雑記

キーシンの「ショパン前奏曲」はジェットコースター

投稿日:

memo1228
生涯のすべてをピアノに捧げたともいえるフレデリック・ショパン。
当然数多くの傑作があります。

専門家の評価はいろいろですが、「前奏曲」の評価は際立っているようです。
ほかにも「練習曲」「ソナタ3番」「ポロネーズ」「協奏曲1番」など、
これこそ最高傑作とされる作品は、いくつもあります。

たとえば、昨年亡くなった吉田秀和氏は、最高傑作ということではありませんが、
「ショパンはこれ」という論調で「マズルカ集」を挙げていました。

オーストリア、ドイツを中心に展開してきたクラシックに、
初めて東の民族音楽を持ち込み成功したという、音楽史的な視点に
よるもののようです。

さた、「前奏曲」。ピアノの詩人の面目躍如といえる曲集で、
一つ一つ丁寧にいとおしむように、詩人が編み上げた「詩集」にほかなりません。

当然、ピアニストのレパートリーの最重要の作品の一つで、
多くのCDが出ており、名盤とされるものも少なくありません。

伝説のピアニスト、コルトーに始まり、現役ではポリーニ、アシュケナージ、
アルゲリッチの「三傑」。それぞれが名盤です。

ほかにも、フランソワ、カツァリスという二人のフランス人が
素晴らしい録音を残しています。この曲集がフランス人の感性に
合うのかもしれません。

中で、ぜひ一聴をおすすめしたいのが、キーシン。
かつて神童と称賛された彼ももう「不惑」を超えて、すでに
確固たる地位を築いています。「前奏曲」のCDは1999年の録音。
28歳の時のものです。

たとえば8番。ガラスの粉が噴水のように吹き上がり舞い落ちるような
タッチの鮮やかさ。10番や12番のエキセントリックな魅力。

一転して13番は春の午睡の夢のような甘美な世界を、
これ以上ないやさしさで歌っています。

15番「雨だれ」。これほど感情の起伏の激しいこの曲の演奏は、
めずらしいのではないでしょうか。

この起伏の激しさは、実は全曲にわたって共通しており、
それがこのCDの特徴となっています。

ほとんどジェットコースター。そこに、ガラス神経と鋼の指で
演奏しているような彼のエキセントリックな個性が加わって、
これはまさしく「極北」に位置する名盤だと思います。

作曲家本人は、もしかするとこんな感じで演奏したのかもしれない。
そんな想像もさせます。好悪の評価のはっきり分かれる演奏でもあるでしょう。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

次世代DVDとかブルーレイとかもう媒体は厳しいのでは?

ブルーレイディスクについて及少しずつレンタル屋さんでも 置くようになり普及は進んでいるかに見えますが、 だんだんとDVDとかブルーレイとか、もうディスク系は 厳しいのでは?と思うようになってきました。 …

no image

王様も楽ではなかった?

王様、といってぱっと浮かぶイメージといえばどんなものでしょう? でっぷり太ってて、王冠を被って、威張ってそうで、庶民とは一切 触れあわない雲の上の人……そんなイメージをお持ちではないですか? でも、実 …

no image

「終末の日」も終わり

古代マヤ暦に基づく週末の日が本日12月21日 とのことで、海外では本当に大騒ぎになっていますね。 事件が起きないように予防線を張っていたり 中国の方では取り締まりもあったりしているようです。 日本の中 …

no image

最近のテレビ番組についての感想

私は今、39歳のサラリーマンです。 私はむかしからテレビが大好きでしたが最近はスポーツ中継とニュース番組しか ほとんど見なくなりました。 とくにバラエティ番組についてはほとんどみません。確かにテレビが …

no image

monsters 第4話 感想

monstersの第4話を見ました。 急に医療ドラマみたいな空気になってきましたね。 査問委員会ですが、あの展開はちょっとなくないでしょうか? 医療機関の内部の委員会の場に警察が出ていって どちらが査 …

アーカイブ