雑記

江戸川乱歩の長編小説の価値と魅力

投稿日:

memo1228
江戸川乱歩は「探偵小説の祖」と呼ばれ、今もなお多くのファンを
持っている稀有な作家です。

ちなみに「探偵小説」というのは今は死語に近く、「推理小説」と
呼ぶのが一般的です。これは戦後、当用漢字、常用漢字の規定ができて
「偵」の字が使えなくなり、やむなく「推理」と言い換えたのが始まりです。

乱歩の作家デビューは大正12年の「二銭銅貨」。これは暗号小説で、
エドガー・アラン・ポーの「黄金虫」に影響を受けながら、
「南無阿弥陀仏」の六字をカギに使うという、日本オリジナルの傑作となりました。

以後、つぎつぎと意欲的な短編を発表、一躍人気作家となりました。
その後、主に新聞連載の長編大衆小説、さらに昭和10年代から始めた
「少年探偵団シリーズ」と、新境地を開いていきます。

しかし、専門家の評価はその多くが、初期の短編に向けられており、
少年物はともかく、長編大衆小説の作品は、まともに評論評価されることが
極端に少なくなっています。

中には「チャンバラもの」と称する人もいます。
明智小五郎と犯人の戦いをチャンバラのような活劇として
描いただけの小説、の意です。

つまり、デビュー作から昭和初期の「押絵と旅する男」あたりまでの短編群、
そしてその集大成ともいえる中編の傑作「陰獣」と「パノラマ島奇談」こそが、
乱歩の作家としての価値だというわけです。

しかし、乱歩の値打ちは「チャンバラ小説」にもあります。
「一寸法師」から始まるこの長編群には短編とはまた別の乱歩ワールドが
ぎっしり詰まっています。

彼の独特の語り口調、わざと長文でくどくどしく書くことで、得も
言われぬ怪奇味、サスペンス感を表現するというテクニックは、
長編でこそ楽しめるものです。

「文芸」といいますが、乱歩の長編のように「芸」を強くじさせる小説は、ほ
かにそう多くありません。

「蜘蛛男」「魔術師」「黄金仮面」「地獄の道化師」「緑衣の鬼」「大暗室」「白髪鬼」などなど。
翻案ものも含めて余人には描きえない万華鏡世界が展開されています。

近年、乱歩ファンの一人である歌舞伎役者、市川染五郎が企画し、
乱歩作品を歌舞伎劇化、上演しました。

長編の「人間豹」です。染五郎の犯人役で、明智小五郎は父、
松本幸四郎が演じました。この作品こそ究極の「チャンバラ小説」とも言え、
だからこそ、乱歩の「体臭」が最も濃い傑作であると断言します。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

貧乏月間を生き抜く超手抜きランチのススメ

「給料日が終わったばかりなのに、次の給料日まで全然お金がない!」 いつの間にか娯楽に浪費し、 こうしたピンチに立たされた経験は無いでしょうか? 節約しやすい標的がランチ。 800円のレストランランチを …

no image

モザイクの文字も読める?モザイクは安心ではない?

モザイクのついての記事で隠されたものでも 復元・解読する方法があるという記事がありました。 「モザイクで隠された読めない文字」を復元・解読する方法!? http://hirabayashi.wonde …

no image

新しい歌舞伎座の、襲名披露を予想します

歌舞伎の実質的な独占興行会社は、松竹株式会社です。 白井松次郎、大谷竹次郎という兄弟が、関西で会社を立ち上げ成功して、 その後東京へ出て、演芸と演劇の興行権を次々に手中にしていった。 そして、時代の趨 …

no image

一週間の料理献立を楽しく正しくたてよう

主婦が一週間の献立を考えるのは、案外難しいものです。 家族の好きなものを取り入れながらも、栄養には 配慮しなくてはなりません。 好き嫌いのない夫婦二人分ならそう苦労もないですが、 三世帯同居ともなると …

no image

いつの間にかMARCHではなくMARCHINGが使われている!?実態は変わらず

大学受験の難易度グループの定番といえば MARCHという言い方がありましたが、 今MARCHINGという使われ方もされているようです。 駿台がその言い方をしているのでちょっと驚きです。 では、これらの …

アーカイブ