ビジネス

ホテルマンが持つボールペン 実はこれには隠された秘密があった

投稿日:

memoS1
さわやかで清潔感のある身だしなみがモットーのホテルマン。

彼らは所作のひとつひとつ、それこそ足運びからおじぎの
角度まで徹底的に叩き込まれた、言わば接客のプロフェッショナルです。

そのプロに相応しい応対は、その辺りのファミレスなどとは
比較にもなりません。
例えばフロント係やベルマンなどは、常にメモ帳を持ち歩いて、
自然な会話の中からお客様の趣味などを聞き出し、今後の対応に
役立てるようにしているのだとか。

こういったメモを取る場合、または何らかの注文を伺う場合に
さっと取り出すのがボールペンですが、実はこれにこそ大きな
秘密が隠されていたのです。

ボールペンはそれこそ高いモノなら数万数十万の金額が並ぶ世界です。
普通のボールペンと高級品の違いは、素人でも一目見ればわかります。

しかし一流のホテルマンは、高級品だけを持ち歩いているわけではありません。
実際には安価な価格のボールペンも隠し持っているのです。

いったいなぜそのようなことをしているのかというと、ホテルの
システムに深い理由があったりします
例えばロビーなど人が多く訪れる場所。この辺りに配属されたホテルマンは、
当然ながら高級な部屋だけでなく、ランクの低い一般向けの部屋に
泊まるお客様とも接することになります。

そんな場所で高級なボールペンをこれみよがしに晒してしまえば
「気取っている」という印象を与えかねないのです。

一方、高級レストランやスイートルームがある高層階などでは、
ホテルに高級感を求めるお客様とのみ接することになります。

そこで安物を取り出せば、失望を与えることになるでしょう。
だからこそここでは高級なボールペンのみを用いることが求められるのです。

お客様が求めるものを提供する。これがプロのホテルマンの神髄なのかも
しれません。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

残業代請求

本来もらえるはずの残業代がもらえていない人、 残業代に関して一方的に不利な状況にさせられて しまっている人。 このような人がとても多い状況になっていると 聞いています。 労働基準法なんて無意味じゃない …

no image

商店街の復興から見る、新しいビジネスモデル

現在の商店街においてはシャッター通りなど、存続が危ぶまれる現状を抱えています。 商店街の経営が苦しくなっているのは付近に大型店舗が増えているという事も ありますが、他にも店主の高齢化が進み、後継者が見 …

no image

電機小売店のショールーム化について

電子書籍端末のkindleの販売をヤマダ電機が 拒否したということが話題になっています。 amazonの販売端末であり、敵に塩を送ることに なってしまうというのがその理由とのことですが、 確かに言われ …

no image

大企業で働く大変さとは

現在、就職氷河期により、職に就く大変さをよく耳にすると思います。 その中の一つの多くの若い人が3年以内に大企業であるにもかかわらず 退職するという事態が目立っています。 なぜこのような事態が行っている …

no image

なぜセールスマンは〝おデブ〟を狙うのか

道を歩いていると、セールスなどの勧誘に引っかかる 経験は誰にでもあるかとは思いますが、じつは世の中には 〝セールスマンを引き寄せやすい人〟が存在しています。 その人たちは人並み外れた引力でセールスマン …

アーカイブ