ビジネス

なぜセールスマンは〝おデブ〟を狙うのか

投稿日:

bokudesukaS
道を歩いていると、セールスなどの勧誘に引っかかる
経験は誰にでもあるかとは思いますが、じつは世の中には
〝セールスマンを引き寄せやすい人〟が存在しています。

その人たちは人並み外れた引力でセールスマンや
各種の勧誘を引き付けてしまうわけですが、
そこには実は明確な理由があったのです。

人間の性格は体格で分類できる、という研究があります。
ドイツのクレッチマー博士が考案した『クレッチマーの体系分類法』です。

初見で相手を見抜かなければならないセールスマンにとって、
体型だけで性格を分類するクレッチマー博士の手法は重宝するのか、
あらゆる場面で活用されているようです。

例えば『やせ型』の人。ヒョロっとした体型は
食事に気をつけないと維持できません。

これは疑り深さや神経質さの現れとされています。
非社交的、内気、鈍感、小心といった気質を併せ持っているため、
このタイプの人を説得するのは至難の業と言えるでしょう。
仮に攻めるとすれば理屈で攻めるしかありません。

あーだこーだと理屈を並べてとにかく論理的に
商品の優位性を語るのです。

しかしきれい事だけを並べて無理矢理納得させたりすることは、
このタイプの人にはできません。

すぐに疑り深い性格によって揚げ足を取ろうとしてくることでしょう。
もし説明するのであれば利点だけでなく欠点も説明する。
あくまで論理的に、冷静に。
最初から正直であることの方が、かえって信用されるというものです。

次にセールスマンが苦手とするのが『筋肉型』のマッチョマン。
完璧主義な彼らを納得させようと思うなら、完璧な商品を
完璧な話術によって売り込まなければなりません。
これはこれで、骨が折れる応対ですね。

最終的にセールスマンが向かいやすくなるのが『肥満型』の人々です。
陽気だったり落ち込んでいたりと色々な気分が前にでてくる
気分屋が多いこのタイプは、会話を盛り上げ相手に合わせて
あげさえすれば、気分が良くなって商品にも食いつきやすくなる、
というわけです。
話術が得意なセールスマンにとって、これほど〝御しやすい〟相手は
いません。

街を歩いている人をよく観察してみましょう。
太っている人ほど、多くの勧誘を受けていると気づくはずです。
みなさんは自分の体型が密かにチェックされていたということ、知っていましたか?

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

企業が求める柔軟性のある人材とは

よく企業の求める人材の中に柔軟性のある方という部分があります。 多くの学生が柔軟性とは物事に対し、柔軟に取り組むという 印象で済んでしまうかもしれませんが、具体的にはどんな柔軟性が 求められているか分 …

no image

自己啓発と時間の価値

世の中には「投資」という言葉があります。 今持っている貴重なお金等の資源を投入する代わりに 将来、その投資したものを上回るリターンを得るというものです。 ここには時間の価値というものが存在していて、 …

no image

主婦がブログで衣料品や化粧品を売って約8300万円稼ぐ!?脱税で発覚

主婦の脱税ということで8300万円稼いでいたと いう例が紹介されています。 主婦ブログで8300万円、無申告の例も──ネット商取引、国税局は監視強化 http://www.itmedia.co.jp/ …

no image

漫画喫茶の経営は良いビジネスなのか?

漫画喫茶が儲かってしかたがなくて 良いビジネスであるというような内容の 記事が出ています。船井総研が言った内容のようです。 漫画喫茶の月商600万円 うち原価は80万円の超おいしい商売 http:// …

no image

「女性スタッフが活躍中!」の募集と男女雇用機会均等法

最近のバイト募集雑誌を見ていると 「女性スタッフが活躍中!」という表現が かなり多く見つかることに気づきました。 これってどういう意味なのでしょうか? 女性スタッフが多いから女性の方も安心です。 なの …

アーカイブ