ニュース

軽好調のホンダの贅沢な悩み

投稿日:

026118
2012年の新車販売台数でトヨタに次ぐ2位に躍り出て
絶好調のように見えるホンダですが、その裏には手放しでは
喜べない事情もあるようです。

新型軽ワゴンの「NーBOX」が好調な反面、登録車(普通車)では
日産にも及ばない状況で、ホンダの”アキレス腱”となっています。

背景にあるのは主力のコンパクトカー「フィット」が
モデル末期にあることです。

エコカー補助金終了後はどこも販売台数は大幅に落ち込みましたが、
トヨタが新型ハイブリッド「アクア」などで攻勢をかけたのに対して、
ホンダは「フィット」が伸び悩んだことが登録車の販売不振に輪をかけました。

さらに好調な「NーBOX」の販売状況により、販売店も軽自動車の
販売に力を入れたことが皮肉にもさらに「フィット」の苦戦に
貢献してしまいました。

ホンダだけでなく各社とも「第3のエコカー」などと言って
軽自動車の販売には力を入れていましたし、長引く不況で手頃な価格の
軽自動車に人気が集まったこともありまた、コンパクトとはいえ
登録車である「フィット」には税金面などでの不利な面など、
様々な面で逆風が吹きました。

ホンダは2013年秋にも新型「フィット」の販売を予定しているとのことで、
またこの「フィット」には新開発のハイブリッドエンジンの搭載を
予定しているそうで、巻き返しに期待がかかります。

しかし逆に言うと、新型「フィット」が出るまでは登録車に関しては
この苦境が当分続く可能性が高いということです。

軽自動車が好調なだけでも十分で贅沢な悩みのような気もしますが、
登録車でも他社に勝ちたいというのはホンダの誇りなのかもしれません。

adsense

adsense

-ニュース

執筆者:

関連記事

no image

トヨタの技術満載の自動走行車

トヨタが米ラスベガスで、同社としては初めての自動走行車を 公開したという記事がありました。 天井やフロントバンパーに搭載したレーザーやカメラを使い、 他の車や道路状況、信号などの情報を総合的に勘案して …

no image

日本原電の打ち出の小槌

今日本では一部を除いて全ての原発の稼動がストップしており、 その再開のメドすらたっていない状況です。 ところがそんな中、日本原子力発電、通常日本原電という会社が関連する 原発が稼動していないにもかかわ …

no image

HMV破綻と日本の音楽業界

HMVが破綻したというニュースが 流れていました。 レコード販売大手・HMVが経営破綻 英国 http://www.news24.jp/articles/2013/01/15/10221255.htm …

no image

鳥取事件と死刑判決制度

鳥取不審死事件の結果で死刑判決が出たということが 報道されています。 2件の強盗殺人と詐欺罪が該当。 直接証拠は無し。 他の事件と違って、被告が犯人である可能性は極めて 高いけれど、その証拠を裏付ける …

no image

今回の地震はアウターライズ型ではなかった

7日に発生した地震は、再び恐怖を感じる 大変なものだったと思います。 私自身も出かけていた先で大きく揺れて かなり不安になりました。海抜数mというような 場所にいましたので、津波がもし数mクラスで き …

アーカイブ