雑記

「千両千両」、酒と詩に生きた奇人

投稿日:

幕末から明治にかけて生きた俳人、井上井月(せいげつ)。

あまり知られた名前ではありませんが、例えば、つげ義春の
『無能の人』の中に登場する放浪の俳人、といえば
漫画好きの人は「ああ、あの人か」と気づくかもしれません。

酒と旅は古来より、日本の詩人の一つの系譜ですが、彼はその典型と
いっていいでしょう。越後に生まれ、のち信州の伊那をベースにした
放浪生活に入りました。

放浪といっても全国各地を漂泊するというのではなく、
ほぼきまったエリア内をうろつきまわっていた、といったほうが適切です。

家も持たず家族も持たず、着た切り雀で、無一文。それを、伊那の人は
いやな顔をしないで受け入れて、酒を勧め食事を勧め、彼を「発句の師」と
仰いだ人もいたといいます。これは、現代からみると信じがたい話です。

土地柄ということもあったでしょうし、人心穏やかな古き良き
時代だったともいえるのでしょう。

とにかく酒好き。口癖の「千両千両」を唱えながら、杯を重ねる。
泥酔して、粗相をしてしまうことさえあったといいます。

それでも、村の人は彼を愛した。それを考えると、彼は大変な「徳」を
備えた人物だったというほかありません。
memo1228
酒のためでしょう。道端で行き倒れになっているところを、村人が見つけ、
手当看病をしましたが、そのかいなく2月後に亡くなりました。幸せな一生、
幸せな最期といっていいでしょう。

芥川龍之介は彼の俳句を称賛しています。「古俳句の大道」に生きた人、
と評しています。芥川は自身もすぐれた句を残した俳人でしたから、
その本質を見極めていたのです。

その作風がよくわかる句に、「春風やどの児の顔も墨だらけ」
「子供にはまたげぬ川や飛ぶ蛍」「春を待つ娘心や手鞠唄」
「水打って小鉢ならべて夕心」などがあります。

彼の優しいまなざしが偲ばれる句ばかりです。その生活ぶりには似合わない、
どこか女性的な繊細さ、さらには母性のような感性をも感じさせます。

この人間味があったからこそ、幸せな生涯を送ることができたのでしょう。
もっと評価されていい、生一本の俳人です。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

g.u.のあったかUネックTシャツ

g.u.のあったかUネックTシャツ(8分袖)、色違いで5枚もってます。 はじめ試しに黒を一枚購入したのですが、薄いのに暖かいので その上にタートルやニットカーデを二枚くらい重ね着しても 全然着ぶくれし …

no image

様々な情報をフルに活用する方法

情報化社会と云われる現代で日々生活していると、TV,インターネット、 新聞、電車の吊り広告、ラジオ、雑誌と、こちらからあえて追いかけなくても、 あらゆるところから何かしらいろいろな情報が入ってくるかと …

no image

松木さんの役割とは

久しぶりに日本代表を中継で見ました。 オマーン戦です。 ところで松木さんの解説ですが、毎回定番なのですが、 なんとも面白いですよね。 解説をしているようで、いや解説はしているはずなんですが、 実際は他 …

no image

年越しそば?年越しうどん?→年明けうどんがあった!

アメーバピグのイベントで「年越しうどん」というのが 出てきて、何で蕎麦じゃないの? ということで調べてみました。 年越しうどんというような仕組みもあるのかな?と 思いまして。 残念ながら年越しうどんと …

no image

名前の持つ力をきちんと認識する大切さ

最近では子供が生まれた時に、よく当て字のような奇妙な 名前を付ける親御さんが多いようですが、彼らは名前が持つ力と いうものをきちんと理解して名付けているのでしょうか? 音韻学など専門的な知識はなくとも …

アーカイブ