ビジネス

なぜセールスマンは〝おデブ〟を狙うのか

投稿日:

bokudesukaS
道を歩いていると、セールスなどの勧誘に引っかかる
経験は誰にでもあるかとは思いますが、じつは世の中には
〝セールスマンを引き寄せやすい人〟が存在しています。

その人たちは人並み外れた引力でセールスマンや
各種の勧誘を引き付けてしまうわけですが、
そこには実は明確な理由があったのです。

人間の性格は体格で分類できる、という研究があります。
ドイツのクレッチマー博士が考案した『クレッチマーの体系分類法』です。

初見で相手を見抜かなければならないセールスマンにとって、
体型だけで性格を分類するクレッチマー博士の手法は重宝するのか、
あらゆる場面で活用されているようです。

例えば『やせ型』の人。ヒョロっとした体型は
食事に気をつけないと維持できません。

これは疑り深さや神経質さの現れとされています。
非社交的、内気、鈍感、小心といった気質を併せ持っているため、
このタイプの人を説得するのは至難の業と言えるでしょう。
仮に攻めるとすれば理屈で攻めるしかありません。

あーだこーだと理屈を並べてとにかく論理的に
商品の優位性を語るのです。

しかしきれい事だけを並べて無理矢理納得させたりすることは、
このタイプの人にはできません。

すぐに疑り深い性格によって揚げ足を取ろうとしてくることでしょう。
もし説明するのであれば利点だけでなく欠点も説明する。
あくまで論理的に、冷静に。
最初から正直であることの方が、かえって信用されるというものです。

次にセールスマンが苦手とするのが『筋肉型』のマッチョマン。
完璧主義な彼らを納得させようと思うなら、完璧な商品を
完璧な話術によって売り込まなければなりません。
これはこれで、骨が折れる応対ですね。

最終的にセールスマンが向かいやすくなるのが『肥満型』の人々です。
陽気だったり落ち込んでいたりと色々な気分が前にでてくる
気分屋が多いこのタイプは、会話を盛り上げ相手に合わせて
あげさえすれば、気分が良くなって商品にも食いつきやすくなる、
というわけです。
話術が得意なセールスマンにとって、これほど〝御しやすい〟相手は
いません。

街を歩いている人をよく観察してみましょう。
太っている人ほど、多くの勧誘を受けていると気づくはずです。
みなさんは自分の体型が密かにチェックされていたということ、知っていましたか?

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

インターネットを利用して起業するということ

もう今更最新の方法ではなく、既に当たり前に なっているところがありますが、インターネットを利用して 起業するという方法は非常にリスクが低くなり、 また顧客獲得チャンス等にも恵まれるという面が あると思 …

WBSで特集したAIタクシーの実力と今後

WBS(ワールドビジネスサテライト)で AIタクシーについての特集がされていました。 AIとは人工知能のこと。 どういったタクシーかといいますと 普通に運転手が運転しているタクシーには 代わりはありま …

RIZAPグループがジーンズメイト買収 コラボ商品が販売されるか?

RIZAPがジーンズメイトを子会社化すると いうニュースがありました。 戦略的事業資本提携ということなので、 何かコラボ商品等が販売される 可能性もあるということでしょうか? ジーンズメイトは業績が低 …

no image

圧迫面接は企業にとって効果があるのか?

圧迫面接についての記事がありました。 圧迫面接というのはわざと応募者、に対して いやなこと、きついことを言ってその反応を 見るというような面接です。 ・参照 就活「圧迫面接」の真意とは? 怒鳴る、全否 …

youtuberで生きていくことってできるの?

youtuberが子どもの中で人気の 職業になっているという話は 少し前から出てきていますよね。 確かに私としても以前よりも youtubeを見る機会は 増えてきたと思います。 (youtuberの番 …

アーカイブ