ビジネス

ビジネスにおけるブランド戦略の考え方

投稿日:

shiryouS
ブラント戦略は消費者が構築するものではなく、創造者が
中心となり実行すべきものと考えています。

真のブランドとは、ロゴとかマークではなく、創造者の理念と
行動が伴わなければ達成することはないと考えるからです。

現在の「ブランド」という言葉からイメージできるものは
まるで魔法のような期待感です。

ブランド力があれば、何もしなくても皆がハッピーに
なれるように思えてしまいます。

「ブランド構築します」などと言われれば誰もが
飛びつきたくなるのは無理もありません。


ブランドとは、競争相手の製品等と識別化または差別化するための
ネーム、ロゴ、マーク、シンボル、パッケージ・デザインなどの
標章と定義されますが、悲しいことにその構築段階において、
内容やプロセスに目をやらないで、その最終形のロゴやマークだけに
視点が行きやすい性質があります。
ブランド戦略の失敗の始まりは、まさにここにあるような気がします。

ブランド戦略に関して私の考えを述べます。ブランドとは、
ブランド(ネーム、ロゴ、マーク、シンボル、パッケージ・デザイン)に
よってイメージアップされるのではなく、ブランドの名にかけても
顧客に高いサービスを提供しようとする、創造者の姿勢、内容、行動、プロセス等が
消費者に伝わったとき、そこで始めてブランドは価値を創造し始めるものと考えます。

そして継続的改善を伴う姿勢こそ、将来への大きな期待をイメージ付け、
光輝くブランドが構築されるものと思われます。

ブランドとは企業と顧客の両者において、お互いが共有する価値観を
象徴化したものと捉えると大きく前進します。

もし中身が無ければ、先に宣言してから中身
(サービス基準、品質の高さ、デザイン、機能の革新性等)を
後追いで作っていくということです。

顧客は決して結果だけでついてくるのではなく将来の期待値や
価値観や行動プロセスに感化されることも大いにあるという事です。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

第二次産業から第三次産業に代わる経緯

日本企業はかつて高度経済成長期において大量生産という 第二次産業スタイルで栄光を築いてきました。 しかし、今は韓国や中国における海外勢におされ、 経営難に陥る形へと至っています。 このことから今後新し …

no image

1人1人が店を持つことができる時代

本日のワールドビジネスサテライトで 特集していた1人1人が店を持つことが できるという話。 ブラケット、アラタナ、ヤフーバザールと オンラインのお店が紹介されており非常に 参考になるものでした。 ヤフ …

no image

デキるビジネスマンは〝名刺〟が違う! 小さな工夫で名刺の効果を100倍にする方法

社会に出れば誰でも最初に作るのが〝名刺〟です。 いまの時代は便利なもので、名刺のテンプレート素材を使えば 自宅のプリンターで必要分が印刷できてしまいます。 そうなってくると名刺に工夫を凝らそうと派手な …

キリンビールのキリンフリーが売れていない

キリンのビールが売れなくなった本当の 理由なんて記事が出ていました。 キリンビールのキリンフリーといえば かつて話題となったノンアルコールビール。 当時はまだ他にライバル製品も出そろって いなかったの …

no image

自己啓発と時間の価値

世の中には「投資」という言葉があります。 今持っている貴重なお金等の資源を投入する代わりに 将来、その投資したものを上回るリターンを得るというものです。 ここには時間の価値というものが存在していて、 …

アーカイブ