ビジネス

なぜセールスマンは〝おデブ〟を狙うのか

投稿日:

bokudesukaS
道を歩いていると、セールスなどの勧誘に引っかかる
経験は誰にでもあるかとは思いますが、じつは世の中には
〝セールスマンを引き寄せやすい人〟が存在しています。

その人たちは人並み外れた引力でセールスマンや
各種の勧誘を引き付けてしまうわけですが、
そこには実は明確な理由があったのです。

人間の性格は体格で分類できる、という研究があります。
ドイツのクレッチマー博士が考案した『クレッチマーの体系分類法』です。

初見で相手を見抜かなければならないセールスマンにとって、
体型だけで性格を分類するクレッチマー博士の手法は重宝するのか、
あらゆる場面で活用されているようです。

例えば『やせ型』の人。ヒョロっとした体型は
食事に気をつけないと維持できません。

これは疑り深さや神経質さの現れとされています。
非社交的、内気、鈍感、小心といった気質を併せ持っているため、
このタイプの人を説得するのは至難の業と言えるでしょう。
仮に攻めるとすれば理屈で攻めるしかありません。

あーだこーだと理屈を並べてとにかく論理的に
商品の優位性を語るのです。

しかしきれい事だけを並べて無理矢理納得させたりすることは、
このタイプの人にはできません。

すぐに疑り深い性格によって揚げ足を取ろうとしてくることでしょう。
もし説明するのであれば利点だけでなく欠点も説明する。
あくまで論理的に、冷静に。
最初から正直であることの方が、かえって信用されるというものです。

次にセールスマンが苦手とするのが『筋肉型』のマッチョマン。
完璧主義な彼らを納得させようと思うなら、完璧な商品を
完璧な話術によって売り込まなければなりません。
これはこれで、骨が折れる応対ですね。

最終的にセールスマンが向かいやすくなるのが『肥満型』の人々です。
陽気だったり落ち込んでいたりと色々な気分が前にでてくる
気分屋が多いこのタイプは、会話を盛り上げ相手に合わせて
あげさえすれば、気分が良くなって商品にも食いつきやすくなる、
というわけです。
話術が得意なセールスマンにとって、これほど〝御しやすい〟相手は
いません。

街を歩いている人をよく観察してみましょう。
太っている人ほど、多くの勧誘を受けていると気づくはずです。
みなさんは自分の体型が密かにチェックされていたということ、知っていましたか?

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

飲食店を運営することのリスク

また新しく食中毒が発生したというニュースが 報道されています。 山梨県で仕出し業者の弁当を食べた240人が 食中毒症状を訴えたというものです。 営業停止処分が出されたということでこの 停止処分はもちろ …

no image

主婦がブログで衣料品や化粧品を売って約8300万円稼ぐ!?脱税で発覚

主婦の脱税ということで8300万円稼いでいたと いう例が紹介されています。 主婦ブログで8300万円、無申告の例も──ネット商取引、国税局は監視強化 http://www.itmedia.co.jp/ …

no image

採用面接の簡単攻略法

テレビのニュースやワイドショー番組で報道されていましたが、 企業の採用試験を受ける際に筆記試験ではなく、面接の方が 苦手で面接試験突破のために塾やセミナーあるいは 個人コーチにまさしく手とり足とり指導 …

no image

勉強は質よりも量である

勉強は質よりも量・・・こんなことを言うのと 逆じゃないのか?少ない時間で最大の効果を出すのが 勉強というものじゃないのか?という声が多く聞こえて きそうな気がします。 ただ、冷静に見てみると、この「量 …

no image

1人1人が店を持つことができる時代

本日のワールドビジネスサテライトで 特集していた1人1人が店を持つことが できるという話。 ブラケット、アラタナ、ヤフーバザールと オンラインのお店が紹介されており非常に 参考になるものでした。 ヤフ …

アーカイブ