社会

雷における新製品と今後の対策

投稿日:

memoS1
雷は通常寒い冬の時期に多発する気象です。

その為、12月から2月にかけては雷の発生率は夏と比べ倍以上となり、
停電や並びに飛行機の運航に影響を及ぼしていることから、
年間における被害総額は推定2000億円と言われています。

元来、雷の被害とは落雷による電化製品のショートが
主な被害であるが、多くの人が避雷針があれば問題ないと
考えています。
これには一つだけこの抜け穴があり、雷の被害には
直撃型と誘導型の種類があります。

直撃型とは実際に住んでいる家に雷が落ち、それに伴う
被害をさしますが、誘導型とは電柱に雷が落ち、それを
通して高圧電流が家庭に入り、電化製品を壊す被害をさします。

避雷針は直撃型には対応していますが、誘導型には対応してなく、
それにより被害を出しているのです。

ある日本企業はこの問題を解決するため、10年前から雷に対する
開発センターを設立。そして特殊なフィルターを用いて、
この誘導型に対応する雷対策の製品を完成しました。

具体的にはある一定の電圧以上でなければ電気を通すことが
出来ないフィルターを使用し、もし雷が電柱を通して家に入ってくれば、
その高圧電流によって自ら外に出すシステムを作りだしたのです。

この製品の完成に伴い、今では郊外の雷が落ちそうな場所、
山岳地帯の電子工場、都市の電柱、基地局などに設置し、
対雷対策におおいに貢献している形になっています。

現在、この企業は近年、群衆の中に雷が落ちたという被害があったことから、
事前に雷が落ちるのを察知する装置を製作し、現在実験段階に入っています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

65歳の定年制と40歳の定年制はどちらが良いのか?

先ほどワールドビジネスサテライトで 65歳の定年制と40歳の定年制は どちらが良いのか?なんて質問が出ていました。 実に良い質問だと思います。 65歳定年制、もっと働ける世の中を、という動きに 疑問を …

成人式で未だに暴れる茨城県

茨城県つくば市で開かれた成人式に ついてニュース記事として出てきていますね。 式典が一時中断するような状態の 暴れた状態になったということ。 成人式では毎年こういった 若者の非常識な行動が出てきますが …

no image

何事にも囚われずに常に成長し続ける方法

何事にも囚われずに日々成長し続けられたら、 どんなにすばらしいでしょう。 日本のような先進国で生活していたら、そんなにお金をかけなくても 何かしらの方法で、日々様々な事を学びながら、100歳まで ノン …

no image

敦賀原発をはじめとする活断層調査に対する考え方の根本的な間違い

先日、原子力規制委員会は、活断層調査を行った敦賀原発2号機について、 下層部を走っている破砕帯は、活断層と考えられるとの見解を示し、 その発表を受けた野田総理大臣は、廃炉を念頭において対応を進める旨の …

自動ブレーキ義務化を検討。決定が遅すぎです。一刻も早く。

高齢者運転の事故対策、 アクセルとブレーキを踏み間違えるような 事故が多発していますが、その対策として 自動ブレーキを義務化するということを 検討しているそうです。 本当にこれは遅すぎるくらいの話です …

アーカイブ