健康

グルコサミンを補給して関節痛を軽減

投稿日:

014480
最近、グルコサミンという成分が脚光を浴びています。

グルコサミンには、肘や膝、腰などの関節痛を改善する効果があります。
関節痛に悩む多くの人にとって、頼りになる成分なのです。

グルコサミンとは、グルコースという糖とアミノ酸が結合した物質です。
自然界においては、カニやエビなどの甲殻類の外殻に含まれています。
この外殻を作っているキチン質の主成分が、グルコサミンなのです。

また、人体では、軟骨や皮膚、爪、靭帯などに存在する成分でもあります。
グルコサミンは、皮膚や軟骨成分の新陳代謝に深く関わっています。

ですから、関節や軟骨に生じた炎症を抑え、より良い状態に戻す働きがあります。
しかし、体内におけるグルコサミンの量は、加齢と共に減少していきます。

その一方で、関節の軟骨成分は徐々にすり減っていきます。
そこに体重の増加や、仕事や運動における負担が加わり、
関節部分に痛みが生じることがあります。

辛い関節痛を緩和するためには、グルコサミンを補給するのが効果的です。
一日当たりの摂取量は、1,500mgとなっています。

グルコサミンを多く含む食品は、うなぎや鶏の皮、オクラ、山芋などです。
しかし、食品だけでグルコサミンを補うのは難しいものです。
そこで、グルコサミンのサプリメントとの併用が効果的です。

現在、さまざまなメーカーからグルコサミンのサプリメントが発売されています。
その中には、グルコサミンと似た効果を持つコンドロイチンを
配合したものも多くみられます。

二つを同時に摂取することにより、関節や軟骨の修復効果が
高まると言われています。
グルコサミンを上手に取り入れ、関節痛を楽にしたいものです。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

子供の肥満が急増

肥満を警戒しなければならにのは、大人に限った話では ありません。 日本の子供たちの間でも、肥満は激増しているのです。 1980年代から子供の脂肪摂取量は適性範囲の30%を超え、 その値は今も増え続けて …

no image

ひどい冷え性の解決に靴下の3枚重ね履き

ひどい冷え症でお困りの方には靴下の重ね履きをぜひお勧めします。 まず最初に絹製の5本指靴下を履きます。 絹は保温性、保湿性に優れているのはもちろんですが 高いデトックス効果も持っているのです。 そして …

no image

ダイエットの秘訣は「急がば回れ」

痩せて綺麗になりたい…多くの女性は、そんな事を 願ってやまないものだと思います。 かく言う私も思春期はそうでした。 毎日のように体重計に乗っては溜息を吐き、 ダイエット情報を貪るように読んでいました。 …

no image

毎朝の豆乳で冬太りを予防しませんか?

実は豆乳は、低カロリーですが基礎代謝を活発にする機能があるので、 まさに今が旬の鍋や、お酒には欠かせない貴重な味方のドリンクなのです。 ダイエットとなると、よくあるのが3食中1食をドリンクに置き換えダ …

no image

幼児の乾燥肌について

冬になると、乾燥肌に悩まされることが多くなります。 特に幼児は、肌の乾燥がそのままかゆみになり、 身体をかきこわして出血などを起こす事があるので、注意が必要です。 幼児の乾燥肌防止には、やはり全身用の …

アーカイブ