社会

高齢化社会から見る生活用品サービスの新たな姿勢

投稿日:

011733
生活用品を扱う経営と言えば、印象的なのは生活雑貨を
扱うホームセンターとコンビニの2種類だと思います。

ホームセンターではより多くのお客様のニーズに応える為に、
自社開発をめざし、実際に作った試作品をお客様や社員に使用させ、
ニーズの把握を試みることをしていました。

コンビニおいてもも来客者に対し、アンケートや聞き込みなどを行い、
新しいニーズを見つけ、考察することでホームセンターとは違う
地域特化型のサービスを提供する戦略をとっていました。

しかし高齢化時代が到来し、店舗に訪れる客層が低下し、その二つの
業界でも経営が頭打ちになっている状態になりました。

この状況を脱却するため、様々な方法を企業は打ち出したのだと思いますが、
結果として生き残る方法として採用されたのは、2業界とも同じ経営戦略でした。
それは訪問サービスです。

身近な場所でも自由に買い物に行くことが出来ない高齢者の為に、
若い社員が現地に赴き、商品を届けるサービスに2つの業界は
力を入れて行きました。これに伴い、新しいニーズを見つけることが
出来、今の経営運営をサポートする収入を得る形になりました。

この状況は2つの業界の成長と言えます。今までは来客者を中心に
サービスを徹底していたのが、現在は高齢化社会の到来に伴い、
訪問するサービスを作ることを行い、新たな市場を開拓しました。

このように時代の変化に伴い、新たなサービスを見つけ、実施し、
結果を出す柔軟な姿勢が企業にとっては必要なモノだと改めて感じる一例だと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

老齢厚生年金保険料の具体的計算

老齢厚生年金の保険料は、標準報酬月額×保険料で算出されますが、 実際どれくらいの保険料になるのでしょうか。 計算方法を説明します。 厚生年金保険の保険料率は、平成23年9月分から、 0.354%に引き …

no image

国民年金保険料がアップ 月1万5040円に

国民年金保険料ですが2013年度は 現在の月額1万4980円から60円引き上げの 1万5040円となることが決定したそうです。 物価変動率等を考慮するので、60円の引き上げで 済んだというところもあり …

育児休暇で昇給が消えるのはどうなのか?

育休を取ったら昇給が消えたと いう話が裁判になっているということで 話題になっています。 大学教員の話になりますが 育児休暇を取得して、年をまたがったら 2年分の昇給が遅れることになったと いう話です …

no image

内定辞退者に罵詈雑言

不況の影響で就活に苦しむ学生が多いといわれる昨今ですが、 内定がもらえたらもらえたで、もしその内定を辞退すると 採用担当者から罵詈雑言を浴びせられるケースがあるという記事を見ました。 この背景にあるの …

no image

超小型車の普及

本日のワールドビジネスサテライトで 小型車の特集をやっていました。 まず横浜で実験を行うらしいですが、 1人乗りの本当に小さい車でした。 他にも超小型車のコムスも既に普及が 始まっているみたいですね。 …

カテゴリ

アーカイブ