ビジネス

ビジネスにおけるブランド戦略の考え方

投稿日:

shiryouS
ブラント戦略は消費者が構築するものではなく、創造者が
中心となり実行すべきものと考えています。

真のブランドとは、ロゴとかマークではなく、創造者の理念と
行動が伴わなければ達成することはないと考えるからです。

現在の「ブランド」という言葉からイメージできるものは
まるで魔法のような期待感です。

ブランド力があれば、何もしなくても皆がハッピーに
なれるように思えてしまいます。

「ブランド構築します」などと言われれば誰もが
飛びつきたくなるのは無理もありません。


ブランドとは、競争相手の製品等と識別化または差別化するための
ネーム、ロゴ、マーク、シンボル、パッケージ・デザインなどの
標章と定義されますが、悲しいことにその構築段階において、
内容やプロセスに目をやらないで、その最終形のロゴやマークだけに
視点が行きやすい性質があります。
ブランド戦略の失敗の始まりは、まさにここにあるような気がします。

ブランド戦略に関して私の考えを述べます。ブランドとは、
ブランド(ネーム、ロゴ、マーク、シンボル、パッケージ・デザイン)に
よってイメージアップされるのではなく、ブランドの名にかけても
顧客に高いサービスを提供しようとする、創造者の姿勢、内容、行動、プロセス等が
消費者に伝わったとき、そこで始めてブランドは価値を創造し始めるものと考えます。

そして継続的改善を伴う姿勢こそ、将来への大きな期待をイメージ付け、
光輝くブランドが構築されるものと思われます。

ブランドとは企業と顧客の両者において、お互いが共有する価値観を
象徴化したものと捉えると大きく前進します。

もし中身が無ければ、先に宣言してから中身
(サービス基準、品質の高さ、デザイン、機能の革新性等)を
後追いで作っていくということです。

顧客は決して結果だけでついてくるのではなく将来の期待値や
価値観や行動プロセスに感化されることも大いにあるという事です。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

年下上司にタメ口を使う人

今や珍しくない年下上司ということで 敬語で話すのかタメ口なのかということでの 話題がありました。 参考データによるとタメ口がアリが20.4%、 ナシが79.6%となっています。 参考 今や珍しくない「 …

no image

対面していたつもりがいつの間にか真横に! セールスマン、脅威の心理学

セールスマン業界には、共通の裏マニュアルというものが 流通しています。 初めは対面で座って会話していたつもりがいつのまにか 横に座っていた……などという状況は誰でも体験したことが あるはずです。 これ …

中国にある韓国ロッテが閉鎖 政治リスクが大きすぎる国では?

中国にある韓国ロッテが 20店舗以上も閉鎖になったという話が 出ています。 韓国ロッテが何かしたという話ではなく THAAD配備計画への反発のため 民間企業が影響を受けているという 状態。 ちょっと中 …

no image

一寸先は闇を生きる

2013年が始まりました。 2013年に生き抜くことのできる人材とは 何だろうか? ということで、文書をいろいろと見ていたところ 元NTTドコモでiモードを開発したあの夏野氏の 言葉で、一寸先は闇なん …

no image

「NAVERまとめ」のインセンティブ制度の変更

「NAVERまとめ」のインセンティブ制度がげ変更されて、 アクセスの質重視に変わるということです。 確かに質に関してはかなり怪しいものが 見受けられたように思います。 著作権等も本当にこれはいいのか! …

アーカイブ