社会

裁判員裁判制度の検証はどうなっているのか

投稿日:

news05
時折、ふと思うこと、裁判員裁判制度に関する事件の行方は、
たまに報道されるのですが、裁判員制度自体に対する検証は、
どこへ行っているのでしょう。

かなり昔、メンタルケアは、やはり欠かせない、というような
雑感レベルで終わっている風なコラムを、新聞かどこかで、
読んだような気はするのですが。

あるいは、多少裁判がスピードアップされたなど、
個別の事件に関して、コメント程度のものは存在しているようですが。

そもそも、裁判の結果が、良かったのか、という根本的な問題もありますし、
それ以前に、この制度が発足して以来の、個人的な疑問、
何故重大裁判に、素人が参加しなくてはいけないのか、という疑問は、
ほぼ解消されていない気がします。

重大な裁判は、素人が裁けるようなものではないからこそ、
裁判官がいるのではないだろうか、という制度の根幹にまつわる疑問は、
そのままに、現実だけが進んで行きます。

そもそも、この制度の趣旨は、一般人にも、司法制度に馴染んでもらうと
いうことのはず、であれば、民事裁判、つまり、近所の騒音問題が
裁判所に送られると、どういうことになるのか、に、参加した方が、
より身近に司法を感じますし、安直に司法に持ち込んで解決という
事案は減るのではないでしょうか。

刑事事件でなくてはいけない理由が、よく解りませんが、
そこを譲歩したとして、何故ジャッジに関わるのか、本日付新聞に、
「保護司の少人数化」が出ていましたが、そちらへ人を回す方がよほど、
物理的にも、啓蒙という意味でも、現実的ではないのか、
今、一つ釈然としない制度の1つが、裁判員制度です。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

株価は突発的に上下動をするのでまず予想は当たらない

数年前からネット証券を利用して日本株の売買をしています。 東北大震災で株価が大暴落し成績はよくありません。 運用のためいろいろな経済情報を日経新聞・テレビ・ネットなど から入手します。ネット上にはプロ …

no image

日銀の独立性

最近、自民党政権になってから、「日本銀行の独立性」が よくニュースの話題にのぼるようになりました。 日本銀行は「日銀」と略されていますが、1882年に設立された 日本で唯一の中央銀行であり、銀行券を発 …

no image

定年の年齢を65歳まで引き上げる取り組みについて

現在の定年制限は60歳と法律で決められています。 しかし政府は今後の五年間、段階的に定年制限を上げていき、 65歳まで引き上げていくよう法律を改正しています。 医療技術の進歩により平均寿命があがり、6 …

no image

ネット使用が2時間以内になれば正常

プライベートのインターネット使用が2時間以内であれば 正常で、そうでない場合はインターネット依存症の 可能性があるようです。 参考) 「ネット依存症」深刻化 スマホなど携帯型端末も要因 http:// …

no image

超小型車の普及

本日のワールドビジネスサテライトで 小型車の特集をやっていました。 まず横浜で実験を行うらしいですが、 1人乗りの本当に小さい車でした。 他にも超小型車のコムスも既に普及が 始まっているみたいですね。 …

アーカイブ