雑記

「千両千両」、酒と詩に生きた奇人

投稿日:

幕末から明治にかけて生きた俳人、井上井月(せいげつ)。

あまり知られた名前ではありませんが、例えば、つげ義春の
『無能の人』の中に登場する放浪の俳人、といえば
漫画好きの人は「ああ、あの人か」と気づくかもしれません。

酒と旅は古来より、日本の詩人の一つの系譜ですが、彼はその典型と
いっていいでしょう。越後に生まれ、のち信州の伊那をベースにした
放浪生活に入りました。

放浪といっても全国各地を漂泊するというのではなく、
ほぼきまったエリア内をうろつきまわっていた、といったほうが適切です。

家も持たず家族も持たず、着た切り雀で、無一文。それを、伊那の人は
いやな顔をしないで受け入れて、酒を勧め食事を勧め、彼を「発句の師」と
仰いだ人もいたといいます。これは、現代からみると信じがたい話です。

土地柄ということもあったでしょうし、人心穏やかな古き良き
時代だったともいえるのでしょう。

とにかく酒好き。口癖の「千両千両」を唱えながら、杯を重ねる。
泥酔して、粗相をしてしまうことさえあったといいます。

それでも、村の人は彼を愛した。それを考えると、彼は大変な「徳」を
備えた人物だったというほかありません。
memo1228
酒のためでしょう。道端で行き倒れになっているところを、村人が見つけ、
手当看病をしましたが、そのかいなく2月後に亡くなりました。幸せな一生、
幸せな最期といっていいでしょう。

芥川龍之介は彼の俳句を称賛しています。「古俳句の大道」に生きた人、
と評しています。芥川は自身もすぐれた句を残した俳人でしたから、
その本質を見極めていたのです。

その作風がよくわかる句に、「春風やどの児の顔も墨だらけ」
「子供にはまたげぬ川や飛ぶ蛍」「春を待つ娘心や手鞠唄」
「水打って小鉢ならべて夕心」などがあります。

彼の優しいまなざしが偲ばれる句ばかりです。その生活ぶりには似合わない、
どこか女性的な繊細さ、さらには母性のような感性をも感じさせます。

この人間味があったからこそ、幸せな生涯を送ることができたのでしょう。
もっと評価されていい、生一本の俳人です。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

電話と通信を別にすると安くなる!?

スマホを通信用として電話機能を別に持つと 安くなるという話があります。 参考記事) 通信のみ“スマホもどき”という安く賢い選択? http://zasshi.news.yahoo.co.jp/arti …

no image

洗濯物の臭いの消し方

毎日洗濯しているのに、たまに衣服からプーンと 臭う時ってありませんか? 特に、濡れた時などは臭ってきます。 周りに人がいると恥ずかしくなってしましまいますよね。 バスタオルも例外ではなく、洗濯したばか …

no image

第六感を鍛えるには

あの人は勘がいい、霊感がある、予知能力があるといった人が、 あなたの周りもいませんか? では、どうして彼らはそんなに勘がいいのでしょうか? そして勘とはいったいどんな能力なのでしょうか? 今回は、そん …

no image

格安だけど、着こなし抜群のg.u.

  ちょっと前までは、しまむらが、格安でギャルファッションを 購入できるファッション店でした。 ところが、それよりも格安で、ちょっと落ち着いた大人の 雰囲気をかもし出しつつ、しっかり着こなせるのがg. …

no image

子規、漱石、百閒~小鳥好きな文豪たち

正岡子規と夏目漱石は学校の同窓で、同い年の親友。 内田百閒は漱石の弟子です。 ただし、子規は三十五歳で亡くなっており、漱石が「吾輩は猫である」で 作家デビューしたのはその三年後ですから、百閒と子規は一 …

アーカイブ