観光

小平市「平櫛田中彫刻美術館」は観光スポットとしてもおすすめ

投稿日:

memoS1
東京の小平に「平櫛田中(ひらくしでんちゅう)彫刻美術館」があります。
木彫彫刻の巨人、故田中の作品を中心に、氏の収集した陶器やゆかりの
人の作品、書などが展示されています。

ここはもともと、田中が晩年を過ごし、終焉の地となった自宅で、
没後「記念館」として一般に公開、さらに5年前に美術館を敷地内に新設しました。

絵画と比べると、彫刻はあまり愛好者が多いとは言えず、彫刻展は
敬遠されがちです。しかし、ここは別です。そもそも自宅を公開すると
いうことからできた記念館ですから、その見学だけでも一見の価値が十分あるのです。

純日本家屋で、平屋の広やかで贅沢で、しかし質素なつくり。
また、庭園も細やかな感性で作り上げられたことが一目でわかる、
見事なものです。四季折々、花や樹木の魅力が味わえます。

見落としがちですが、家屋の前にある大きな原木もぜひチャックしたいもの。
これは田中が100歳の時に「20年後の制作のために」と取り寄せたものです。

彫刻用の原木は数十年風にさらして、乾燥させる必要があるのです。
ちなみに、田中は昭和54年没、なんと107歳という長寿でした。
100歳になってなお「将来の制作」を考えて、実際にその準備を
したという、その創作意欲は脅威というほかありません。

江戸の浮世絵師、「画狂老人」と自称して、卒寿に近い年になっても
なお筆を持ち続けた葛飾北斎と双璧ですが、田中はその北斎よりさらに
20年近くも長く、現役を続けたのです。

生年は明治5年といいますから、樋口一葉や島崎藤村と同い年です。

さて、この美術館の観光スポットとしての魅力は、家屋のほかに
もう一つあります。それはロケーション。

すぐ前を玉川上水が流れていますが、その川沿いが遊歩道として
整備されており、武蔵野の面影がしのばれる雑木が季節ごとの姿で、
散策者を包んでくれます。

時間が許せば、川をさかのぼって西武拝島線「東大和」駅まで、
1時間ぐらいの散策がおすすめです。

なお、最寄駅は西武多摩湖線「一橋学園駅」。徒歩10分くらいです。
市立なので美術館の入館料も大人300円と格安。

彫刻に興味がない人も、家屋と庭の見学だけでも、十分満足できるはずです。

adsense

adsense

-観光

執筆者:

関連記事

no image

黒川温泉の広告方法

黒川温泉がどうやってその存在をPRしていったのか、 そんな記事がありましたので紹介します。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 黒川温泉は、自然の雰囲気を温泉街すべてに出すために、雑木林をイメージし …

no image

愛知県知多半島をめぐる旅

愛知県知多半島について紹介いたします。 知多半島は、空の玄関セントレア中部国際空港を有する、 幅広い世代におもしろいと思ってもらえるスポットが満載です。 まずは、招き猫の生産日本一の常滑市に行きましょ …

no image

ポルトガルのファティマ

カトリックで言うところの奇跡の地、ボルトガルのファティマに行くには、 10月13日を狙って行くといいです。 なぜなら、その日が奇跡の日の最終日で、盛大なミサが行われて、 世界中から巡礼者がやってきて、 …

no image

島根の隠れた名湯・秘湯

島根県と聞くと、多くの方は、何となく聞いた県名だなと 言う位のイメージしか持っておられないと思います。 実際、島根県よりも出雲大社や玉造温泉の方が有名だと思います。 そこで、皆さんに島根県の事をもっと …

no image

韓国・釜山に旅行に行くなら高速船がおすすめ

今まで何度か韓国のソウルには行ったことがありましたが、 昨年初めて家族で釜山に旅行に行きました。 しかも飛行機ではなく、博多港から利用できる「JR九州高速船BEETLE」という フェリーを使用すること …

カテゴリ

アーカイブ