ビジネス

イケダハヤト氏 25歳代表の上手い売り方

投稿日:

ブログで生計を立てているイケダハヤト氏が
話題になっているのをよく見ます。

以下のような批判記事も出ていて非常に興味深いです。

 「イケダハヤトが25歳世代の常識?
 お願いだから笑わせないでください」-AERAの特集を読んで
http://goodbyebluethursday.com/archives/21942280.html

上手いと思うのは、ブログで月20万の収入で満足していると
いう部分、それで会社勤めをせずノマドワーカーとして理想の生活を
出来ていると表現している部分です。

こんな収入で生活できるわけがない!と批判が起きるのも
当然でBLOGOS等のほかの記事を見てみても
意図的に炎上を狙ってアクセスを稼ごうとしているようにも
見受けられます。

本のタイトルも
「年収150万円で僕らは自由に生きていく」

実際に、150万円で独立した生計を立てていくのは
不可能です。
アルバイトだってもう少し稼げるでしょう。

そして今ブログの月収が20万であるならば既に
20×12ヶ月=240万であって、全く150万円ではありません。

やはり過激な数字のミスリードがあるように思えます。
月20万といっても、ブログ収入だけの話で、
実際本も出版している、取材もある、講演もあると
いうことで、実収入は普通の自営業以上、実業家の部類に
入ってくるのではないでしょうか。

またブログ収入20万というのも、あくまで「今」の数値でしか
ないはずです。

>2012年4月からは、育児に時間を割くべく
>「プロブロガー」というキャリアを歩んでいます。

というプロフィールのとおり、まだプロブロガーとしては
始まったばかり。

ブログ記事数は累積していくため、労働収入が20万円
というわけではなく印税的性質を持ちます。
続けて知名度が上がっていけば、収入は
こんなものではなくなるのではないでしょうか。

売り方が上手いのであって、本当に低賃金で
生きていこうとしている人ではないということです。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

インターネット時代と仕事の可能性

時代とともに「仕事」といったものの概念も大きく変わりつつあります。 仕事には収入を得るための仕事と、家事や育児のように生活の一環と しての仕事がありますが、ここでは収入を得るための仕事に限って考えたい …

no image

一人カラオケで、面接・プレゼンテーションに強い精神を鍛える

「シナリオを頭に叩き込み、念入りに練習しても、 面接やプレゼンテーションの本番になると、どうしても緊張してしまう。」 「内気な性格で人と明るくコミュニケーションが取れない。」 このよいな性格はトレーニ …

no image

「女性スタッフが活躍中!」の募集と男女雇用機会均等法

最近のバイト募集雑誌を見ていると 「女性スタッフが活躍中!」という表現が かなり多く見つかることに気づきました。 これってどういう意味なのでしょうか? 女性スタッフが多いから女性の方も安心です。 なの …

no image

一寸先は闇を生きる

2013年が始まりました。 2013年に生き抜くことのできる人材とは 何だろうか? ということで、文書をいろいろと見ていたところ 元NTTドコモでiモードを開発したあの夏野氏の 言葉で、一寸先は闇なん …

no image

LCCの料金は公平性の上に成り立っています

日本でピーチというLCC(格安航空会社)が設立されて以来、 LCCを利用する旅行者が急激に増加しています。 日本の航空会社の系列のLCCも増え、海外からも次々と 参入していることから、顧客の争奪戦も始 …

アーカイブ