雑記

料理がいまいちうまくいかない方へ

投稿日:

a2S
調理師の視点から見ていると料理下手と言われている人の、
ある欠点に気付くそうです。
それは料理がうまくいかない人達は共通して、味覚は
おかしくないのにレシピがあっても所々で無視する、
あるいは勝手なアレンジを加えてしまう、という事です。

例えば、分量にしてもレシピにある以上はその通りにやらないと、
味がかわってきてしまいます。
それが調味料ならなおさらです。

適宜や適量、少々などといった曖昧な表現だったりする事も
多々あって困りものですが、大抵は入れすぎない限り
食べられないものが完成する程の問題は起こりません。

こういった曖昧な表現に対してできる事は、何度も失敗して
学習するくらいしかなく、味付けがうまくならない方は
失敗を次回に生かせていない場合が多いそうです。

そして調理法の点でも、面倒という理由でその箇所を
勝手に省略してしまい、それが失敗につながる事があるとの事です。

一見無駄に見える工程も、レシピを考案した人的には必ず意味が
あるのでそれを素人目線で省いてしまうのはとても危険な事です。

そして最後に、無駄な材料や調味料を加えてしまう事。
これが最も完成する料理の味をレシピ通りの味から
遠ざけてしまう原因になるそうです。

材料もその料理の味に合っていないものを足せば、
違和感を覚えてしまうし、調味料に至っては味そのものを
かえてしまいます。
しかし困った事に、色々な調味料を加えれば味が複雑に
なって美味しくなると考えている人がけっこういるらしいです。

とにかく、料理がいまいちうまくいかないとお嘆きの方は
シンプルイズベストで、どこまでもレシピに忠実に調理してはいかがでしょうか。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

江戸川乱歩の長編小説の価値と魅力

江戸川乱歩は「探偵小説の祖」と呼ばれ、今もなお多くのファンを 持っている稀有な作家です。 ちなみに「探偵小説」というのは今は死語に近く、「推理小説」と 呼ぶのが一般的です。これは戦後、当用漢字、常用漢 …

no image

サブブログとしてブログスタートです。

サブブログとして当ブログを新たにスタートすることに しました。 というのも、メインで書いていたブログが突然 グーグルの変動によって急激にアクセスが なくなってしまったからです(ノДT) そのまま待って …

no image

食のこだわりは器で分かる

好きなもの食す。 それだけで心は満たさせるものですが、食器によって、より満足を感じる事があります。 例えば、温かい料理がガラスの器に盛られていたら、温かいはずなのに冷たいように感じ、 逆に、冷たいジュ …

no image

王様も楽ではなかった?

王様、といってぱっと浮かぶイメージといえばどんなものでしょう? でっぷり太ってて、王冠を被って、威張ってそうで、庶民とは一切 触れあわない雲の上の人……そんなイメージをお持ちではないですか? でも、実 …

no image

松木さんの役割とは

久しぶりに日本代表を中継で見ました。 オマーン戦です。 ところで松木さんの解説ですが、毎回定番なのですが、 なんとも面白いですよね。 解説をしているようで、いや解説はしているはずなんですが、 実際は他 …

アーカイブ