ビジネス

“特保コーラ”が炭酸市場を牽引

投稿日:

news05
キリンビバレッジの「キリンメッツコーラ」やサントリー食品インターナショナルの
「ペプシスペシャル」など特定保健用食品の“特保コーラ”の大ヒットにより、
国内炭酸飲料市場が拡大しているという記事がありました。

キリンの”トクホメッツ”は2012年4月、サントリーの”トクホペプシ”は
2012年11月の発売ですが、2011年は低迷していた炭酸飲料市場が、
2012年にはこの2つの”トクホコーラ”に引っ張られて大きく増大しました。

トクホメッツ”は食物繊維「難消化性デキストリン」が食後の中性脂肪の
上昇を抑制するという効果があるらしく、中性脂肪が気になる中年男性だけで
なく女性の支持も集めているとのことです。

トクホペプシも同様の効果をもち好調な出足ですし、
アサヒ飲料も、整腸作用を売りとする特保の炭酸飲料
「アサヒファイバー7500」の販売が順調とのことです。

最近はアルコールゼロビールのように、どこかの会社が一つヒット出すと
すぐに他の会社が追随して同様の商品を出すという傾向があり、
これもまさにそれと同じ流れですが、競争しながらより安くて
よりいいものが手に入りやすくなるのは私はいいことだと思います。

”トクホコーラ”などの特徴は他の特保飲料と比べて値段が
手頃だということで、それが需要増加の要因の一つとも見られています。

2013年はこの競争が更に激化し値下げが進むのではと
記事では述べていました。

ただ言うまでもなくこれらの炭酸飲料には糖分が含まれているので、
取り過ぎれば”トクホ”どころか逆効果になるので、その点は注意が必要だと思います。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

三菱自動車からカルロスゴーン氏への報酬は何億?

三菱自動者が役員報酬の 上限を3倍の30億円に設定したと いうことで報道されていました。 今の業績で役員報酬が大幅に上がることは 常識的に考えられず、どう考えても これは日産から就任するカルロスゴーン …

no image

ソニー凋落とアマゾン、アップルの台頭 日本企業の「発想の限界」

英紙がソニーの凋落とアマゾン、アップル等の台頭について 述べています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 英紙フィナンシャルタイムズでジリアン・テット氏がソニーについて書いている。「Why …

no image

採用面接の簡単攻略法

テレビのニュースやワイドショー番組で報道されていましたが、 企業の採用試験を受ける際に筆記試験ではなく、面接の方が 苦手で面接試験突破のために塾やセミナーあるいは 個人コーチにまさしく手とり足とり指導 …

no image

飲食店を運営することのリスク

また新しく食中毒が発生したというニュースが 報道されています。 山梨県で仕出し業者の弁当を食べた240人が 食中毒症状を訴えたというものです。 営業停止処分が出されたということでこの 停止処分はもちろ …

no image

ヤフーオークション補償が未着の場合のみに変更されています

ヤフーオークションの補償制度が未着の場合のみに 変更されていることに気づきました。 今ヤフーオークションの福袋での詐欺で騒ぎが 起こっているので、現在の補償制度がどうなっているのかに ついて調べてみる …

アーカイブ