雑記

静かな真空管ブーム

投稿日:

011049
最近、オーディオに興味を持った若い人達の間で
真空管アンプが静かなブームだと言われています。

最近のブームの特徴は、パソコンなどに接続するUSBアンプに
真空管を使った製品などが出ていており、
新しい技術との融合が見られている点がポイントです。

なんと言っても真空管はその音質が魅力的なのですが、
確かに真空管というと、何か古めかしい感じがすると
いう人も多いでしょう。

しかしギターアンプを始め音楽の世界では
ずっと使われてきた実績がありますし
また真空管アンプを使った高級アンプには根強いファンがいたのも事実です。

以前は一時はテレビなどの真空管がトランジスタに置き換えられて
生産が少なくなり真空管そのものが中々手に入らない状態があり、
市場から真空管を使った製品があまり出で来なかったということが
真空管が古いモノというイメージを持つ原因になったのかも知れません。

ですが、近年、ロシアを始め東欧の国や中国などで
オーディオグレードの真空管の製造が始まり
世界的に真空管が流通するようになったことで、
結果的に手軽に真空管アンプを手にできるようになりました。

また中国では真空管の製造と呼応するかのように、
高度な工作機械を必要としない真空管アンプなどの製品が
数多く作られるようになり、トライアンドエラーで技術力を高めてきています。

中国では工業化が進むとともにオーディオに多少のお金をかけられる
中間層も増えてきており、市場のニーズに合わせて
中国製の真空管を使った製品は、音質の良いものから実験的なモノまで
実に色々なモノが出回っています。

こういった製品が比較的手が出しやすい価格帯であるというのも、
手軽に音質を追求できる真空管ブームの一因かもしれません。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

貧乏月間を生き抜く超手抜きランチのススメ

「給料日が終わったばかりなのに、次の給料日まで全然お金がない!」 いつの間にか娯楽に浪費し、 こうしたピンチに立たされた経験は無いでしょうか? 節約しやすい標的がランチ。 800円のレストランランチを …

no image

古代から使われている原理を現代に応用するアイディアと技術

2012年12月、中央高速道路のトンネルの天井板が落下して死傷者が出るという 事故が起きました。 定期的に行われていた点検で打音検査の「対象外」と なっていたようですが、このような大事故が起きるまで何 …

no image

雪国での車との付き合い方

先日関東地方で大雪があって交通が麻痺してしまったのは 記憶に新しいと思います。 電車も結構止まってしまいましたが、それよりも目立ったのが 道路交通での麻痺だったと思います。 なかなか車庫からは出られな …

no image

芥川賞直木賞と本屋大賞

出版関係の賞というのはいろんなものがあります。 特に有名なのは芥川賞と直木賞だと思います。 芥川賞は、「蜘蛛の糸」「藪の中」などで有名な芥川龍之介の 名前を冠して菊池寛が創設した文学賞で、純文学作品を …

no image

車のタイヤのサイズ

トラックから軽自動車まで、自動車の大きさが色々あるように タイヤのサイズにも色々あります。ただ、自分の乗っている車の タイヤのサイズの見方を知らない人がかなり多くいます。 タイヤのサイズはタイヤの表面 …

アーカイブ