ビジネス

デキるビジネスマンは〝名刺〟が違う! 小さな工夫で名刺の効果を100倍にする方法

投稿日:

akushuS
社会に出れば誰でも最初に作るのが〝名刺〟です。
いまの時代は便利なもので、名刺のテンプレート素材を使えば
自宅のプリンターで必要分が印刷できてしまいます。

そうなってくると名刺に工夫を凝らそうと派手なことを
やりがちですが、意外や意外、それだけでは大した効果は産まれません。

大きな効果を得たければ、他のビジネスマンとは名刺の中身を
差別化をする必用があります。

例えば「名刺に顔写真を印刷する」という方法。
そんなことなら誰でもやっていそうですが、案外、写真入り
名刺を持ち歩いているビジネスマンは少数なのです。

写真を入れるとなれば当然カラーじゃないと印象に残りませんし、
多少なりとも印刷コストがかかってしまう。

しかし名刺を見る度に顔が目に入る効果はかなりのものです。
社会人なら誰もが顧客の顔と名前を一致させるのに苦労した
経験があるはず。

名刺に顔写真をいれれば、早い段階で先方に顔を印象づけることが
できます。

その効果は印刷コストを高めてもおつりがくるくらいの
利益をもたらしてくれることでしょう。

他にデキるビジネスマンは名刺の裏などにメッセ―ジ(後日伺います等)を
書き入れ、手間をかけていること、特別扱いしていることを
印象づけたりもしています。

しかしこの程度ならある程度の人たちであればやっていても
不思議ではありません。そこでもう一つの差別化。

『自分のプロフィール入りチラシを添える』という方法があります。
特にこれは金融業界などで行われていることですが、内容は
質実剛健の堅さを意識したモノで、自分の出身地、学歴、
職歴はもちろんのこと、血液型や趣味や更には自分の似顔絵まで
書き入れてあったりします。

ここまで手の込んだチラシが添えてあれば、名刺本来の役割、
「自分という個人を売り込む」という目的は何倍もの効力を
発揮することでしょう。

加えてダメ押しに「訪問するたびに名刺を渡す、置いてくる」と
いった方法を用いることも忘れずに。

名刺とは捨てがたいものです。それが取引先に山積みになれば、
当然、社内の他の方が目にする機会も増えるでしょう。

紙に印刷されたもう一人の自分。まさに自分の分身。
それが名刺本来の役割なのです。デキるビジネスマンは
沢山の優秀な分身を持っている、ということですね。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

本、読んでますか?

突然ですが、 あなたは本を読んでいますか? 統計によると日本で最も売れている本は あなたも少年時代に(大人になっても)読んでいた 某週間マンガだそうです・・・。 要するに、 今の日本では自己啓発の本や …

キリンビールのキリンフリーが売れていない

キリンのビールが売れなくなった本当の 理由なんて記事が出ていました。 キリンビールのキリンフリーといえば かつて話題となったノンアルコールビール。 当時はまだ他にライバル製品も出そろって いなかったの …

自分でやった方が早い病についての議論

  自分でやった方が早い病という本が以前発売されたことも あり、この内容についての議論が出ています。 要は30代の新人リーダーあたりになると できの悪い部下に仕事を任せずに 「自分でやった方 …

no image

億万長者になるには何をしたらいいか?

億万長者を狙うには何をしたらいいのか? そんなテーマについてですが、億万長者になる 7つの鉄則という記事を見つけました。 中卒で100億円築いた男の「億万長者になる7つの鉄則」 http://r25. …

no image

任天堂 VS グリー

任天堂とグリー(GREE)の 戦略の違いについて書いてある記事がありました。 参考) 任天堂のブランディング戦略 売上高では計れない“強み” http://www.zakzak.co.jp/econo …

アーカイブ