雑記

自費出版と共同出版

投稿日:

021935
売れない作家や小説家が自分の小説やエッセイ、
詩などの作品を本にして、自費出版することが間々あります。

自費出版とは、執筆や編集、印刷、販売などの全てのプロセスに
おける費用を自分で負担し、且つ発行者としての責任も持つ
出版方法のことです。

現在では、自費出版専門業者も数多くあるので、
執筆だけを自分で行い、他の作業は業者に任せる方法もあります。

自費出版の場合は、数ページの小冊子でもない限り、全てを自分で行うのは、
現実的にはかなり無理があります。
印刷・製本に対する幅広い知識が必要ですし、業者との確認作業も欠かせません。
販売に関しても、本屋に卸すことはほぼ不可能なので、自分ですべて
売りさばかなければなりません。

そこで、最近は共同出版という新しい形での自費出版が増えています。

共同出版とは、投稿や持込みなどによって出版社に集まった原稿の中に、
「採算面でリスクは持てないが、自社の出版物としてふさわしい内容ではある」と
思える作品があった時に、著者に初版にかかる全ての費用を出してもらう代わりに、
出版社の責任で出版する方法です。
最近では、大手の出版社でも採用するようになっています。

共同出版の場合は、個人で行う自費出版とは異なり、出版社の持つ
流通ルートに乗って全国の書店に並び、売上に応じて著者に印税が支払われます。

また、発行者が出版社になるので、内容における責任についても出版社が
負うことになります。
つまり、形的には店頭に並んでいる一般の書籍とほとんど変わりません。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

制服は必要か否か

アメリカでも制服が導入される学校が 増えているということで、学校の制服が そもそも必要なのかどうか?という点で議論したところ、 賛成50%、反対50%と賛否両論になっているそうです。 参考 アメリカ人 …

no image

クレジットカードでムリなくポイントを貯めるひと手間

クレジットカードの特典といえばなんといってもポイントですよね。 ポイントが貯まれば、そのポイントで欲しい商品や商品券に交換できるので ちょっとお得な気分になりますよね。 しかし、ポイントのためにショッ …

no image

レッドブルの効果は本当!?

レッドブルって実際に効果あるの? なんて掲示板で会話がなされているのを見ました。 私もレッドブルは何度か飲んだことがあります。 一時期は都心でプロモーションとして無料で配っていた 時期もありましたね。 …

no image

環境を守るキーワードは「3つのR」

ゴミを減らし、環境を守るキーワードは、 リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の 3Rです。 最も優先すべきことはリデュース=ゴミを持ち込まない、 ゴミを回避 …

no image

空中浮揚がインチキだと証明

例の空中浮揚写真がインチキだと証明され、 殺害計画を出されたという弁護士が テレビで話しているのを見ました。 4度も危険な目にあったということです。 このような内容を今はテレビで暴露しても 大丈夫なの …

アーカイブ