ビジネス

なぜセールスマンは〝おデブ〟を狙うのか

投稿日:

bokudesukaS
道を歩いていると、セールスなどの勧誘に引っかかる
経験は誰にでもあるかとは思いますが、じつは世の中には
〝セールスマンを引き寄せやすい人〟が存在しています。

その人たちは人並み外れた引力でセールスマンや
各種の勧誘を引き付けてしまうわけですが、
そこには実は明確な理由があったのです。

人間の性格は体格で分類できる、という研究があります。
ドイツのクレッチマー博士が考案した『クレッチマーの体系分類法』です。

初見で相手を見抜かなければならないセールスマンにとって、
体型だけで性格を分類するクレッチマー博士の手法は重宝するのか、
あらゆる場面で活用されているようです。

例えば『やせ型』の人。ヒョロっとした体型は
食事に気をつけないと維持できません。

これは疑り深さや神経質さの現れとされています。
非社交的、内気、鈍感、小心といった気質を併せ持っているため、
このタイプの人を説得するのは至難の業と言えるでしょう。
仮に攻めるとすれば理屈で攻めるしかありません。

あーだこーだと理屈を並べてとにかく論理的に
商品の優位性を語るのです。

しかしきれい事だけを並べて無理矢理納得させたりすることは、
このタイプの人にはできません。

すぐに疑り深い性格によって揚げ足を取ろうとしてくることでしょう。
もし説明するのであれば利点だけでなく欠点も説明する。
あくまで論理的に、冷静に。
最初から正直であることの方が、かえって信用されるというものです。

次にセールスマンが苦手とするのが『筋肉型』のマッチョマン。
完璧主義な彼らを納得させようと思うなら、完璧な商品を
完璧な話術によって売り込まなければなりません。
これはこれで、骨が折れる応対ですね。

最終的にセールスマンが向かいやすくなるのが『肥満型』の人々です。
陽気だったり落ち込んでいたりと色々な気分が前にでてくる
気分屋が多いこのタイプは、会話を盛り上げ相手に合わせて
あげさえすれば、気分が良くなって商品にも食いつきやすくなる、
というわけです。
話術が得意なセールスマンにとって、これほど〝御しやすい〟相手は
いません。

街を歩いている人をよく観察してみましょう。
太っている人ほど、多くの勧誘を受けていると気づくはずです。
みなさんは自分の体型が密かにチェックされていたということ、知っていましたか?

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

お金を稼ぐ人・稼げない人の差

お金を稼ぐ人・稼げない人の特徴というのが ネタリカ等のサイトでコメントされているのが 目につきました。 どうしてもお金系の話題は自分も含め みなさん興味が出てしまいますよね。 気をつけなければいけない …

no image

仕事内容によって大きく給料は異なってくる

先日ヤフーニュースで仕事をしていて100倍の差がつくという 話がありました。 時給800円とは一般的なバイト、 時給8万円とはマッキンゼーのシニアコンサルタントとのことです。 参照 時給800円と8万 …

三菱自動車からカルロスゴーン氏への報酬は何億?

三菱自動者が役員報酬の 上限を3倍の30億円に設定したと いうことで報道されていました。 今の業績で役員報酬が大幅に上がることは 常識的に考えられず、どう考えても これは日産から就任するカルロスゴーン …

no image

従来の広告に変わるツールとは?

偶然発見したサイトについてですが、 従来の広告に変わるツールとは?という文言で 誘導してあり、辿ってみると 「マグネット広告」 というものでした。 従来のチラシは一度見ただけで捨てられてしまう。 マグ …

no image

コピーライティングの情報商材に気持ち悪さを感じる

最近、コピーライティングの情報商材が 発売されています。 著者はコピーライティングで情報商材を 10億円以上売っているとか・・。 情報商材といっても色々な種類があるのですが、 この場合「稼ぐ系」の情報 …

アーカイブ