雑記

誰でも出来る!朝出勤までの時間が快適に進む方法

投稿日:

yattaneS
平日、朝からあなたは、出勤時間に追われて、
バタバタとせわしなく動いていませんでしょうか?
そんな時に限って、テレビを消すリモコンが見つからなかったり、
ストッキングが電線してたり、イライラが最高潮になったり…。

私もかつてはそうでした。
早起きは今でも苦手です。

毎日限られた朝の時間を、
極力ストレスを感じることなく、
淡々とこなし、
落ち着いたメンタルで出勤をしたいものですよね。

こうした、朝の良いスタートダッシュを切れるようになる、
とても簡単な方法を紹介します。

それは、
「スマートフォンのアラームを使って、
朝の行動を分刻みでアラームで伝える」
ということです。

まずは目覚まし。
この時、アラームのメッセージを、「起床時間」ではなく、
「調子はどう?」など、自分に優しい言葉が出るように設定しておくと、
起きる瞬間の最大のストレスが和らぎます。

さらに、
お茶を沸かす時間、
顔を洗い髪を整える時間、
お化粧して着替える時間、
お茶を飲む時間、
と、短い40分ほどの間に次々とアラームが鳴らし、
最後に、
「Have a nice day!」とメッセージ設定したアラームが鳴ったら、
さあ!出勤時間です。

一連の行動、タイムリミット優先で動きます。
それぞれ、100点満点でなくても、時間が来たら切り上げます。
お化粧は出来たとこまで、
お茶は飲めたとこまで、
ダラダラ長引くと、結局後が詰まるもの。
アラームが鳴ると、腹八分目で諦めよう、と、気持ちの切り替えがうまくいき、
今まで行っていた動作の無駄が自然に無くなっていきます。

最後に、アラームの音も工夫することをオススメします。

まず起きる時の音は、
優しい癒し系の音を。
やかましく起こされると不快です。

出勤の音は、私の場合、学校のチャイムのような音にしています。
学生時代の、チャイムで動かされていた本能が働き、
気持ちが出社モードになるので、
オススメのサウンドです。

朝、効率的になりたいなら、
まるでロボットみたいに、自分を時間の中に当て込むこと。
最初はいちいちアラームが鳴ると、
いちいち消さなくてはならないので、
うっとおしい気がしますが、
一週間もすると、無いとかえって不快にさえなります。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

山田五十鈴の「たぬき」。そのモデルの人生

昨年亡くなった名女優山田五十鈴。女優というより「最後の女役者」と 呼んだほうがしっくりきます。 本領はもともと映画ですが、後年舞台にシフトしていきました。 舞台の代表作は「たぬき」。山田五十鈴が演じる …

no image

首都圏の雪予報は気象予報泣かせ

2013年の成人の日、首都圏など普段雪が降らない太平洋側に かなりまとまった量の雪が降るという予想外の天候でしたが、 それについて気象庁がその翌日異例の”釈明会見”を行いました。 当初気象庁の発表した …

no image

一週間の料理献立を楽しく正しくたてよう

主婦が一週間の献立を考えるのは、案外難しいものです。 家族の好きなものを取り入れながらも、栄養には 配慮しなくてはなりません。 好き嫌いのない夫婦二人分ならそう苦労もないですが、 三世帯同居ともなると …

no image

心の声を言葉へと表して書くという事の大切さ

現代では、ブログやフェイスブックといった便利なツールがあるので、 日々自分が思った事を言葉に表しながら、世界中へと発信する事が 簡単にできるようになりました。 心の声を言葉へと表して書いていくという作 …

no image

オスプレイは驚異的な機能を持った輸送機

先日沖縄の米軍基地に配備された「オスプレイ」に対し、 今でも安全問題に不安があるということで反対運動が起きています。 オスプレイとは、垂直離着陸輸送機「V-22」の愛称であり、 1989年に初飛行され …

アーカイブ