがあなたを変える

足早にオフィス街を歩き、ふと疲れたなと、 ストレスに襲われることは無いでしょうか? 現代社会では皆、時間に追われるあまり、知らず知らずに 動作あわただしくなりがちです。 ストレスに負けない自分を手に入 …

no image

副作用も引き起こす薬との向き合い方

病気になった時や体調がすぐれない時に行く所と言えば病院です。 病院では医師の診察を受けた上で薬を処方されるわけですが、この薬の 種類や量が適正でないと思わぬ副作用に苦しむことになります。 もちろん、一 …

no image

肥満メカニズムではなく、太らないメカニズムを解明してほしい

肥満メカニズムを東北大が解明したということが ニュースとなっていました。 実際は凄い業績だと思いますが、単純に見れば、 飢餓に備えて栄養分を蓄えておく仕組みになっているのは 周知の事実だと思います。 …

no image

ウォーターサーバー利用の際に気になる項目

便利さからウォーターサーバーを利用する方が増えています。 女性であれば重い水を運ばなくて済むというのは特に魅力的ですよね。 その一方でコストや、居住スペースなどを考えて利用するかどうか 考えている方も …

no image

プチ断食とは?

プチ断食・・・完全な断食というわけではなく、 1日のうち1食もしくは2食を抜いたり、 ヨーグルトやジュース等で食事を代用するという ダイエットになります。 ダイエット方法は本当にいろいろな呼び方があり …

アーカイブ