社会

裁判員裁判制度の検証はどうなっているのか

投稿日:

news05
時折、ふと思うこと、裁判員裁判制度に関する事件の行方は、
たまに報道されるのですが、裁判員制度自体に対する検証は、
どこへ行っているのでしょう。

かなり昔、メンタルケアは、やはり欠かせない、というような
雑感レベルで終わっている風なコラムを、新聞かどこかで、
読んだような気はするのですが。

あるいは、多少裁判がスピードアップされたなど、
個別の事件に関して、コメント程度のものは存在しているようですが。

そもそも、裁判の結果が、良かったのか、という根本的な問題もありますし、
それ以前に、この制度が発足して以来の、個人的な疑問、
何故重大裁判に、素人が参加しなくてはいけないのか、という疑問は、
ほぼ解消されていない気がします。

重大な裁判は、素人が裁けるようなものではないからこそ、
裁判官がいるのではないだろうか、という制度の根幹にまつわる疑問は、
そのままに、現実だけが進んで行きます。

そもそも、この制度の趣旨は、一般人にも、司法制度に馴染んでもらうと
いうことのはず、であれば、民事裁判、つまり、近所の騒音問題が
裁判所に送られると、どういうことになるのか、に、参加した方が、
より身近に司法を感じますし、安直に司法に持ち込んで解決という
事案は減るのではないでしょうか。

刑事事件でなくてはいけない理由が、よく解りませんが、
そこを譲歩したとして、何故ジャッジに関わるのか、本日付新聞に、
「保護司の少人数化」が出ていましたが、そちらへ人を回す方がよほど、
物理的にも、啓蒙という意味でも、現実的ではないのか、
今、一つ釈然としない制度の1つが、裁判員制度です。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

無料保険相談とFP

最近よく総合保険代理店の『ファイナンシャルプランナーが無料で 保険の相談を受けます』というWEB広告を見かけます。 ファイナンシャルプランナー(FP)とは「ファイナンシャル(会計上、金銭上)」の 「プ …

no image

藻における日本の可能性

2010年、日本の大学教授が従来の植物より20倍以上の石油生産力をもつ藻がある事を発表しました。 これにより日本は将来石油産油国として生まれ変わる可能性が出たのです。 この藻は、深さ1メートル、広さ1 …

no image

家電リサイクル法の成り立ちとシステム

家電リサイクル法は市民に定着しましたが、 いまだに家電製品の不法投棄が行われています。 過去、家庭から廃棄された家電製品は破砕処理後、鉄などの 一部の金属は回収しますが、残骸のほとんどはそのまま埋め立 …

no image

社会人になると勉強がしたくなるということ

10代は勉強したくないのが普通なのに30代に なると勉強したいとなるのは何故かという内容が まとめブログで語られているのを見ました。 10代は嫌いな教科も含めやらされている勉強をしていると いうのと、 …

仕事に学歴は関係ないという林修氏の発言は本当?

林修の仕事原論 [ 林修 ] 人気講師、タレントの林修氏が 仕事に学歴は関係ないと発言したことが 話題となっていますね。 学歴の高い低いに関係なく仕事が 出来る人はいますし、できない人はできないと い …

アーカイブ