ビジネス

“特保コーラ”が炭酸市場を牽引

投稿日:

news05
キリンビバレッジの「キリンメッツコーラ」やサントリー食品インターナショナルの
「ペプシスペシャル」など特定保健用食品の“特保コーラ”の大ヒットにより、
国内炭酸飲料市場が拡大しているという記事がありました。

キリンの”トクホメッツ”は2012年4月、サントリーの”トクホペプシ”は
2012年11月の発売ですが、2011年は低迷していた炭酸飲料市場が、
2012年にはこの2つの”トクホコーラ”に引っ張られて大きく増大しました。

トクホメッツ”は食物繊維「難消化性デキストリン」が食後の中性脂肪の
上昇を抑制するという効果があるらしく、中性脂肪が気になる中年男性だけで
なく女性の支持も集めているとのことです。

トクホペプシも同様の効果をもち好調な出足ですし、
アサヒ飲料も、整腸作用を売りとする特保の炭酸飲料
「アサヒファイバー7500」の販売が順調とのことです。

最近はアルコールゼロビールのように、どこかの会社が一つヒット出すと
すぐに他の会社が追随して同様の商品を出すという傾向があり、
これもまさにそれと同じ流れですが、競争しながらより安くて
よりいいものが手に入りやすくなるのは私はいいことだと思います。

”トクホコーラ”などの特徴は他の特保飲料と比べて値段が
手頃だということで、それが需要増加の要因の一つとも見られています。

2013年はこの競争が更に激化し値下げが進むのではと
記事では述べていました。

ただ言うまでもなくこれらの炭酸飲料には糖分が含まれているので、
取り過ぎれば”トクホ”どころか逆効果になるので、その点は注意が必要だと思います。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

マクドナルドの不調の原因とは

不況の中、外食を控えるという人が増えてきている中、 一時期ファーストフードは脚光を浴びました。 結果、売上を順調に伸ばし続けてきたマクドナルドは、まさに、 不況に強い業界かと思われましたが、ここ最近に …

no image

スマホにして支払いが高額安定に

スマートホンにしてから支払い料金が 結果として高くなっている人って多くないでしょうか。 毎月何もしなくても、スマホであれば9000円程度の 支払いにはなるんじゃないかと思います。 少し別キャリアの端末 …

no image

コンニャクの一例から見る海外でも売れるようにする新規開拓

日本の農業は現在、TPPの行方に伴い、海外との競争に 対抗するため、新しい新規開拓への準備が必要とされています。 しかし、現在の日本の農作物においては、海外への輸出は 増加傾向にあり、海外でも高い評価 …

no image

残業代請求

本来もらえるはずの残業代がもらえていない人、 残業代に関して一方的に不利な状況にさせられて しまっている人。 このような人がとても多い状況になっていると 聞いています。 労働基準法なんて無意味じゃない …

no image

LCCの料金は公平性の上に成り立っています

日本でピーチというLCC(格安航空会社)が設立されて以来、 LCCを利用する旅行者が急激に増加しています。 日本の航空会社の系列のLCCも増え、海外からも次々と 参入していることから、顧客の争奪戦も始 …

アーカイブ