社会

高齢化社会から見る生活用品サービスの新たな姿勢

投稿日:

011733
生活用品を扱う経営と言えば、印象的なのは生活雑貨を
扱うホームセンターとコンビニの2種類だと思います。

ホームセンターではより多くのお客様のニーズに応える為に、
自社開発をめざし、実際に作った試作品をお客様や社員に使用させ、
ニーズの把握を試みることをしていました。

コンビニおいてもも来客者に対し、アンケートや聞き込みなどを行い、
新しいニーズを見つけ、考察することでホームセンターとは違う
地域特化型のサービスを提供する戦略をとっていました。

しかし高齢化時代が到来し、店舗に訪れる客層が低下し、その二つの
業界でも経営が頭打ちになっている状態になりました。

この状況を脱却するため、様々な方法を企業は打ち出したのだと思いますが、
結果として生き残る方法として採用されたのは、2業界とも同じ経営戦略でした。
それは訪問サービスです。

身近な場所でも自由に買い物に行くことが出来ない高齢者の為に、
若い社員が現地に赴き、商品を届けるサービスに2つの業界は
力を入れて行きました。これに伴い、新しいニーズを見つけることが
出来、今の経営運営をサポートする収入を得る形になりました。

この状況は2つの業界の成長と言えます。今までは来客者を中心に
サービスを徹底していたのが、現在は高齢化社会の到来に伴い、
訪問するサービスを作ることを行い、新たな市場を開拓しました。

このように時代の変化に伴い、新たなサービスを見つけ、実施し、
結果を出す柔軟な姿勢が企業にとっては必要なモノだと改めて感じる一例だと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

家電リサイクル法の成り立ちとシステム

家電リサイクル法は市民に定着しましたが、 いまだに家電製品の不法投棄が行われています。 過去、家庭から廃棄された家電製品は破砕処理後、鉄などの 一部の金属は回収しますが、残骸のほとんどはそのまま埋め立 …

no image

医者になるまでにかかる学費の問題

私立医大の学費について議論している サイトを見て、考えました。 「私大医学部に行くにはお金がかかりすぎる」 という当たり前の話ではあるのですが、 不公平感がありませんか?という想いです。 医学部は6年 …

no image

SNSで気をつけるべき事を芸能人記事から学ぶ

芸能人がTwitterなどで同じ事をしても炎上する人としない人がいます。 炎上したドランクドラゴンの鈴木さんは顔のせいで炎上しましたなど、 冗談を言っていますが、どんな基準なのか考えてみました。 ドラ …

no image

日本の地熱発電があまり広まっていない理由

日本の地熱発電系の技術は世界の地熱発電施設の7割が使用されています。 しかし、日本においては地熱発電の開発は世界に比べ、劣っています。 温泉大国であるアイスランドは地熱発電を用いて、経済を支えています …

no image

国民年金保険料がアップ 月1万5040円に

国民年金保険料ですが2013年度は 現在の月額1万4980円から60円引き上げの 1万5040円となることが決定したそうです。 物価変動率等を考慮するので、60円の引き上げで 済んだというところもあり …

アーカイブ