ニュース

軽好調のホンダの贅沢な悩み

投稿日:

026118
2012年の新車販売台数でトヨタに次ぐ2位に躍り出て
絶好調のように見えるホンダですが、その裏には手放しでは
喜べない事情もあるようです。

新型軽ワゴンの「NーBOX」が好調な反面、登録車(普通車)では
日産にも及ばない状況で、ホンダの”アキレス腱”となっています。

背景にあるのは主力のコンパクトカー「フィット」が
モデル末期にあることです。

エコカー補助金終了後はどこも販売台数は大幅に落ち込みましたが、
トヨタが新型ハイブリッド「アクア」などで攻勢をかけたのに対して、
ホンダは「フィット」が伸び悩んだことが登録車の販売不振に輪をかけました。

さらに好調な「NーBOX」の販売状況により、販売店も軽自動車の
販売に力を入れたことが皮肉にもさらに「フィット」の苦戦に
貢献してしまいました。

ホンダだけでなく各社とも「第3のエコカー」などと言って
軽自動車の販売には力を入れていましたし、長引く不況で手頃な価格の
軽自動車に人気が集まったこともありまた、コンパクトとはいえ
登録車である「フィット」には税金面などでの不利な面など、
様々な面で逆風が吹きました。

ホンダは2013年秋にも新型「フィット」の販売を予定しているとのことで、
またこの「フィット」には新開発のハイブリッドエンジンの搭載を
予定しているそうで、巻き返しに期待がかかります。

しかし逆に言うと、新型「フィット」が出るまでは登録車に関しては
この苦境が当分続く可能性が高いということです。

軽自動車が好調なだけでも十分で贅沢な悩みのような気もしますが、
登録車でも他社に勝ちたいというのはホンダの誇りなのかもしれません。

adsense

adsense

-ニュース

執筆者:

関連記事

no image

教科書検定と義務化の見直しについて

義務教育を1年前倒しにするという内容と 教科書の内容を見直すというものが 自民改革案として提示されています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 参考 5歳児教育を義務化=教科書検定見直し-自民 …

宇宙に行ける日、未来が再びくるのか?私達は宇宙に行ける?

久々にNASAからの面白いニュースが 出て話題になっていますね。 7つの地球サイズの惑星が39光年先に 発見し、そのうち3つは生命が存在可能な 可能性があるということ。 やっぱりこういった話は夢があっ …

no image

北朝鮮のミサイル打ち上げ成功への感想

北朝鮮がミサイルの打ち上げに成功したと、号外まで出てしまいました。 それまでの、報道はなんだったのでしょう。 ロケットの解体をしているとか、打ち上げを29日に延期するとか。 情報を受け取っている国民に …

安倍首相はトランプとのゴルフはするべきかどうか?

安倍首相の訪米時にトランプ米大統領との ゴルフをする計画というのは出ていましたが 賛否両論になっているそうですね。 確かに今のトランプの政策に素直に 賛成しているようにも見えますし、 ゴルフというとい …

半沢直樹を手本にする銀行

半沢直樹を手本にしてほしいと 三井住友銀行が呼びかけたということが 紹介されていますね。 部下の手柄は上司の手柄、上司の失敗は 部下の責任とするような上司はいない、ということです。 本当に本当でしょう …

アーカイブ