社会

高齢化社会から見る生活用品サービスの新たな姿勢

投稿日:

011733
生活用品を扱う経営と言えば、印象的なのは生活雑貨を
扱うホームセンターとコンビニの2種類だと思います。

ホームセンターではより多くのお客様のニーズに応える為に、
自社開発をめざし、実際に作った試作品をお客様や社員に使用させ、
ニーズの把握を試みることをしていました。

コンビニおいてもも来客者に対し、アンケートや聞き込みなどを行い、
新しいニーズを見つけ、考察することでホームセンターとは違う
地域特化型のサービスを提供する戦略をとっていました。

しかし高齢化時代が到来し、店舗に訪れる客層が低下し、その二つの
業界でも経営が頭打ちになっている状態になりました。

この状況を脱却するため、様々な方法を企業は打ち出したのだと思いますが、
結果として生き残る方法として採用されたのは、2業界とも同じ経営戦略でした。
それは訪問サービスです。

身近な場所でも自由に買い物に行くことが出来ない高齢者の為に、
若い社員が現地に赴き、商品を届けるサービスに2つの業界は
力を入れて行きました。これに伴い、新しいニーズを見つけることが
出来、今の経営運営をサポートする収入を得る形になりました。

この状況は2つの業界の成長と言えます。今までは来客者を中心に
サービスを徹底していたのが、現在は高齢化社会の到来に伴い、
訪問するサービスを作ることを行い、新たな市場を開拓しました。

このように時代の変化に伴い、新たなサービスを見つけ、実施し、
結果を出す柔軟な姿勢が企業にとっては必要なモノだと改めて感じる一例だと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

告示日前の活動は紛らわしい

東京都知事が急募というチラシが 入っていたので、もう候補者は決まって特集している のに何故??と不思議にチラシを見てみました。 そしてその通りに検索したら特定の人の 応援サイトでした・・。 凄く紛らわ …

no image

ゴミの最終処分場に関する問題

近年おけるゴミ問題には、ゴミ費用の増大、削減しにくい現状、 そして不法投棄などがあり、ゴミの処分において深刻な問題を抱えています。 この為、ゴミの処分に対し必要とされるのがゴミの最終処分所だと思います …

no image

スターバックスにはケチになってほしくない

スタバがコーヒーの量を減らしていたなんてことで 話題になっています。 「器いっぱいに注ぐとこぼれやすく、またミルクを入れる  スペースがないなどとの指摘に応えたものだと説明」 という話にはなっています …

no image

夫婦円満の秘訣

夫婦の仲を円満に保つためには、「ありがとう」をマメに 言うことがおすすめです。 夫婦になるとどうしても「あたりまえ」の感覚がでてきてしまい、 家事の分担も、子育てもお互い黙々とこなすようになり、 感謝 …

no image

定年の年齢を65歳まで引き上げる取り組みについて

現在の定年制限は60歳と法律で決められています。 しかし政府は今後の五年間、段階的に定年制限を上げていき、 65歳まで引き上げていくよう法律を改正しています。 医療技術の進歩により平均寿命があがり、6 …

アーカイブ