健康

グルコサミンを補給して関節痛を軽減

投稿日:

014480
最近、グルコサミンという成分が脚光を浴びています。

グルコサミンには、肘や膝、腰などの関節痛を改善する効果があります。
関節痛に悩む多くの人にとって、頼りになる成分なのです。

グルコサミンとは、グルコースという糖とアミノ酸が結合した物質です。
自然界においては、カニやエビなどの甲殻類の外殻に含まれています。
この外殻を作っているキチン質の主成分が、グルコサミンなのです。

また、人体では、軟骨や皮膚、爪、靭帯などに存在する成分でもあります。
グルコサミンは、皮膚や軟骨成分の新陳代謝に深く関わっています。

ですから、関節や軟骨に生じた炎症を抑え、より良い状態に戻す働きがあります。
しかし、体内におけるグルコサミンの量は、加齢と共に減少していきます。

その一方で、関節の軟骨成分は徐々にすり減っていきます。
そこに体重の増加や、仕事や運動における負担が加わり、
関節部分に痛みが生じることがあります。

辛い関節痛を緩和するためには、グルコサミンを補給するのが効果的です。
一日当たりの摂取量は、1,500mgとなっています。

グルコサミンを多く含む食品は、うなぎや鶏の皮、オクラ、山芋などです。
しかし、食品だけでグルコサミンを補うのは難しいものです。
そこで、グルコサミンのサプリメントとの併用が効果的です。

現在、さまざまなメーカーからグルコサミンのサプリメントが発売されています。
その中には、グルコサミンと似た効果を持つコンドロイチンを
配合したものも多くみられます。

二つを同時に摂取することにより、関節や軟骨の修復効果が
高まると言われています。
グルコサミンを上手に取り入れ、関節痛を楽にしたいものです。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

現代人のライフスタイルと肥満

かつて日本の食生活は米を中心とした比較的質素なものが 一般的なものとなっていました。 ところが、食生活が欧米化し、動物性たんぱく質や脂質を多くとるように なり、肥満傾向は強くなってきました。 ファース …

no image

ゼリー状の青汁

ゼリー青汁とは何か知っていますか? 「美感青汁」という商品なのですが、粉末等で用意されているというのが 定番だったあの青汁がゼリー状になっているというものです。 なかなか通常の飲む青汁というのは続かな …

no image

果物は毎食食べたほうがいいのか?

果物は健康的なので、食べたほうが良いという話は よく聞きますが、毎食食べても大丈夫なのでしょうか? 確かに果物はビタミンC等栄養分も高く、お菓子よりも 糖分が低い、カロリーが低いというところがあります …

no image

喉の乾燥対策

今、私の家族のうち二人がゲホゲホずっと乾いた咳をしていて、 もしかしたら今流行りのマイコプラズマ肺炎とか結核なんじゃないかと 疑って病院に行って診てもらいましたが、まったくそんな気配はありませんでした …

no image

ノロ対策にはミルトン

ノロウィルスやロタウィルスが流行してくると、 お子さんのいる家庭では戦々恐々としてるのではないでしょうか? ノロウィルスやロタウィルスは感染力が強いうえ、その症状が 感染拡大を招きます。 特に家庭内で …

アーカイブ