社会

衆議院選挙の比例代表制の当選者の決まり方

投稿日:

memoS1
年末に衆議院選挙がありましたが、多くの人によく
理解されていないのが、比例代表制の当選者の決まり方です。

日本の衆議院選挙には2つの大きな特徴があり、1つ目は、
小選挙区制と比例代表制に分かれていて、どちらにも立候補できる
(重複立候補)ということ、2つ目が、小選挙区の結果が比例代表の
当選者決定にも影響を与える(惜敗率ルール)ということです。

小選挙区制は、1票でも多数の支持を得られた人が
当選するしくみなので、非常に分かりやすくなっています。

独特なのが、比例代表制の惜敗率ルールです。
比例には重複立候補ができるので、小選挙区で落選しても、
場合によっては比例代表で復活当選することができます
(ただし、有効投票の10%しか得票できなかった人は除外)。

比例代表では、全国11ブロックごとに票が集計され、
ブロックごとに議席を確定し、180人の当選者が出ます。
例えば、北海道は8人、東京都は17人、近畿は29人などと
なっています。

政党は、ブロックごとに候補者名簿を提出し、そこには
順位をつけなければなりません。
しかし、順位を分ける必要はなく、全員が1位でも構いません。

そこで、例えば、獲得票数によって比例から3人が
当選できることになったとします。
比例のメンバーは5人いますが、全員が重複立候補者で、
全員の順位が1位です。そして、全員とも小選挙区で落選しました。

その時の当選者を決めるのが惜敗率です。小選挙区の勝者の投票数に、
より近い投票数の人が当選することになります。
70%より80%、80%より90%の惜敗率の人が優先順位を得ます。

なお、比例名簿の同順位に比例代表への単独立候補者がいた場合は、
単独立候補者に優先権があります。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

遺言書の相続における有効性

被相続人が亡くなって相続を開始する場合は、まず遺言書の 有無の確認から始めます。 遺言は、人の生前の意思を死後に実現させるための 手段として制度化されたものです。 民法は、自分の財産を遺言によって自由 …

no image

経営者保証で全財産を失わなくても済むようになる?

中小企業を経営していてお金を借りる場合に ついてくるのが「経営者保証」。これは会社に何か あった場合に社長自らが保証するというもので 会社が倒産した場合、社長が身ぐるみはがされて しまうという恐ろしい …

接客

「おもてなし」を中国は真似できるのか?日本のマニュアルが流出

日本のおもてなしの接客マニュアルが流出して中国で見られているという話が出ています。 読売新聞の記事で出ていました。 流出というと何か大変なことのようにも思えてしまいますが、これは企業秘密というよりは、 …

no image

地震のデマツイートには罰則を

今回の地震でデマツイートが流れたことが 話題になっています。 3.11の際、twitterが有効に活用され、 状況確認や救助に繋がったというのは有名な 話ですが、それが悪用され、今閉じこめられていると …

no image

タブレットを教育に使用

本日のワールドビジネスサテライトでは タブレットを使った教育を使うという内容の特集が されていました。 情報系の学校の場合、1人1題iPad購入が義務付けられて いるところもあるとか。 これは凄く効果 …

アーカイブ