ビジネス

なぜ日本のアニメは深夜放送が多いのか

投稿日:

komatta_shainS
約10年前、日本のアニメというのは午後6時から8時までの間に
放送されるのが主流でした。

しかし、今は少子高齢化に伴い、アニメを見る子供の数が減り、
また多くの子供が夜の時間に塾に行かせる人が増え、更に
アニメを見る人が減り、視聴率が悪くなる形になっていったのです。

その為、平日の午後6時から8時のゴールデンタイムで放送するより、
深夜1時から3時までの間に放送したほうが視聴率が高くなると
いう形になり、深夜放送が増えていったのです。

ここでの問題は日本のアニメは視聴率を主な収入源とした
制作されていたという事です。

アニメの収入源と言えば他にビデオやDVDという方法がありますが、
現在のインターネット環境からするとお金を払うよりネットで
見たほうが安くなるため、期待されるほどの収益を出すのが困難となっています。

一つの解決策として参考となる一例はフィルムにあると思います。
あるフィルムの大手メーカーは現在のデジタルカメラの移行により、
アニメと同様十分な収益が上がらず経営難に陥りました。

しかし、彼らがうった方法はそのフィルムの技術をほかのビジネスへと
転換、この時は化粧品の素材、医薬品の結合などあげられ、
新しい収益をえる事で経営を維持したのです。

アニメビジネスも同じように、アニメを通じた新しいビジネスをする必要です。
代表的なものは聖地巡回という実在する場所をアニメの舞台にし、
アニメファンを現地に赴くかせる地域活性型のビジネスがあります。

実際に夕張など様々な特定名所を使用し、アニメファンの往来で
経済効果を上げている地域があります。

今後このようにアニメが別の形で活用されるようになることが、
深夜放送から脱却するうえでの重要な鍵になると考えられます。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

漫画喫茶の経営は良いビジネスなのか?

漫画喫茶が儲かってしかたがなくて 良いビジネスであるというような内容の 記事が出ています。船井総研が言った内容のようです。 漫画喫茶の月商600万円 うち原価は80万円の超おいしい商売 http:// …

no image

ビジネスにおけるブランド戦略の考え方

ブラント戦略は消費者が構築するものではなく、創造者が 中心となり実行すべきものと考えています。 真のブランドとは、ロゴとかマークではなく、創造者の理念と 行動が伴わなければ達成することはないと考えるか …

no image

増え続けるコンビニ

私は街の中心部に住んでいて、移動は徒歩が中心です。週に2-3回は歩いて30分 くらいにある公園まで散歩しています。その間街の様子を見ながら歩くのを楽しみ にしています。そしてここ数年コンビニエンススト …

かっぱ寿司が赤字へ そんなにおいしくないの?社長も交代

かっぽ寿司が3月決算で赤字に 転落する見通しということで 社長が交代するという ニュースで出ています。 ブランド転換を行うとしているのは 話題になっていましたが、 上手く機能していないのが 実態のよう …

自動車教習所が食べ放題付き。この方法で本当にいいの?

自動車教習所で食べ放題付きのものが あるということが話題になっているそうです。 大阪の箕面自動車教習所に なるそうですが、食べ放題、飲み放題が ついていて、自動車教習のときでなくても 食事だけでも良く …

アーカイブ