ビジネス

知ってトクする スーパーの陳列マル秘テクニック

投稿日:

a2S
スーパーマーケットといえば訪れた人なんてまずいないくらい
日常に密着した店舗です。

世の中にはいろいろなスーパーがありますが、どの店へ行っても
商品の配置はある程度似通っています。

必用なもの、よく利用するものはすぐに見つけることができるよう、
配慮されています。
しかし価格などをよくよく見てみると、目立つ位置にあるからと
いって必ずしも安い商品が置かれているわけではないことに気づきます。

むしろ目線の位置にある商品は、他に比べて割高なものが
多かったりするのです。これはなぜなのでしょう? 

実は、スーパーには様々な店舗に共通する陳列のマル秘テクが
あったのです。そのテクとは『陳列三分割法』と呼ばれているもので、
〝いちばん売りたい商品〟を目線の位置に、〝とっておきの商品〟を
上段に、〝放って置いても売れる安い商品〟を下段に配置する、という方法です。

こうすることで、割高な最高級品は目線の高さより
やや高めに置かれることになり、目に入りづらくなる。

逆に売りたい商品、例えばチラシなどで宣伝した特価品や、
大量入荷した商品、どうしても捌かなければならない在庫品などが
バーンと目立つ目線の高さに置かれることになります。

売れる特価品の横に大して売れない商品を置くことで、一緒に買って
貰おうという作戦ですね。

そして本当に割安な商品は足元の位置に置いておけば、売上げを
調整しつつ、棚を合理的に活用することができる、
ということなのです。

この陳列テクを知っておけば、特価品につられてついつい
割高な商品まで買ってしまう、という事態を避けることができるでしょう。

まさにお店にとってはお客に知られたくない企業秘密というわけです。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

忙しいから勉強できないでは一生勉強できない

社会人の人では勉強をしたくても時間がなく 勉強できないという人がとても多いように思います。 正社員でいられるということが幸せであるような 大変な時代、正社員で生き残ることすらが大変な時代と なってきて …

no image

勉強は質よりも量である

勉強は質よりも量・・・こんなことを言うのと 逆じゃないのか?少ない時間で最大の効果を出すのが 勉強というものじゃないのか?という声が多く聞こえて きそうな気がします。 ただ、冷静に見てみると、この「量 …

キリンビールのキリンフリーが売れていない

キリンのビールが売れなくなった本当の 理由なんて記事が出ていました。 キリンビールのキリンフリーといえば かつて話題となったノンアルコールビール。 当時はまだ他にライバル製品も出そろって いなかったの …

no image

電機小売店のショールーム化について

電子書籍端末のkindleの販売をヤマダ電機が 拒否したということが話題になっています。 amazonの販売端末であり、敵に塩を送ることに なってしまうというのがその理由とのことですが、 確かに言われ …

no image

中途採用面接を通過するためには

今この就業状況の中、やむなく新しい会社を 探して転職するという人、また現状の会社での限界を 感じて次の就職先を探すという人も多いのではないでしょうか。 中途採用に関しては新卒のときと違い、 これまでの …

アーカイブ