社会

高齢化社会から見る生活用品サービスの新たな姿勢

投稿日:

011733
生活用品を扱う経営と言えば、印象的なのは生活雑貨を
扱うホームセンターとコンビニの2種類だと思います。

ホームセンターではより多くのお客様のニーズに応える為に、
自社開発をめざし、実際に作った試作品をお客様や社員に使用させ、
ニーズの把握を試みることをしていました。

コンビニおいてもも来客者に対し、アンケートや聞き込みなどを行い、
新しいニーズを見つけ、考察することでホームセンターとは違う
地域特化型のサービスを提供する戦略をとっていました。

しかし高齢化時代が到来し、店舗に訪れる客層が低下し、その二つの
業界でも経営が頭打ちになっている状態になりました。

この状況を脱却するため、様々な方法を企業は打ち出したのだと思いますが、
結果として生き残る方法として採用されたのは、2業界とも同じ経営戦略でした。
それは訪問サービスです。

身近な場所でも自由に買い物に行くことが出来ない高齢者の為に、
若い社員が現地に赴き、商品を届けるサービスに2つの業界は
力を入れて行きました。これに伴い、新しいニーズを見つけることが
出来、今の経営運営をサポートする収入を得る形になりました。

この状況は2つの業界の成長と言えます。今までは来客者を中心に
サービスを徹底していたのが、現在は高齢化社会の到来に伴い、
訪問するサービスを作ることを行い、新たな市場を開拓しました。

このように時代の変化に伴い、新たなサービスを見つけ、実施し、
結果を出す柔軟な姿勢が企業にとっては必要なモノだと改めて感じる一例だと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

わずかな得票で一国を牛耳るうまい商売

誰がこんなうまいシステムを考え出したのでしょう。 今の総選挙のシステムは有権者が投票に参加しなくても、 その時のナンバ-ワン政党が候補者を一網打尽に かっさらえられるように作られています。 このシステ …

no image

衆議院選挙の比例代表制の当選者の決まり方

年末に衆議院選挙がありましたが、多くの人によく 理解されていないのが、比例代表制の当選者の決まり方です。 日本の衆議院選挙には2つの大きな特徴があり、1つ目は、 小選挙区制と比例代表制に分かれていて、 …

no image

日本の地熱発電があまり広まっていない理由

日本の地熱発電系の技術は世界の地熱発電施設の7割が使用されています。 しかし、日本においては地熱発電の開発は世界に比べ、劣っています。 温泉大国であるアイスランドは地熱発電を用いて、経済を支えています …

寝不足で生産性が低下するということ

寝不足によって生産性が低下し、 経済損失が起こる。 こんな今更当たり前の内容が 記事として出ていました。 1日の平均睡眠時間が6時間未満の 人の割合が20歳以上で39.5%もいるという ことです。 夜 …

no image

子育ては独りでするものではなく地域ぐるみで

最近ニュースで頻繁に取り上げられている「乳幼児の虐待」。 取り上げられる度に一時的に話題にはなりますが、どの時世でも 子供への虐待は存在し、静かな子供の叫びは消えることがなさそうです。 しかし、限りな …

アーカイブ