健康

冬の暖房による乾燥

投稿日:

014480
冬の乾燥と言うと、肌の渇きなど、美容系、皮膚系に
特化しがちですが、外側が乾くということは、当然、
体の中も乾燥状態になるのです。

そういう理由により、実は高齢者の水分補給は、
夏より冬を、より気を付けた方が良いとも言われます。

冬は、部屋の中にこもりがち、そして、暖房を付けがち、
寒い部屋に暖房を入れると、当然暖かくなります、
ひいては、湿度が下がります。

これが就寝時であるなら、温かくて気持ちがいいと
思ってしまう分、夏より脱水注意です。

冬に脱水症状というと、ピンと来ない感じもしますが、
密閉率の高い、現代型住宅で暖房を入れると、想像以上に、湿度は落ちます。

よく、洗濯物を室内に干す、という話を聞きますね。
もちろんそれも大切なのですが、夏と同様に、水分補給を心がけましょう。

脱水症状とまではいかなくても、体内が乾燥すると、
ウイルスなど風邪の類に感染しやすくなります。

高齢者は、寒がりの人が多い、夏の暑さと同様、乾燥状態に
気づきにくい、そして、ウイルス感染した場合、重症化する確率が高い、
という理由で、より水分補給を意図的にしておくことが大事なのです。

また、高齢者の場合、生活習慣の感覚が固定化している、
つまり昔ながらの隙間風が入る家であるならば、多少乾燥の
程度はマシになりますが、現代の住宅は作りも、
暖房も全く若い時と事情が異なります。

高齢の方は元より、若い人でも部屋の湿度はマメにチェックして、
水分をしっかり取るようにしましょう。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

高血圧治療とその薬

昨今の日本では、塩分の摂り過ぎなどが続き、高血圧の高齢者人口が 劇的に増えています。 病院の循環器科にかかる患者の多くは高血圧を治療中と いっても間違いではないくらいです。 高血圧の原因としては、まず …

no image

小太りの方が健康的?長生きするのは小太りの方

普通、太っている人は、普通の体系の人よりも 病気にかかりやすい、不健康だといわれるのが 定番だと重い間数が、小太りの方が長生きするという ような説が発表されています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・ …

no image

乾燥肌を防ぐL_アスコルビン酸リン酸マグネシウム

乾燥肌、敏感肌を防ぐ第一歩は、保湿を中心とした スキンケアです。 そこで、L_アスコルビン酸リン酸マグネシウム塩という 持続活性型ビタミンCを使用した美容クリームがオススメです。 このビタミンCの最大 …

no image

ゼリー状の青汁

ゼリー青汁とは何か知っていますか? 「美感青汁」という商品なのですが、粉末等で用意されているというのが 定番だったあの青汁がゼリー状になっているというものです。 なかなか通常の飲む青汁というのは続かな …

no image

椅子を買うべきか、クッションを買うべきか

今、椅子を買うべきか、クッションを買うべきか 迷っています。 家のデスク用の椅子の話です。 今もともと座っている椅子は座る部分は クッション仕様になっているものの若干で あとは木の折りたたみ椅子のよう …

カテゴリ

アーカイブ