社会

裁判員制度の裁判員の仕事

投稿日:

memo1228
テレビや新聞でも時々「裁判員裁判」のことがニュースに
出るようになったこともあり、裁判員制度は国民の間に
定着してきています。

しかし、「何をするのか」、「何をしてはいけないのか」など、
具体的なことは知らない人も少なくありません。

裁判員制度とは、一定の刑事裁判において、事件毎に国民の中から
選ばれた裁判員が、専門家である裁判官と共に審理に参加する
制度のことです。

すなわち、裁判員制度では、重大な犯罪で起訴された刑事事件において、
被告人が有罪か無罪か、また、有罪の場合はどのような刑罰を
課するのか(量刑)を、裁判員も加わって決めていくことになります。
重大な犯罪とは、殺人、放火、誘拐などです。

なお、裁判員は、法律や政令が定める辞退理由に該当すると
認められない限り、辞退することが出来ません。
仕事を理由に辞退が認められるのは、「その仕事が事業に
おいて極めて重要であり、且つ自らが従事しないと、
当該事業に著しい損害が生じる恐れがある」場合だけです。

裁判員裁判は裁判官3人と裁判員6人で構成され、
その評決は、裁判官及び裁判員の数の過半数の賛成を必要とします。

裁判員の義務として、公判期日や証人尋問・検証が行なわれる
公判準備の場には、必ず出廷しなければなりません。

また、評議の経過や、裁判官及び裁判員の意見、及びその他職務上
知り得た秘密を漏らしてはなりません。
そして、この義務は裁判終了後も一生涯負うことになります。

ちなみに、裁判員の日当は1日・1万円以内として、裁判所が決めます。
別途、交通費と宿泊する場合の宿泊費(7,800円、又は8,700円)が支払われます。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

スポーツの指導方法について

最近は学校での部活動における体罰が非常にピックアップされる 出来事が多くなっています。 わたしも中学、高校、大学とずっと 体育会系の部活動に所属してそこで青春を謳歌してきたものと して個人的な意見があ …

no image

内定辞退者に罵詈雑言

不況の影響で就活に苦しむ学生が多いといわれる昨今ですが、 内定がもらえたらもらえたで、もしその内定を辞退すると 採用担当者から罵詈雑言を浴びせられるケースがあるという記事を見ました。 この背景にあるの …

no image

定年の年齢を65歳まで引き上げる取り組みについて

現在の定年制限は60歳と法律で決められています。 しかし政府は今後の五年間、段階的に定年制限を上げていき、 65歳まで引き上げていくよう法律を改正しています。 医療技術の進歩により平均寿命があがり、6 …

no image

今日からモテ女子の自己管理力を身に着けましょう

癒し系でふんわりした雰囲気のモテ女子。 あの娘ばっかり男性にひいきされてずるい! なんて思ったことは無いでしょうか? 羨む前に、モテ女子の皆さんは、普段からどんな自己管理を しているのかを学びましょう …

no image

振り込め詐欺の被害防止策は、家族を信じ、愛する事

「133億円」。これは平成24年1~11月までの、5,595件の振り込め詐欺に よりおよその被害額の合計です(警察庁HPより)。 発生件数は5,595件12月分も入るといくらになるかわかりませんが、 …

アーカイブ