社会

裁判員制度の裁判員の仕事

投稿日:

memo1228
テレビや新聞でも時々「裁判員裁判」のことがニュースに
出るようになったこともあり、裁判員制度は国民の間に
定着してきています。

しかし、「何をするのか」、「何をしてはいけないのか」など、
具体的なことは知らない人も少なくありません。

裁判員制度とは、一定の刑事裁判において、事件毎に国民の中から
選ばれた裁判員が、専門家である裁判官と共に審理に参加する
制度のことです。

すなわち、裁判員制度では、重大な犯罪で起訴された刑事事件において、
被告人が有罪か無罪か、また、有罪の場合はどのような刑罰を
課するのか(量刑)を、裁判員も加わって決めていくことになります。
重大な犯罪とは、殺人、放火、誘拐などです。

なお、裁判員は、法律や政令が定める辞退理由に該当すると
認められない限り、辞退することが出来ません。
仕事を理由に辞退が認められるのは、「その仕事が事業に
おいて極めて重要であり、且つ自らが従事しないと、
当該事業に著しい損害が生じる恐れがある」場合だけです。

裁判員裁判は裁判官3人と裁判員6人で構成され、
その評決は、裁判官及び裁判員の数の過半数の賛成を必要とします。

裁判員の義務として、公判期日や証人尋問・検証が行なわれる
公判準備の場には、必ず出廷しなければなりません。

また、評議の経過や、裁判官及び裁判員の意見、及びその他職務上
知り得た秘密を漏らしてはなりません。
そして、この義務は裁判終了後も一生涯負うことになります。

ちなみに、裁判員の日当は1日・1万円以内として、裁判所が決めます。
別途、交通費と宿泊する場合の宿泊費(7,800円、又は8,700円)が支払われます。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

新聞は軽減税率の対象となるか

消費税増税が現実味を帯びる中、日本新聞協会が新聞・書籍・雑誌には 軽減税率を適用すべきとの声明を発表した、という記事がありました。 軽減税率を適用すべきとの根拠として、知識への課税強化は国の力を 衰退 …

no image

キャッシュフロー・クワドラントの真実

キャッシュフロー・クワドラントという言葉を 知っていますか? 金持ち父さんのシリーズで出てくる有名な 図になりますが 右上から時計周りに「B」「I」「S」「E」と 書いてあるものです。 B・・・ビジネ …

国民年金を払っていないと差し押さえになる

国民年金を支払い拒否したらどうなるのかと いうようなニュースが出ていました。 どうなるも何もというところですが、 国民年金は支払い義務があるものに なりますので、ばれると差し押さえに なってしまいます …

no image

タブレットを教育に使用

本日のワールドビジネスサテライトでは タブレットを使った教育を使うという内容の特集が されていました。 情報系の学校の場合、1人1題iPad購入が義務付けられて いるところもあるとか。 これは凄く効果 …

脱ゆとりの自信 方向性はあっているのか?

ニュースを見ますと 「2015年の国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)で 小中学校の理数全てが過去最高点」と なったということで文科省が脱ゆとりに ついて自信を深めていると いうことです。 点数が …

アーカイブ