雑記

「美女と野獣」のルーツは歌舞伎舞踊「鏡獅子」

投稿日:


フランスの作家であり詩人であり画家でもあったジャン・コクトー。
彼の代表作の一つが「美女と野獣」です。

映画化もされ、ディズニーのアニメーションにもなり
ミュージカルにもなり、日本では劇団四季が上演、
大切なレパートリーの一つとなっています。

いかにも西洋らしい物語。「オペラ座の怪人」のガストン・ルルーも
フランス人。さらにはアルセーヌ・ルパンのルブランまで
連想することが可能な、「フランス好みの世界」といえるかもしれません。

しかし、「美女と野獣」のルーツが日本。
それも歌舞伎の代表的な作品だったということは意外に知られていません。

フランス人が日本文化から影響を受けるというのはめずらしいことではなく、
かの絵画運動「印象派」が日本の浮世絵から影響を受けて
生まれたことは有名ですし、それはさらに音楽の印象派、
ドビュッシーを生みました。

コクトーもその流れに位置する人といっていいでしょう。
彼は来日した折に歌舞伎座を訪れました。

演じられた演目が、「鏡獅子」。演じ手は天才、六代目尾上菊五郎。
現菊五郎のおじいさんです。亡くなった中村勘三郎はその血をひいています。

コクトーは菊五郎のこの舞踊を見て感動し、「菊五郎は司祭である」と
いう一文を残しています。

彼は帰国後、歌舞伎座で見た舞台をもとに筆をふるい、換骨奪胎、
「美女と野獣」を書き上げました。

歌舞伎の「鏡獅子」は、徳川将軍おかかえの小姓が、正月の祝い、
ご祝儀に舞を披露する。その舞の流れの中で、供えってあった
獅子頭を手にしてこれを小道具として使う。使っているうちに獅子の
精霊が体に入って、獅子そのものと変じてしまう。といったストーリー。

コクトーはこれを前半の美女と、後半の獅子つまり「野獣」の二人の物語と
して再構築しました。
日本からの帰途、見た舞台の記憶をもとに、さまざまに考えを
めぐらしていたコクトーのさまを、想像するのも一興でしょう。

ちなみに、亡き中村勘三郎は「鏡獅子」とライフワークと
していました。その完成を見る前に、彼は逝ってしまいました。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

スマートホンになって良かったこと、悪かったこと

携帯が従来のものからスマートホンになって良かったこと、 悪かったことがいろいろとあると思います。 私の場合、良かったことはインターネットに直接接続できるようになったと いうことです。従来の携帯電話から …

no image

湯たんぽであったかエコ生活

寒い日が続きますね。1月になると新春だ、新春だ、と春と いわれるのにちっとも暖かくなりません。 それもそのはず、1月には大寒があり、1月から2月は1年で 最も寒い時期でもあるのです。 そんな寒い時期に …

no image

Facebookの日本での問題

日本でもコミュニケーションツールとして twitter、そしてfacbookが普及してきました。 これはどちらが使いやすいのでしょうか? どちらかというとtwitterは一過性のコミュニケーションとも …

no image

人の意見は聞くな

「人の意見は聞くな。」 こんな話について通常は社会的には賛同できないと 思いますが、この記事を読むと納得できるものがあります。 LifeClipさん http://lifeclip.org/diary …

no image

最近のディーゼル車はすごい

最近販売されているディーゼル車の実力には目を見張るものがあります。 今までのディーゼル車といえば、排気ガスが臭い、加速が遅い、 ガラガラうるさいといったイメージでバスやトラックなどの 商用車以外ではあ …

アーカイブ