ビジネス

ホテルマンが持つボールペン 実はこれには隠された秘密があった

投稿日:

memoS1
さわやかで清潔感のある身だしなみがモットーのホテルマン。

彼らは所作のひとつひとつ、それこそ足運びからおじぎの
角度まで徹底的に叩き込まれた、言わば接客のプロフェッショナルです。

そのプロに相応しい応対は、その辺りのファミレスなどとは
比較にもなりません。
例えばフロント係やベルマンなどは、常にメモ帳を持ち歩いて、
自然な会話の中からお客様の趣味などを聞き出し、今後の対応に
役立てるようにしているのだとか。

こういったメモを取る場合、または何らかの注文を伺う場合に
さっと取り出すのがボールペンですが、実はこれにこそ大きな
秘密が隠されていたのです。

ボールペンはそれこそ高いモノなら数万数十万の金額が並ぶ世界です。
普通のボールペンと高級品の違いは、素人でも一目見ればわかります。

しかし一流のホテルマンは、高級品だけを持ち歩いているわけではありません。
実際には安価な価格のボールペンも隠し持っているのです。

いったいなぜそのようなことをしているのかというと、ホテルの
システムに深い理由があったりします
例えばロビーなど人が多く訪れる場所。この辺りに配属されたホテルマンは、
当然ながら高級な部屋だけでなく、ランクの低い一般向けの部屋に
泊まるお客様とも接することになります。

そんな場所で高級なボールペンをこれみよがしに晒してしまえば
「気取っている」という印象を与えかねないのです。

一方、高級レストランやスイートルームがある高層階などでは、
ホテルに高級感を求めるお客様とのみ接することになります。

そこで安物を取り出せば、失望を与えることになるでしょう。
だからこそここでは高級なボールペンのみを用いることが求められるのです。

お客様が求めるものを提供する。これがプロのホテルマンの神髄なのかも
しれません。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

ソニー凋落とアマゾン、アップルの台頭 日本企業の「発想の限界」

英紙がソニーの凋落とアマゾン、アップル等の台頭について 述べています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 英紙フィナンシャルタイムズでジリアン・テット氏がソニーについて書いている。「Why …

no image

従来の広告に変わるツールとは?

偶然発見したサイトについてですが、 従来の広告に変わるツールとは?という文言で 誘導してあり、辿ってみると 「マグネット広告」 というものでした。 従来のチラシは一度見ただけで捨てられてしまう。 マグ …

no image

時給1000円以上のアルバイト

アルバイトの時給は今少しずつ上がってきているように 思います。アベノミクス効果?なのかはわかりませんが 以前であれば850円くらいの職種であっても900円~1000円くらいに なったり、比較的に100 …

no image

デキるビジネスマンは〝名刺〟が違う! 小さな工夫で名刺の効果を100倍にする方法

社会に出れば誰でも最初に作るのが〝名刺〟です。 いまの時代は便利なもので、名刺のテンプレート素材を使えば 自宅のプリンターで必要分が印刷できてしまいます。 そうなってくると名刺に工夫を凝らそうと派手な …

中国にある韓国ロッテが閉鎖 政治リスクが大きすぎる国では?

中国にある韓国ロッテが 20店舗以上も閉鎖になったという話が 出ています。 韓国ロッテが何かしたという話ではなく THAAD配備計画への反発のため 民間企業が影響を受けているという 状態。 ちょっと中 …

アーカイブ