健康

グルコサミンを補給して関節痛を軽減

投稿日:

014480
最近、グルコサミンという成分が脚光を浴びています。

グルコサミンには、肘や膝、腰などの関節痛を改善する効果があります。
関節痛に悩む多くの人にとって、頼りになる成分なのです。

グルコサミンとは、グルコースという糖とアミノ酸が結合した物質です。
自然界においては、カニやエビなどの甲殻類の外殻に含まれています。
この外殻を作っているキチン質の主成分が、グルコサミンなのです。

また、人体では、軟骨や皮膚、爪、靭帯などに存在する成分でもあります。
グルコサミンは、皮膚や軟骨成分の新陳代謝に深く関わっています。

ですから、関節や軟骨に生じた炎症を抑え、より良い状態に戻す働きがあります。
しかし、体内におけるグルコサミンの量は、加齢と共に減少していきます。

その一方で、関節の軟骨成分は徐々にすり減っていきます。
そこに体重の増加や、仕事や運動における負担が加わり、
関節部分に痛みが生じることがあります。

辛い関節痛を緩和するためには、グルコサミンを補給するのが効果的です。
一日当たりの摂取量は、1,500mgとなっています。

グルコサミンを多く含む食品は、うなぎや鶏の皮、オクラ、山芋などです。
しかし、食品だけでグルコサミンを補うのは難しいものです。
そこで、グルコサミンのサプリメントとの併用が効果的です。

現在、さまざまなメーカーからグルコサミンのサプリメントが発売されています。
その中には、グルコサミンと似た効果を持つコンドロイチンを
配合したものも多くみられます。

二つを同時に摂取することにより、関節や軟骨の修復効果が
高まると言われています。
グルコサミンを上手に取り入れ、関節痛を楽にしたいものです。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

階段歩きで意外なダイエット効果

ダイエット…誰しもが、強い決意を持ってのぞむのの、 なかなか続かないのがダイエットです。 今度こそは、今回こそは三日坊主をやめる!絶対に続けてみせる!と 思ってもなかなかうまくいかないのがダイエットで …

no image

冬の暖房による乾燥

冬の乾燥と言うと、肌の渇きなど、美容系、皮膚系に 特化しがちですが、外側が乾くということは、当然、 体の中も乾燥状態になるのです。 そういう理由により、実は高齢者の水分補給は、 夏より冬を、より気を付 …

no image

アレロック・プランルカスト錠「EK]・ナゾネックスが花粉に効く!

今年の花粉症は本当にひどい状態になりました。 私の場合、市販の薬では全く聞かず、立っているのも 辛く、花粉で寝込んでしまうほどの状態になりました。 今まで、鼻水や頭痛、目が痛いというのはあっても 寝込 …

no image

青汁の力をさらに高めるために

青汁はいろいろなメーカーから発売されていて、 その種類により期待される効果というのも違ってきます。 有効成分や品質にこだわった上にお手頃価格なものも多く、 区別なつきにくく、選ぶのは大変だと思います。 …

no image

上手な病院の選び方

薬剤師からのアドバイスです。 色々な病院の前で働いていると医師の良し悪しも見えてきます。 この先生、やめた方が良いかも・・・と思っても患者さんに 直接は中々言えませんが、何例かご紹介したいと思います。 …

アーカイブ