芸能

ジャニーズ文化を論ずる。スマップが分水嶺。

投稿日:


ジャニーズは戦後、現会長のジャニー喜多川氏がプロデュースした、
最初は少年野球のチームでした。

それが、「歌って踊れる男の子たち」として、デビュー。
それえが初代ジャニーズ。水戸黄門でなじみのあるあおい輝彦がそのメンバーでした。

その後輩がフォーリーブス。次いで郷ひろみ。さらに川崎麻世。この世代は、
グループでなく一人のスターを輩出。
「アイドル」というのはこの少しあとから一般的になった
呼称ではないでしょうか。当時は「スター」というのが普通だったようです。

つぎに「たのきんトリオ」が出ます。このネーミングからもわかるように、
バラエティ色の加味された「アイドル」の時代に入っていきます。

少年隊、シブガキ隊、男闘呼組、とここから完全グループ制の時代になります。
理由はわかりませんが、ジャニーズ人気が定着して、事務所への入所応募者も増え、
当然ジュニアメンバーも増え、その対策として複数で売り出すという
会社の判断があったのではないかと思われます。

ジャニーズの「アイドル文化」の頂点に立つグループが、ここで登場します、
それが「光GENJⅠ」。
ジャニーズのというより日本の男性アイドル史の頂点に立つのは、
彼らにちがいありません。

「パラダイス銀河」はその象徴的な曲でしょう。「しゃかりきコロンブス」、
これがキーワードです。
それまでのアイドル歌謡に、こんな意味不明な、い
わば「サザン的、桑田的」歌詞が登場したことはありません。これは革命でした。

ところが、空前の人気を誇った彼らが、時代の渦に飲み込まれるようにして消える。
入れ替わるように出てきたのが、スマップ。

ここで、もう一つの革命。さらにいえば唯一の分水嶺が現れます。
バラエティのМCが、むりなく勤まるジャニーズの出現です。

それにはもちろん、「中居クン」の存在が大きいわけですが、
ほかのメンバーも、キムタク以外は、МCの役で番組が持てるという、
それまでのジャニーズなかった領域を、自分たちのものにしたのでした。

もちろんそれ以前にも、ジャニーズのバラエティはありました。
けれどそのすべては、一過性の「学芸会」にすぎませんでした。
彼らはいわば、ジャニーズ初の「プロのバラエティタレント」となったのです。

番組で「芸」を見せてそれが通用したのはスマップが初めてです。
それが、後輩の嵐にも継承されている、といいたいところですが
、残念ながら、嵐には芸はありません。

ただ「人柄」だけがあります。これ一本でどこまで行けるのか、
興味深くはあります。

adsense

adsense

-芸能

執筆者:

関連記事

パーマ大佐の森のくまさん 慰謝料請求される そこまでするのか?

パーマ大佐が歌う森のくまさんの DCが原作者からCDの回収と 慰謝料300万円を求められたと されています。 今後訴訟に発展するおそれも あるということ。 適切な手続きをしていなかった パーマ大佐も悪 …

no image

ほっしゃん。が離婚していた

お笑いタレント・ほっしゃん。(41)が9月末に離婚していたそうです。 ほっしゃん。は一般人女性と10年以上の交際の末、2007年に結婚し、 09年には長男が誕生していましたが、10年ごろから代理人を立 …

no image

生放送の火曜曲

今日の火曜曲は4時間生放送ライブでした。 毎回見ているわけではなくて、たまに見ているくらい なんですけど、今日のはちょっとグダグダじゃありませんでした? せっかくアスリートの方を呼んでいるのに いまい …

no image

秋元康の頭の中はどうなっているのか?

秋元康氏の頭の中はどうなっているのか? これには凄く興味があります。AKBというあそこまでのアイドル グループを作り上げた実績はとんでもないと思いますけど、AKBが 一発目の偶然ではなく、過去のおニャ …

no image

勇者ヨシヒコと金八先生!?

今週も勇者ヨシヒコを見てしまいました。 以前に見て気に言ったので今回の続編も 始まっていることに気づいてみ始めているんですけど やはり面白いですよね。 深夜枠の低予算ということで、 安っぽい中でのドラ …

アーカイブ