社会

裁判員裁判制度の検証はどうなっているのか

投稿日:

news05
時折、ふと思うこと、裁判員裁判制度に関する事件の行方は、
たまに報道されるのですが、裁判員制度自体に対する検証は、
どこへ行っているのでしょう。

かなり昔、メンタルケアは、やはり欠かせない、というような
雑感レベルで終わっている風なコラムを、新聞かどこかで、
読んだような気はするのですが。

あるいは、多少裁判がスピードアップされたなど、
個別の事件に関して、コメント程度のものは存在しているようですが。

そもそも、裁判の結果が、良かったのか、という根本的な問題もありますし、
それ以前に、この制度が発足して以来の、個人的な疑問、
何故重大裁判に、素人が参加しなくてはいけないのか、という疑問は、
ほぼ解消されていない気がします。

重大な裁判は、素人が裁けるようなものではないからこそ、
裁判官がいるのではないだろうか、という制度の根幹にまつわる疑問は、
そのままに、現実だけが進んで行きます。

そもそも、この制度の趣旨は、一般人にも、司法制度に馴染んでもらうと
いうことのはず、であれば、民事裁判、つまり、近所の騒音問題が
裁判所に送られると、どういうことになるのか、に、参加した方が、
より身近に司法を感じますし、安直に司法に持ち込んで解決という
事案は減るのではないでしょうか。

刑事事件でなくてはいけない理由が、よく解りませんが、
そこを譲歩したとして、何故ジャッジに関わるのか、本日付新聞に、
「保護司の少人数化」が出ていましたが、そちらへ人を回す方がよほど、
物理的にも、啓蒙という意味でも、現実的ではないのか、
今、一つ釈然としない制度の1つが、裁判員制度です。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

ヨルダン難民キャンプにおける経済状況

パレスチナでの紛争が激化したことに伴い、 現在多くの人がイラク国境にある難民キャンプに 避難する形になっています。 難民キャンプでは現在、多くの避難者に対応することが出来ず、 連日キャンプに入る許可書 …

no image

イマドキの子育て

一昔前までは、子育て中のママはいろいろな楽しみを 我慢する時期のような風潮がありました。 しかし最近は芸能人にも「ママタレ」と言われる、 母親であることを売りにした芸能人が多く見られます。 彼女らは我 …

no image

100円ショップで買って失敗したもの

100円ショップは今や流行っているという時期を 通り越して完全普及、成熟期に入ったといえると 思います。 消費者も最初は100円で買うことができるという 新鮮さでなんでも飛びついていましたが、最近は …

no image

薬のネット販売を認める判決

先ごろ、薬がインターネットで買えるようになる最高裁の判決がでました。 以前はインターネットの通信販売で買うことが可能でしたが、 2009年薬事法改正により販売を禁止に。 これを受けて多くの人が不便を強 …

no image

山間部での除雪方法

私は豪雪地帯である新潟県の山間部に住んでいます。 県外の方と話す機会によく話題に登るのが、豪雪地帯の 雪の話ですが、よく相手からこう言われることがあります。 「雪のあまり降らない地域に住んでいると、雪 …

アーカイブ