雑記

「千両千両」、酒と詩に生きた奇人

投稿日:

幕末から明治にかけて生きた俳人、井上井月(せいげつ)。

あまり知られた名前ではありませんが、例えば、つげ義春の
『無能の人』の中に登場する放浪の俳人、といえば
漫画好きの人は「ああ、あの人か」と気づくかもしれません。

酒と旅は古来より、日本の詩人の一つの系譜ですが、彼はその典型と
いっていいでしょう。越後に生まれ、のち信州の伊那をベースにした
放浪生活に入りました。

放浪といっても全国各地を漂泊するというのではなく、
ほぼきまったエリア内をうろつきまわっていた、といったほうが適切です。

家も持たず家族も持たず、着た切り雀で、無一文。それを、伊那の人は
いやな顔をしないで受け入れて、酒を勧め食事を勧め、彼を「発句の師」と
仰いだ人もいたといいます。これは、現代からみると信じがたい話です。

土地柄ということもあったでしょうし、人心穏やかな古き良き
時代だったともいえるのでしょう。

とにかく酒好き。口癖の「千両千両」を唱えながら、杯を重ねる。
泥酔して、粗相をしてしまうことさえあったといいます。

それでも、村の人は彼を愛した。それを考えると、彼は大変な「徳」を
備えた人物だったというほかありません。
memo1228
酒のためでしょう。道端で行き倒れになっているところを、村人が見つけ、
手当看病をしましたが、そのかいなく2月後に亡くなりました。幸せな一生、
幸せな最期といっていいでしょう。

芥川龍之介は彼の俳句を称賛しています。「古俳句の大道」に生きた人、
と評しています。芥川は自身もすぐれた句を残した俳人でしたから、
その本質を見極めていたのです。

その作風がよくわかる句に、「春風やどの児の顔も墨だらけ」
「子供にはまたげぬ川や飛ぶ蛍」「春を待つ娘心や手鞠唄」
「水打って小鉢ならべて夕心」などがあります。

彼の優しいまなざしが偲ばれる句ばかりです。その生活ぶりには似合わない、
どこか女性的な繊細さ、さらには母性のような感性をも感じさせます。

この人間味があったからこそ、幸せな生涯を送ることができたのでしょう。
もっと評価されていい、生一本の俳人です。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

電車の中で寝るということ

日本では、みなさんも当たり前に見ていると 思いますが電車の中で寝ている人は凄く多いです。 通勤時間は特に多いように思えます。 寝ていると携帯をいじっている人で電車に 座っている人の大半を占めるんじゃな …

no image

東京都民が選ぶ住みたい街ベスト20 本当に便利な街?

東京都民が選ぶ住みたい街ベスト20というのが 発表されていました。 ■東京都民が選ぶ住みたい街ベスト20 1 吉祥寺・武蔵野市 2 自由が丘・目黒区 3 田園調布・大田区 4 新宿・新宿区 5 下北沢 …

no image

テレビ需要の落ち込みは想定できなかった?

テレビ国内出荷が落ち込み最大というような ニュースが出ていました。 出荷台数が前年46%減という話です。 当然の話だと思います。 地上デジタル放送の切り替えが2011年で完了したわけです。 テレビの買 …

no image

スマートフォンがあれば大都会も安心して歩ける

スマートフォンが普及し多くの人が持つようになりましたが、 やはり使っていてとても便利だからではないかと思います。 外にいながらも、すぐにインターネットに繋ぐことができますし、 タッチパネルなのでサクサ …

no image

雑貨を通して生活を楽しむ

雑貨ブームと言われて久しいですね。 ブームと言うより、定着している感じがあります。 かつて高度成長と呼ばれた昭和の時代、日本人は身の回りに様々な 便利な器具を揃えるのに精一杯で、そこに自分の趣味を 取 …

アーカイブ