雑記

お家でアクアリウム

投稿日:

014802
ペットを飼いたいけれど、住んでいるマンションの事情や
一人暮らしで出張もある方、イヌやネコを飼いたいけれど
家族にアレルギーがいる・・・などの方にオススメのなのが、
お家でアクアリウムです。

水族館が好きな人は多いと思いますが、実際に魚を飼育したことが
ある人は少ないのではないでしょうか。

今はオシャレな水槽と濾過装置とライトが一体になったものや
LEDライトの色も調節できるもの、水槽の形もスリムタイプや
ボールのようにまん丸のタイプなど様々です。

中に敷く砂や土の色や、水草で水槽のイメージがガラリと変わります。
アマソンのような雰囲気や日本の庭園のような雰囲気など、
お好みや魚の雰囲気で組み合わせが楽しめます。

水の中に小物を入れてあげたり、魚の隠れ家を作ってあげると
その中で魚や休んだりしているのを見るのは癒されます。

初心者に育てやすいのは水道の水で生きていける淡水魚です。
淡水魚は川や河口に海と川の水が混ざっているような場所で
生活している魚です。

水道の水を水槽に入れて濾過装置を1週間くらい回していると
濾過装置のフィルターにバクテリアが発生して水質を安定させます。

すぐに水道の水から水槽を立ち上げて魚を入れたい人にはバクテリアの
入った薬品も入れてください。
しかしバクテリア不足の場合はすぐに魚が死ぬことがありますが、
落ち込まずにもう一度濾過装置をしばらく回しておいて再度魚を
入れてあげてください。

ペットショップで買ってきた魚は直接水槽に入れるのではなく、
ビニール袋のまま水槽に浮かべ温度を合わせ、少しずつ水槽の
水をビニール袋に入れて慣らしてあげましょう。

旅行などに行く場合、魚は3日くらいだったらエサなしでも生きていられます。
1週間ほど家を空ける場合は餌やりのタイマー付き装置もあります。
冬場だけはヒーターを入れて25度前後を保ってあげれば1年中元気にしています。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

雑貨を通して生活を楽しむ

雑貨ブームと言われて久しいですね。 ブームと言うより、定着している感じがあります。 かつて高度成長と呼ばれた昭和の時代、日本人は身の回りに様々な 便利な器具を揃えるのに精一杯で、そこに自分の趣味を 取 …

no image

心と物の整理、年賀状編

お年玉つき年賀はがき、今年も抽選日がきましたね。 今年末の作業を見据えて、このタイミングで今年の年賀状整理を おすすめします。気が早いでしょうか?いいえ、そんなことはありません。 今このタイミングでの …

no image

音痴はいない?必ず歌が上手になる方法

社会人になると人との付き合いも増え、どうしても誘いを断れないときもあります。 もしその行き先が自分の苦手なカラオケだったとしてもです。 そこで今回は歌が上手になる方法をご紹介したいと思います。 まず最 …

no image

孫正義がカッコイイ 禿げに悩む人たちへ

孫正義さんが名言を出したということで 話題になっているのを見つけました。 髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのである。 RT @kingfisher0423: 髪の毛の後退度がハゲしい。 …

no image

子規、漱石、百閒~小鳥好きな文豪たち

正岡子規と夏目漱石は学校の同窓で、同い年の親友。 内田百閒は漱石の弟子です。 ただし、子規は三十五歳で亡くなっており、漱石が「吾輩は猫である」で 作家デビューしたのはその三年後ですから、百閒と子規は一 …

アーカイブ