健康

グルコサミンを補給して関節痛を軽減

投稿日:

014480
最近、グルコサミンという成分が脚光を浴びています。

グルコサミンには、肘や膝、腰などの関節痛を改善する効果があります。
関節痛に悩む多くの人にとって、頼りになる成分なのです。

グルコサミンとは、グルコースという糖とアミノ酸が結合した物質です。
自然界においては、カニやエビなどの甲殻類の外殻に含まれています。
この外殻を作っているキチン質の主成分が、グルコサミンなのです。

また、人体では、軟骨や皮膚、爪、靭帯などに存在する成分でもあります。
グルコサミンは、皮膚や軟骨成分の新陳代謝に深く関わっています。

ですから、関節や軟骨に生じた炎症を抑え、より良い状態に戻す働きがあります。
しかし、体内におけるグルコサミンの量は、加齢と共に減少していきます。

その一方で、関節の軟骨成分は徐々にすり減っていきます。
そこに体重の増加や、仕事や運動における負担が加わり、
関節部分に痛みが生じることがあります。

辛い関節痛を緩和するためには、グルコサミンを補給するのが効果的です。
一日当たりの摂取量は、1,500mgとなっています。

グルコサミンを多く含む食品は、うなぎや鶏の皮、オクラ、山芋などです。
しかし、食品だけでグルコサミンを補うのは難しいものです。
そこで、グルコサミンのサプリメントとの併用が効果的です。

現在、さまざまなメーカーからグルコサミンのサプリメントが発売されています。
その中には、グルコサミンと似た効果を持つコンドロイチンを
配合したものも多くみられます。

二つを同時に摂取することにより、関節や軟骨の修復効果が
高まると言われています。
グルコサミンを上手に取り入れ、関節痛を楽にしたいものです。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

食事を残す勇気 出てくるものをそのまま食べると肥満に

日本人はもっと食事を残す勇気を もってもいいというような記事が出ていました。 給食等であれば最初から量が調整されて 出てきますが、外食の場合は出てくる量が 多すぎて、そのまま全部食べてしまうと 食べ過 …

no image

第3の美容成分ガンマトコフェロール

ガンマトコフェロールは、ビタミンEの一種です。 日本では、ビタミンEのサプリといえばアルファトコフェロールしか 入っていないのが一般的ですが、実はビタミンEにはアルファトコフェロール、 ベータトコフェ …

no image

慢性頭痛と性格の関連性

よく頭痛がして困るという人は、頭痛の原因がストレスからくる 場合が非常に多いということを理解して対応するべきだと思います。 まじめで几帳面な性格の人で頭痛になりやすい場合は、 少し柔軟な思考をするよう …

no image

基礎代謝を上げるには?

基礎代謝を上げて痩せやすい体を 作るにはどのようにしたらいいのでしょうか? 基礎代謝を上げていくのに良いのが 筋力トレーニングです。 ダンベル体操等が有名なもので、 ウォーキング等の有酸素運動の逆とい …

no image

スイミングで能力開発する方法

現在ではスイミングを習っているお子さんが多いと思いますが、 今回はそんなスイミングで上手に能力開発する方法をレクチャーします。 まず、これはどのスポーツでもそうだと思うのですが、泳ぐ前の 準備運動をす …

アーカイブ