雑記

蜂蜜はなぜ甘いのか

投稿日:


蜂蜜が甘いことは誰でも知っています。
しかし、なぜ蜂蜜が甘いのかを知っている人はそれほどいません。

蜂蜜は御存じの通り、ミツバチが集めた花の蜜で出来ています。
そのため、多くの人が花の蜜が甘いと勘違いしますが、
花の蜜というのはそんなに甘くはありません。
実際、花の蜜には糖分は1割ほどしか含まれておらず、
ほとんどは水分です。

では、なぜ蜂蜜が甘いのかというと、それはミツバチが
花の蜜を集める工程の中にあります。

ミツバチは花の蜜を吸った後、体の中にある蜜袋と
いわれる袋の中に溜めます。
蜜袋に入った花の蜜は、ミツバチの消化液の成分である
インベルターゼという酵素によって、ブドウ糖や果糖に
分解されることで、糖度が増していきます。

ただ、これだけではまだ、蜂蜜の甘さは完成していません。
蜜袋に溜められた花の蜜はミツバチの巣に運ばれて、
部屋の中へと保存されます。

巣の中はミツバチで溢れているため、巣の中の温度は高く
なっています。すると、部屋の中に入れられた花の蜜から水分が
少しずつ蒸発し、時間とともに凝縮されて、糖度の高い蜂蜜が出来上がります。

ところで、蜂蜜には天然のものと、加工されたものの2つがあります。
天然蜂蜜は、蜂の巣から取った蜂蜜をろ過しただけのものです。

一方、加工蜂蜜は、天然蜂蜜に加熱処理などを施したもので、
においや色が消えるだけではなく、ビタミンやミネラルなどの
栄養素まで消えてしまっています。

健康と美容のために摂るなら、天然の蜂蜜でなければ意味がありません。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

エレクトーンの移り変わり

世の中にはさまざまな楽器が存在します。 幼稚園の頃、誰もが一度は鳴らした事のある「カスタネット」や 「トライアングル」、そして「タンバリン」というのもありましたね。 先生が弾く「オルガン」もあり、最初 …

no image

シンメトリーを嫌う日本人

昨年末歌舞伎役者中村勘三郎が57歳の若さで亡くなりました。 ちょうど京都の南座では息子の中村勘九郎の襲名公演が開かれており、 あわせて話題にのぼりました。次男の七之助も襲名公演に出演していました。 こ …

九十八で「にたらず」さんと読むか?

今週号の少年マガジン新連載の CHARON(カロン)では主人公の苗字が 九十八で「にたらず」と読ませるというものでした。 そんな苗字があるんだ! 九十九でつくもであればよくありますが にたらずさんとい …

no image

絵画にツッコミしてみませんか

絵画というものにどんな印象があるでしょうか。 美術館に収蔵される高級品、家に飾るインテリアと いったようなものだと考える方が多いでしょう。 美術館も日常的に行く場所ではありませんし、 家にある絵画とい …

no image

facebookと企業の運用

今の時代、企業がFacebookのページを作成するということも 多いでしょう。 一時ほどのブームは終わりましたが、facebookだからとりあえず やってみようという成り行きで作っていては 十分な効果 …

アーカイブ