芸能

ジャニーズ文化を論ずる。スマップが分水嶺。

投稿日:


ジャニーズは戦後、現会長のジャニー喜多川氏がプロデュースした、
最初は少年野球のチームでした。

それが、「歌って踊れる男の子たち」として、デビュー。
それえが初代ジャニーズ。水戸黄門でなじみのあるあおい輝彦がそのメンバーでした。

その後輩がフォーリーブス。次いで郷ひろみ。さらに川崎麻世。この世代は、
グループでなく一人のスターを輩出。
「アイドル」というのはこの少しあとから一般的になった
呼称ではないでしょうか。当時は「スター」というのが普通だったようです。

つぎに「たのきんトリオ」が出ます。このネーミングからもわかるように、
バラエティ色の加味された「アイドル」の時代に入っていきます。

少年隊、シブガキ隊、男闘呼組、とここから完全グループ制の時代になります。
理由はわかりませんが、ジャニーズ人気が定着して、事務所への入所応募者も増え、
当然ジュニアメンバーも増え、その対策として複数で売り出すという
会社の判断があったのではないかと思われます。

ジャニーズの「アイドル文化」の頂点に立つグループが、ここで登場します、
それが「光GENJⅠ」。
ジャニーズのというより日本の男性アイドル史の頂点に立つのは、
彼らにちがいありません。

「パラダイス銀河」はその象徴的な曲でしょう。「しゃかりきコロンブス」、
これがキーワードです。
それまでのアイドル歌謡に、こんな意味不明な、い
わば「サザン的、桑田的」歌詞が登場したことはありません。これは革命でした。

ところが、空前の人気を誇った彼らが、時代の渦に飲み込まれるようにして消える。
入れ替わるように出てきたのが、スマップ。

ここで、もう一つの革命。さらにいえば唯一の分水嶺が現れます。
バラエティのМCが、むりなく勤まるジャニーズの出現です。

それにはもちろん、「中居クン」の存在が大きいわけですが、
ほかのメンバーも、キムタク以外は、МCの役で番組が持てるという、
それまでのジャニーズなかった領域を、自分たちのものにしたのでした。

もちろんそれ以前にも、ジャニーズのバラエティはありました。
けれどそのすべては、一過性の「学芸会」にすぎませんでした。
彼らはいわば、ジャニーズ初の「プロのバラエティタレント」となったのです。

番組で「芸」を見せてそれが通用したのはスマップが初めてです。
それが、後輩の嵐にも継承されている、といいたいところですが
、残念ながら、嵐には芸はありません。

ただ「人柄」だけがあります。これ一本でどこまで行けるのか、
興味深くはあります。

adsense

adsense

-芸能

執筆者:

関連記事

no image

団十郎さんの訃報に接し、願うこと。

歌舞伎俳優の市川団十郎さんが亡くなりました。 中村勘三郎さんに続き、歌舞伎界はまた大きな柱を一本失ったことになります。 テレビのワイドショーで団十郎さんの訃報を取り上げているのを いくつか見ましたが、 …

no image

勇者ヨシヒコと金八先生!?

今週も勇者ヨシヒコを見てしまいました。 以前に見て気に言ったので今回の続編も 始まっていることに気づいてみ始めているんですけど やはり面白いですよね。 深夜枠の低予算ということで、 安っぽい中でのドラ …

no image

ももいろクローバーがマガジン表紙に

今週(本日発売)の少年マガジンはももいろクローバーZが 表紙になっています。 ついにといいますが、最近ももクロの進出が凄まじく なっているのを感じます。 「ももいろクローバー マガジン表紙」 なんて検 …

ASKAの新レーベル設立は大丈夫なのか?成功できる?

ASKAが新レーベルを設立するということを 発表して、またネット上では大きな話題に なっています。 不起訴になったということで司法上は容疑は 晴れたということでどんな活動をしようと 自由であるはずです …

no image

AKBの河西智美 写真集の発売まで白紙に

AKBの河西智美の写真の問題でヤングマガジンが 前代未聞の発売延期となったことは既にこのブログでも 述べましたが、それだけではなく写真集の発売まで 白紙になったという内容が報道されています。 (参照) …

アーカイブ