ビジネス

対面していたつもりがいつの間にか真横に! セールスマン、脅威の心理学

投稿日:

akushuS
セールスマン業界には、共通の裏マニュアルというものが
流通しています。

初めは対面で座って会話していたつもりがいつのまにか
横に座っていた……などという状況は誰でも体験したことが
あるはずです。

これは実は、お客の心を掴むための効果的な手法でもあるのです。
まず販売員はお客様と対面して応対します。

席に着く場合でもテーブルを挟んだ向かいに座るのが普通です。
最初から近くに寄りすぎれば警戒されてしまうのは自明だからです。

そうして対面での会話を進めてから、販売員はテーブルの横、
ちょうどL字型になる位置に移動します。

こうすることで、それまで対面であったが故になんども
ぶつかっていた視線を、自然にずらすことができるようになるのです。

緊張からリラックスへ、気分を上手く誘導するための智慧と
いうものですね。

ここから更に販売員は、お客様の真横にまで移動してきます。
これはL字型の位置ではどうしても『押し』が弱くなるための行動で、
横に座ることで、まるで友達に接するかのような『遠慮』と
いう感情を生じさせ、断りづらくしてしまうのです。

ただし、これを上手くやってのけるためには相当な技術が必用で、
いきなり席を詰めていったら今度はお客様の心が
離れていってしまいます。

そこで販売員はどうするかというと、一旦お茶や史料を
取りに行くなどとの口実を設けて席を立ち、戻ってくるときに
自然に隣に腰かける、という手法を用いるのです。

なんともはや、ただの販売員やセールスマンが、
人間の心理をここまで理解し利用しているとは驚きです。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

ワタミの理念と現実

ワタミ(和民)といえば、居酒屋でもちろん有名ですが、 社長がマスコミに頻繁に出てくることでも有名になっていますよね。 今は実質的な利益を上げているのは介護事業とのことで かなりの多角化を進めているよう …

no image

健康診断を受けないと上司もペナルティに

コンビニのローソンですが、部下の社員が 健康診断を受けなかった場合に、部下のペナルティだけではなく、 上司もペナルティとしてボーナス減額を受けるという ことが発表されています。 健康診断受けぬ社員、上 …

no image

増え続けるコンビニ

私は街の中心部に住んでいて、移動は徒歩が中心です。週に2-3回は歩いて30分 くらいにある公園まで散歩しています。その間街の様子を見ながら歩くのを楽しみ にしています。そしてここ数年コンビニエンススト …

中国にある韓国ロッテが閉鎖 政治リスクが大きすぎる国では?

中国にある韓国ロッテが 20店舗以上も閉鎖になったという話が 出ています。 韓国ロッテが何かしたという話ではなく THAAD配備計画への反発のため 民間企業が影響を受けているという 状態。 ちょっと中 …

no image

第二次産業から第三次産業に代わる経緯

日本企業はかつて高度経済成長期において大量生産という 第二次産業スタイルで栄光を築いてきました。 しかし、今は韓国や中国における海外勢におされ、 経営難に陥る形へと至っています。 このことから今後新し …

カテゴリ

アーカイブ