雑記

耐火金庫の熱を防ぐ手段は水

投稿日:

memoS1
お金は銀行に預けるのが当たり前になっているので、
「金庫」を見かけることはめっきり少なくなりました。

金庫とは耐火性能と防盗性能を有するものを言い、
どちらかが欠けても金庫とは呼びません

。どちらに重きを置くかで、耐火金庫か防盗金庫に分けられます。
ホームセンターなどでよく見かける金庫は耐火金庫です。

耐火金庫は、中にある紙幣や各種書類、データディスクなどを、
火災による消失から防止することを目的としています。

絶対に内部に火が入らないようにしていることから、
かなり高度な科学的装置がついているように思えますが、
意外と簡単な造りになっています。

耐火金庫の本体の主な材質は発砲コンクリートです。
表面に見える鉄は、1mm程度の厚さしかありません。

発泡コンクリート自体に耐熱性がありますが、それに水が
含まれています。

火災時には、この水が蒸発することによる気化熱を利用して、
内部の温度が上昇するのを抑えています。
また、気化した水蒸気は金庫の扉の隙間から外に
放出されることにより、炎や熱風の侵入を防ぐ役割をしています。

耐火金庫はその頑丈さから、半永久的に使えそうに思えますが、
実は耐用年数があります。年月が経つと、発砲コンクリートに
含まれている水分が徐々に蒸発し、耐火性能が低下していきます。

製造後20年も経過すると、総水分量のおよそ20%が消失され、
本来の耐火性能を維持できなくなります。

なお、耐火金庫は日本工業規格(JIS)による加熱試験・衝撃試験に
合格することが義務付けられています。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

最新鋭旅客機787と日本のCFRP技術

最近、ジェット旅客機787の事故がクローズアップされています。 ボーイング社製で大幅に燃費がよくなった最新鋭機です。 日本の航空機メーカーが構造、装備品共に多数製造を分担しています。 その中でも、機体 …

no image

テレビが録画中心化し、CMが見られなくなっている

テレビが録画を中心とした見られ方に変わってきて、 番組の間に挟むCMが見られなくなってきていると いうことが話題となってきています。 時代の流れ的には当然といえるでしょう。 もともとリアルタイムでテレ …

no image

疲れている時に気をつけたい事

疲れている時というのは、一番人間関係のトラブルが起きやすい時だと思います。 イライラするのは自分に余裕がない時です。 そして相手にも余裕がなければ、雰囲気が悪くなるのは当然です。 職場や家庭等、特に同 …

オイシックスの献立キットが気になります

今話題になっているオイシックス。 主菜・副菜がたったの20分で完成するという 献立キットが発売しているのを見つけました。 食品の宅配、食材の宅配というのは よくあるところではありますが、 野菜やお肉も …

no image

スマートホンになって良かったこと、悪かったこと

携帯が従来のものからスマートホンになって良かったこと、 悪かったことがいろいろとあると思います。 私の場合、良かったことはインターネットに直接接続できるようになったと いうことです。従来の携帯電話から …

アーカイブ