健康

グルコサミンを補給して関節痛を軽減

投稿日:

014480
最近、グルコサミンという成分が脚光を浴びています。

グルコサミンには、肘や膝、腰などの関節痛を改善する効果があります。
関節痛に悩む多くの人にとって、頼りになる成分なのです。

グルコサミンとは、グルコースという糖とアミノ酸が結合した物質です。
自然界においては、カニやエビなどの甲殻類の外殻に含まれています。
この外殻を作っているキチン質の主成分が、グルコサミンなのです。

また、人体では、軟骨や皮膚、爪、靭帯などに存在する成分でもあります。
グルコサミンは、皮膚や軟骨成分の新陳代謝に深く関わっています。

ですから、関節や軟骨に生じた炎症を抑え、より良い状態に戻す働きがあります。
しかし、体内におけるグルコサミンの量は、加齢と共に減少していきます。

その一方で、関節の軟骨成分は徐々にすり減っていきます。
そこに体重の増加や、仕事や運動における負担が加わり、
関節部分に痛みが生じることがあります。

辛い関節痛を緩和するためには、グルコサミンを補給するのが効果的です。
一日当たりの摂取量は、1,500mgとなっています。

グルコサミンを多く含む食品は、うなぎや鶏の皮、オクラ、山芋などです。
しかし、食品だけでグルコサミンを補うのは難しいものです。
そこで、グルコサミンのサプリメントとの併用が効果的です。

現在、さまざまなメーカーからグルコサミンのサプリメントが発売されています。
その中には、グルコサミンと似た効果を持つコンドロイチンを
配合したものも多くみられます。

二つを同時に摂取することにより、関節や軟骨の修復効果が
高まると言われています。
グルコサミンを上手に取り入れ、関節痛を楽にしたいものです。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

痛風と青汁

青汁は決して薬ではなく、健康な状態を保つための 飲み物、健康食品という類になります。 とはいえ、青汁は健康面で病気のリスクを下げるということで とても役に立っています。 コレステロールの低下やニキビ対 …

no image

ヤクルトの青汁

ヤクルトといえば、乳製品のイメージが強いかもしれません。 実はヤクルトでも、青汁を販売しています。 ヤクルトは他メーカーと比較した場合、価格面でお得商品となっています。 「ヤクルト青汁のめぐり」という …

no image

体脂肪と中性脂肪の違いとは?

よく耳にする言葉に「体脂肪」というものがあります。 体脂肪計も今は流行っていますし一般的な言葉となりました。 この体脂肪と中性脂肪やコレステロールを同じものだと 思っている人が少なくないようですが、実 …

生青汁の口コミは?

お酒によく合う青汁ということで新たに 発売された生青汁ですが、実際に飲んだ人の 声はどうなのか、口コミを調べてみました。 いろいろとインターネット上を調べてみたのですが、 残念ながらまだ発売してから時 …

no image

おもしろい青汁

青汁についての人気はすでにいろいろと述べてきましたが その中でも面白い青汁について紹介していきます。 ・まるかんの「青汁酢」 あの有名な斎藤一人氏が創業した会社がまるかんです。 化粧品や健康食品を販売 …

アーカイブ