雑記

読むなら、シドニーシェルダンの本がおすすめです。

投稿日:


読んで面白いと思うサスペンスとして、シドニーシェルダンの
本をおすすめします。
なかでもゲームの達人は、名作であろうかと思います。

タイトルを見ると、テレビゲームかなと思うわけですが、
そうではなくて、また別の意味合いがあります。

この話は財産を巡るストーリーで、ハラハラドキドキと先のわからない
展開を読み進めていくことができます。
いつしか没頭していて、時間が経つのを忘れてしまっていたりします。

シドニーシェルダンは著名な作家で、一発屋ではなくて、作品を
多数書いています。たいていは上下巻としてセットで販売されていて、
少し長めのストーリーです。

いずれも、ファンにとっては毎回読み応えのある本として、
発売されるたびによく売れる本ですし、売れ筋チャートにも
よく登場しています。

しかしながら、読み手がそもそも本が好きかどうかというのは、
このぐらいの少し長めの本を読むとわかると思います。

やはり活字に抵抗があれば、下巻を読む前に上巻の途中まで
読んだところで読まなくなったりします。
活字やサスペンスが好きなら、上下巻を通して読むことが
できるでしょう。手に本を持つとそれなりに分厚いから、
読むのが面倒な人には向きません。

シドニーシェルダンはその名のとおり海外の作家で、本は
日本語に翻訳されています。
しかしながら、字句を上手く解釈されているから、日本語の
表現としてわかりにくいということはありません。
この作家が好きなら、中学生でも読むことができます。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

クリックしたくなる広告

広告といっても、その効果はさまざま。 ここではインターネット広告の話になりますが、 クリックしたくなる広告とそうではない広告と いうのがあると思います。 そうではない広告というのは、それは内容が下手と …

no image

吉田秀和と丸谷才一

文学とりわけ評論分野で戦後日本を代表する知識人、吉田秀和氏と丸谷才一氏 が今年亡くなりました。新聞での扱いも特別で、各紙に大きな追悼関連記事が 掲載されました。どちらも亡くなる直前まで現役として活動さ …

no image

図書館利用のすすめ

最近、本を読んでいますか? 日常的に見る活字は雑誌と新聞ぐらい・・・、という方多いのではないでしょうか。 活字離れが取りざたされるようになり久しいですが、 今や大学生でさえ図書館の利用方法がわからない …

no image

老齢厚生年金の被保険者

老齢厚生年金は、国民年金(第1号被保険者)のみの人に比べると お得な年金ということになります。 将来のことを考えると、老齢厚生年金に入りたい!と思う方もいると思います。 被保険者になるには、通常の会社 …

no image

パソコンの販売価格はわかりにくい

今日は新宿でパソコン売り場を久しぶりに見てきたのですが、 パソコンの販売価格は相変わらずというかわかりにくい 状態になっていますね。 まずオフィスありなのか、オフィス無しなのか、 これによって価格が2 …

アーカイブ