社会

将来の介護はロボットにお任せ

投稿日:

shiryouS
有料老人ホームを運営する会社の調査で、40代以上の男女に
調査したところ8割の人が自分の介護をロボットにやってもらうことに
抵抗がないという回答をしたそうです。

調査結果の中にはロボットによる介護を肯定する理由もあり、
その中には「ロボットは人と違って気を使わなくていい」と
いうものがあり、本当は人の手の方がいいんだけども、
介護の現場では慢性的な人手不足というし、いっそロボットの
方が気兼ねしなくて済むし、といった考えがあるようです。

介護ロボットは国が中心となって普及を考えているようですが、
現在の高齢者には人の手が一番という考えの人が多いからか、
また介護ロボットは介護保険の適用外になるため費用が
高額なことも利用が進まない一因のようです。

ただ現実問題として介護の現場における職員の腰痛の問題などは
かなり深刻だということです。

これが自宅で介護している人、高齢者が高齢者を介護している
ケースなどはさらに深刻なものがあるのでしょう。
国は介護ロボットの保険適用も検討したいと
いっているようですが、ぜひ考えて実現してほしいと思います。

介護を受ける側のロボットや機械への不安というのも当然あるでしょうが、
最初に述べたように若い世代ほどロボットによる介護への抵抗感は
薄いですし、費用の問題が緩和されればそれほど毛嫌いする人も
いなくなるのではと思います。

私自身腰痛もちで、とてもじゃないですが介護の仕事などできないと思い、
職員の方々や自宅で介護されている方々の苦労を思うと
本当に頭が下がる思いです。

一日も早くロボットによる介護の費用負担が軽減されて、
人々のロボット介護への理解が深まり、介護する側そして
介護される側の双方が苦しみから解放されることを願いたいです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

通信販売はクーリングオフができません

クーリングオフ制度があることは周知されていますが、その内容を 熟知している人はそれほど多くはありません。 クーリングオフというのは、いったん購入や契約をした後でも、 一定の条件を満たせば、消費者から一 …

寝不足で生産性が低下するということ

寝不足によって生産性が低下し、 経済損失が起こる。 こんな今更当たり前の内容が 記事として出ていました。 1日の平均睡眠時間が6時間未満の 人の割合が20歳以上で39.5%もいるという ことです。 夜 …

no image

結婚式で友人代表の挨拶を頼まれたとき

結婚式が二十代の後半くらいから、社会人ならば出席する機会が ぐんと増えてくると思います。 昔から知っている友人やともに会社で働く同僚が普段のちゃらけた様子と 違うきりっとした姿で式に臨んでいる様子を見 …

no image

改正高年齢者雇用安定法はワークシェアリング?

改正高年齢者雇用安定法が施行されるということで NTTグループで、65歳までの雇用継続のため、40~50代の 人件費上昇を抑え、60~65歳の再雇用者の年収を 現行の200万円台から300万~400万 …

no image

高学歴ワーキングプア問題 もっと就職を考慮するべきでは?

高学歴ワーキングプア問題は昔からありましたが 最近その状況がさらに加速しているようです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 高学歴プア 東大院卒就職率56%、京大院卒はゴミ収集バイト …

アーカイブ