雑記

誰でも出来る!朝出勤までの時間が快適に進む方法

投稿日:

yattaneS
平日、朝からあなたは、出勤時間に追われて、
バタバタとせわしなく動いていませんでしょうか?
そんな時に限って、テレビを消すリモコンが見つからなかったり、
ストッキングが電線してたり、イライラが最高潮になったり…。

私もかつてはそうでした。
早起きは今でも苦手です。

毎日限られた朝の時間を、
極力ストレスを感じることなく、
淡々とこなし、
落ち着いたメンタルで出勤をしたいものですよね。

こうした、朝の良いスタートダッシュを切れるようになる、
とても簡単な方法を紹介します。

それは、
「スマートフォンのアラームを使って、
朝の行動を分刻みでアラームで伝える」
ということです。

まずは目覚まし。
この時、アラームのメッセージを、「起床時間」ではなく、
「調子はどう?」など、自分に優しい言葉が出るように設定しておくと、
起きる瞬間の最大のストレスが和らぎます。

さらに、
お茶を沸かす時間、
顔を洗い髪を整える時間、
お化粧して着替える時間、
お茶を飲む時間、
と、短い40分ほどの間に次々とアラームが鳴らし、
最後に、
「Have a nice day!」とメッセージ設定したアラームが鳴ったら、
さあ!出勤時間です。

一連の行動、タイムリミット優先で動きます。
それぞれ、100点満点でなくても、時間が来たら切り上げます。
お化粧は出来たとこまで、
お茶は飲めたとこまで、
ダラダラ長引くと、結局後が詰まるもの。
アラームが鳴ると、腹八分目で諦めよう、と、気持ちの切り替えがうまくいき、
今まで行っていた動作の無駄が自然に無くなっていきます。

最後に、アラームの音も工夫することをオススメします。

まず起きる時の音は、
優しい癒し系の音を。
やかましく起こされると不快です。

出勤の音は、私の場合、学校のチャイムのような音にしています。
学生時代の、チャイムで動かされていた本能が働き、
気持ちが出社モードになるので、
オススメのサウンドです。

朝、効率的になりたいなら、
まるでロボットみたいに、自分を時間の中に当て込むこと。
最初はいちいちアラームが鳴ると、
いちいち消さなくてはならないので、
うっとおしい気がしますが、
一週間もすると、無いとかえって不快にさえなります。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

江戸川乱歩の長編小説の価値と魅力

江戸川乱歩は「探偵小説の祖」と呼ばれ、今もなお多くのファンを 持っている稀有な作家です。 ちなみに「探偵小説」というのは今は死語に近く、「推理小説」と 呼ぶのが一般的です。これは戦後、当用漢字、常用漢 …

no image

エコとかけ離れるプリンター

あまり、部屋に大きなものを置きたくないので パソコンはノート、プリンターはモバイル、スキャナーはハンディと 比較的場所の取らないものばかりにしていました。 プリンターもかなり年数を使っていましたが 大 …

no image

ユニクロのフリースを着て外出できない

今はユニクロのフリースを着て外出する人ってほとんど見かけないですよね。 近所の買い物等でしたらわからないですけど、少なくとも都心にフリースを 着ていってファッションの1つだとはあまり認識してもらえない …

no image

緊急地震速報の訓練はありなのか?

本日、渋谷区で緊急地震速報の訓練が あったそうです。 渋谷区にいた人はマナーモードにも関わらず 音が流れて騒然としたとのこと。 渋谷区に居住している人にはもしかすると 事前に告知があって周知されていた …

no image

昭和30年代の落語界。文楽、志ん生に、圓生が加わって。

10年くらい前からでしょうか。「落語ブーム」ということが しばしば言われるようになりました。 林家正蔵襲名、銀座落語会、あるいはテレビドラマ 「タイガー&ドラゴンん」など、落語が若い人にも身近になって …

アーカイブ