雑記

自費出版と共同出版

投稿日:

021935
売れない作家や小説家が自分の小説やエッセイ、
詩などの作品を本にして、自費出版することが間々あります。

自費出版とは、執筆や編集、印刷、販売などの全てのプロセスに
おける費用を自分で負担し、且つ発行者としての責任も持つ
出版方法のことです。

現在では、自費出版専門業者も数多くあるので、
執筆だけを自分で行い、他の作業は業者に任せる方法もあります。

自費出版の場合は、数ページの小冊子でもない限り、全てを自分で行うのは、
現実的にはかなり無理があります。
印刷・製本に対する幅広い知識が必要ですし、業者との確認作業も欠かせません。
販売に関しても、本屋に卸すことはほぼ不可能なので、自分ですべて
売りさばかなければなりません。

そこで、最近は共同出版という新しい形での自費出版が増えています。

共同出版とは、投稿や持込みなどによって出版社に集まった原稿の中に、
「採算面でリスクは持てないが、自社の出版物としてふさわしい内容ではある」と
思える作品があった時に、著者に初版にかかる全ての費用を出してもらう代わりに、
出版社の責任で出版する方法です。
最近では、大手の出版社でも採用するようになっています。

共同出版の場合は、個人で行う自費出版とは異なり、出版社の持つ
流通ルートに乗って全国の書店に並び、売上に応じて著者に印税が支払われます。

また、発行者が出版社になるので、内容における責任についても出版社が
負うことになります。
つまり、形的には店頭に並んでいる一般の書籍とほとんど変わりません。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

THE MANZAIの復活を望む

お笑いが好きで、昔からお笑い番組を楽しみにしていました。 最近、少し残念に思うのが、お笑いでデビューした人達が、 有名になってくるとお笑いの仕事をしなくなって、司会やMCになってしまうことです。 それ …

no image

隠棲の俳人尾崎放哉、と山頭火

尾崎放哉は明治、大正期の自由律の俳人です。荻原井泉水門下で、 同門下には放浪の俳人として今も人気の高い種田山頭火がいます。 帝大を出て生命保険会社に就職、支店長まで行きましたが、 酒乱の傾向があり、辞 …

no image

カイロウドウケツとドウケツエビ

カイロウドウケツという動物をご存じでしょうか。 カイロウドウケツは、深い海の底に住んでいる海綿の一種です。 人間の髪の毛ほど細い繊維状のガラスが繊細に織り合わされた、 円柱形の籠のような形をしています …

no image

nexus7のCMがiPadとそっくり

nexus7のCMって見たことがありますか? iPadとそっくりだと思いませんか? 何気なく見ていて、新しいバージョンのiPadが 出たんだなあ、なんて思っていました。 そうしたら最後にロゴで 「go …

ペットドライルームの口コミは?犬用専用ドライヤー代わりに

ペットで犬を飼っているという方、ドライヤーの反応はどんな感じですか? ペットの犬にドライヤーをかけるということは、お風呂あがり、汚れを落とすたびに毎回ということになりますが、犬にとってはストレスを与え …

アーカイブ