雑記

「日本女優番付」を考えてみました

投稿日:

memo1228
相撲の番付にならって、江戸から明治のころまでは、いろいろな分野で「
番付」が作られました。たとえば料理屋。
たとえば噺家。この辺は「なるほど」と思いますが、ほかにも、
金魚の番付や「おもと」(江戸時代にはやった植物)の品種の番付なんて
いうものまであります。

そこで、私は、「個人趣味的、日本女優番付」を考えてみました。
まず東の横綱は「初代水谷八重子」。
今の二代目のお母さんです。新派の大女優。美貌と独特のハスキーボイス。
所作の完璧な美しさ。芸歴の長さ、影響力。どれをとっても際立った、
まさに大女優だと思います。その稀有な味は「はかなさ」。
それまで新派は女形オンリーでしたから、生身の女でしか表現できない
はかなさは、彼女の独壇場だったと思います。

次に、西の横綱。これは迷います。評価のしようがない時代の川上音奴、
松井須磨子はとりあえず「行司役」として別格扱いとすることにして、
迷った末、昨年亡くなった山田五十鈴を選びました。

お父さんは新派の女形。五十鈴は子供のころから父の舞台に出て、
旅回りもしたそうです。

色気ということでは、歴代ナンバーワンでしょう。美人というより、
いわゆる男好きする魅力的なうりざね顔。そしてあのすがれた声。

映画女優として頂点に立ち、後半生は舞台で他の追随を許さない「芸」を見せた。
花柳章太郎、長谷川一男、尾上松緑と、彼女にまつわるビッグネームも群を抜いています。
次に東の大関。これは杉村春子。実はこの人と山田五十鈴と迷ったのです。

文座の、というより日本新劇界のシンボル女優でした。
芸歴の長さと「うまさ」において際立った女優でした。
晩年になっても「青春」の味のうすれない人でした。とくに新派に客演したとき、
初役で演じた「女系図」の芸者小芳は、その立派な顔といい、
情味といい、傑出していたと思います。

こんな調子で書いていくと、「大論文」になりそうなので、あとは順番は無関係で、
ノミネート女優を思いつくままに。川田芳子、栗島すみ子、岡田嘉子、田中絹代、
東山千栄子、市川翠扇、細川ちか子、京マチ子、淡島千景と、きりがありません。
また、出直してまいります。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

「千両千両」、酒と詩に生きた奇人

幕末から明治にかけて生きた俳人、井上井月(せいげつ)。 あまり知られた名前ではありませんが、例えば、つげ義春の 『無能の人』の中に登場する放浪の俳人、といえば 漫画好きの人は「ああ、あの人か」と気づく …

no image

首都圏の雪予報は気象予報泣かせ

2013年の成人の日、首都圏など普段雪が降らない太平洋側に かなりまとまった量の雪が降るという予想外の天候でしたが、 それについて気象庁がその翌日異例の”釈明会見”を行いました。 当初気象庁の発表した …

no image

手が電話器になる手袋が発売

自分の手が電話器になる手袋が発売されると いうことでニュースがありました。 正確には手袋が電話器になるということです。 自分の手が受話器になる手袋「hi call http://iphone-case …

no image

湯たんぽであったかエコ生活

寒い日が続きますね。1月になると新春だ、新春だ、と春と いわれるのにちっとも暖かくなりません。 それもそのはず、1月には大寒があり、1月から2月は1年で 最も寒い時期でもあるのです。 そんな寒い時期に …

no image

モバイル会員への誘導

最近、モバイル会員へ誘導するようなお店が 増えてきていませんか? メジャーどころであれば、ユニクロ・ジーユーも やっていますし、スーツカンパニー等もやっていますし 飲食店系は知っているだけで数多くあり …

カテゴリ

アーカイブ