健康

家でもできる運動を

投稿日:

jogS
30代になって、太りやすくなったと実感しています。
同じように食べていても、以前よりお肉がついてしまいます。

スイーツやお菓子を、あまり食べないので、これはけっこう
ショックでした。でも、そこで何もしないと、ますます
太ってしまうので、何かしないといけない、と決心しました。

食事を変えようと思いましたが、家族と住んでいる場合、
自分ひとりだけの食事というのは作りにくく、
食べ過ぎないようにする、という程度にしています。

それよりも、もっと体に働きかける方法はないかと思って、
今までやらなかった運動を取り入れています。

ヨガや腰回し、それぞれ本格的にしっかりやってるわけではなく、
自分がやりやすい動きやポーズを、できるときにやる、という感じで、
ゆるく続けています。
やせたわけではないですが、気持ちいいので続けたいです。

私が選ぶ運動は、家の中で実行できるものというのが条件です。
家でもできるものでないと、続かないからです。

外での運動が好きな人だったら、ジョギングや自転車などのほうがいいと思います。

樫木先生のトレーニングにも興味があり、テレビで紹介された
トレーニングもやっています。普段動かさない関節を動かせるので、
これも気持ちいいです。運動は、気持ちがよくなることが大事です。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

現代人の死亡原因の多くは動脈硬化

少し前の日本人の食生活はお米が中心でした。 ご飯を多く食べる場合、どうしても漬物やみそ汁などの塩分の 多い食品を摂りすぎる傾向があり、結果として当時の日本には 高血圧症の人が多くみられました。 死因の …

no image

幼児の乾燥肌について

冬になると、乾燥肌に悩まされることが多くなります。 特に幼児は、肌の乾燥がそのままかゆみになり、 身体をかきこわして出血などを起こす事があるので、注意が必要です。 幼児の乾燥肌防止には、やはり全身用の …

no image

脂肪はなくてもいいのか?

脂肪は増えすぎると健康に確実に害を及ぼします。 そのため余計なものだと考えがちですが、からだにとって なくてはならない存在でもあります。 からだの脂肪組織は 1.寒さから身を守り、体温を一定に保つ役割 …

no image

「冬うつ」は症状が普通のうつと違う

日経新聞で特集されていた「冬うつ」。 うつ病のなかでも症状が違っていて、 「眠くてたまらない、甘いものを食べ過ぎる」と いう症状が出るようです。 通常のうつ病が ・やる気が出ない ・体が思い ・眠れな …

no image

冬の顔の乾燥

冬は手・足先だけでなく、ずっと露出している顔も乾燥の標的になります。 夏はそんなに乾燥で悩むことの無い人も、冬の風の冷たさや お湯にさらすことで、顔の表面が弱くなり乾燥しやすくなります。 私ももちろん …

アーカイブ