社会

裁判員裁判制度の検証はどうなっているのか

投稿日:

news05
時折、ふと思うこと、裁判員裁判制度に関する事件の行方は、
たまに報道されるのですが、裁判員制度自体に対する検証は、
どこへ行っているのでしょう。

かなり昔、メンタルケアは、やはり欠かせない、というような
雑感レベルで終わっている風なコラムを、新聞かどこかで、
読んだような気はするのですが。

あるいは、多少裁判がスピードアップされたなど、
個別の事件に関して、コメント程度のものは存在しているようですが。

そもそも、裁判の結果が、良かったのか、という根本的な問題もありますし、
それ以前に、この制度が発足して以来の、個人的な疑問、
何故重大裁判に、素人が参加しなくてはいけないのか、という疑問は、
ほぼ解消されていない気がします。

重大な裁判は、素人が裁けるようなものではないからこそ、
裁判官がいるのではないだろうか、という制度の根幹にまつわる疑問は、
そのままに、現実だけが進んで行きます。

そもそも、この制度の趣旨は、一般人にも、司法制度に馴染んでもらうと
いうことのはず、であれば、民事裁判、つまり、近所の騒音問題が
裁判所に送られると、どういうことになるのか、に、参加した方が、
より身近に司法を感じますし、安直に司法に持ち込んで解決という
事案は減るのではないでしょうか。

刑事事件でなくてはいけない理由が、よく解りませんが、
そこを譲歩したとして、何故ジャッジに関わるのか、本日付新聞に、
「保護司の少人数化」が出ていましたが、そちらへ人を回す方がよほど、
物理的にも、啓蒙という意味でも、現実的ではないのか、
今、一つ釈然としない制度の1つが、裁判員制度です。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

子供が生まれた後のそれぞれのストレス発散

子供が生まれると途端に生活が一変します。 今まで自分ペースもしくはご主人と二人のペースであったものが、 すべて生まれたばかりの子供のペースになります。 赤ちゃんは言葉を話すことができないから仕方のない …

no image

子育ては独りでするものではなく地域ぐるみで

最近ニュースで頻繁に取り上げられている「乳幼児の虐待」。 取り上げられる度に一時的に話題にはなりますが、どの時世でも 子供への虐待は存在し、静かな子供の叫びは消えることがなさそうです。 しかし、限りな …

no image

親がつけるキラキラネーム

最近では子供に珍しい個性的な名前が流行っています。 これをキラキラネームと言います。 キラキラネームの例はさまざまありますが、光に宇宙の宙の字を 入れてぴかちゅうと読んだり、姫に凜と書いてぷりんと読ん …

残業上限が月100時間って今までと何が違うの?

残業の上限が月100時間で罰則付きに なるということで合意ができそうな流れに なっているようですね。 この残業上限100時間ってどうなのでしょうか? 今までと一体何が変わるのでしょうか? そもそも過労 …

クリぼっちでもいい?でも誰かといた方がいいですよね。

若い男性のうち3割がクリぼっちだと いうこと。 仕事やバイトもいつも通りに 行っているそうです。 別に絶対に誰かと一緒にいなければ いけないなんてルールは 全くありませんけど、これはこれで なんだか寂 …

アーカイブ