雑記

手軽に発熱下着

投稿日:

a2S
衣服の裏に吹き付けて着ると暖かくなるスプレーというものをご存知でしょうか。
成分には唐辛子の成分として有名なカプサイシンなども含まれているため、
一見するとただ体感的に暖かくなるだけの物なのかと思ってしまいますが、
実際はそうではありません。

確かに、夏に使うと便利な”ハッカ油”という、お風呂に入れて浸かると
どんなに暑くても極寒の感覚が味わえる反面、所詮感覚だけなので
汗はかいてしまうという不思議な状態になる商品があるので
勘違いしそうではあります。

ところが暖かくなるこちらのスプレーは、感覚だけではないようです。
効果の説明を読むと、体から蒸発する水分に反応して発熱すると書いてあります。

まさしくここ数年ヒットし続けている発熱下着と同じ効果です。
つまり、普通に買うと1枚1000円ほどする下着を、自前の普通の
下着で再現できるということになります。

使用量は人によると思われますが、200mlほど入っている1本で、
おおよそ一冬越す程度はもちそうです。

価格はおよそ1000円で、興味本位で買うには少し躊躇する額では
あるのですが、汎用性が高いので1本持っておいて損はありません。

使用者の感想では、下着のシャツだけでなく、靴下や靴の内側に
噴きかけることで相当な防寒効果が実感できるとのことで、
利便性は発熱下着よりもスプレーのほうに軍配が上がります。

このスプレーはホームセンターに置いてあることが多いのですが、
日用雑貨をメインに扱っているタイプのお店よりも、DIY系や
作業着等が売られているお店のほうが置いてある可能性は高いと思われます。

最近は節電がことさらに叫ばれることも減って来ましたが、
今も電力消費を押さえるべきである状況に変わりはないため、
こういったアイテムを使って暖房にあまり頼らないようにするのも
良いのではないでしょうか。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

人の意見は聞くな

「人の意見は聞くな。」 こんな話について通常は社会的には賛同できないと 思いますが、この記事を読むと納得できるものがあります。 LifeClipさん http://lifeclip.org/diary …

no image

古代から使われている原理を現代に応用するアイディアと技術

2012年12月、中央高速道路のトンネルの天井板が落下して死傷者が出るという 事故が起きました。 定期的に行われていた点検で打音検査の「対象外」と なっていたようですが、このような大事故が起きるまで何 …

no image

電車の中で寝るということ

日本では、みなさんも当たり前に見ていると 思いますが電車の中で寝ている人は凄く多いです。 通勤時間は特に多いように思えます。 寝ていると携帯をいじっている人で電車に 座っている人の大半を占めるんじゃな …

no image

質の良いお気に入りワイシャツを長く着る方法

仕事でワイシャツを着用する人は大勢います。 ワイシャツは襟、そして袖口が傷みやすく、すぐにボロボロになってしまいます。 また汚れが付きやすく、それがなかなか落ちないことで悩んでおられる人も 多いはずで …

no image

料理に影響する硬水と軟水の違い

最近は、ミネラルウォーターをバッグに入れて、持ち歩いている人が 多くなりました。ミネラルウォーターはその名の通り、カルシウムや マグネシウムなどのミネラル分(無機塩類)が含まれている水のことです。 こ …

アーカイブ