社会

経済学から見る環境問題解決の難しさ

投稿日:

shiryouS
経済学においては通常、生産と消費の2つを観点に進められています。

しかし、先進国においては、生産力の高さから多くのゴミが発生し、
無視できない状態へとなっています。

特に日本においては、リサイクル技術は世界的に高いレベルであり、
ゴミから資源を生むことが出来る状態がビジネスとして行われている以上、
この部分について考えなければなりません。

次の文章においては、なぜ今後の環境対策として必要とされている
取り組みがうまく実現できない問題について3つ紹介したいと思います。

1つ目として、人は利益が高いモノが選ばれる性格を持っていることです。
ビジネスである以上、利益について考えるのが主流である為、
排出権取引より石油やシェールガスなどが選ばれるのが一般的な行為です。

故に環境に優しい技術を世界に広げる為には、環境問題を
破壊するものよりも高いビジネス力を持ったモノでなければならない問題があります。

2つ目はゴミ問題は一般の人からでは見えずらい問題があります。
具体的にはゴミの量が増え、ごみ処理施設の増設が必要の場合、
高い確率で建設場周辺住民が反対し、実現化できず、
ゴミ問題が残ったままになる問題です。

最後は競争に負ける問題です。経済学においては情報の
非対称性にあたります。
ゴミ問題において優良企業と悪い企業との違いはゴミ処理の
仕方です。優良は高い費用を変えて正式にゴミ処理をしますが、
悪企業は正式に処分せず、その部分、優良より安い費用で
販売できるアドバンテージを持っています。

このことから競争において、優良企業が不利に立たされることとなり、
結果として悪企業しか残らない問題へと発展します。

この3つの問題から、ゴミ問題の解決についてはビジネスを成り立たせ、
市民から認められ、そして悪企業に勝たなければならないという
問題を抱えています。

故にゴミ問題について解決したいのであれば、これらの取り組みに
ついて必死に考える必要があります。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

日本「民主主義」の本当の姿がわかったここ数年

2009年の民主党による政権交代は、始めて55年体制を国民の投票に よって打ち破ったという点で、新しいエポックをつくる出来事でした。 ところが意外にも、これが日本「民主主義」の本当の姿を ここまでみせ …

no image

本当は地味な税務調査

テレビドラマでよく、悪徳業者の脱税を税務調査官が見事に摘発する ストーリーが描かれていますが、通常行われている税務調査は そんな派手なものではありません。 税務調査にはテレビに出てくる国税局が担当する …

no image

色覚異常の割合と見え方についての考察

ふとブログ等を呼んでいて、色覚異常について 語ったものがあったので真剣に読んでみました。 そしてわかった事実として男性の5%(20人に1人)が 色覚異常を持っているということです。 女性は遺伝的になる …

no image

子供の防犯サービスについて

東急沿線のみでの展開になるかもしれませんが、東急セキュリティとPASMOが 提携して、子供が東急線の改札口を通った時に、自動的に通ったことを 知らせるメールが保護者に届くサービスがあります。 子供が何 …

no image

高齢化社会における福祉の重要性

今や多くの先進国においては、高齢化社会が到来しております。 しかもそれは、今後もどんどん加速されてゆきそうです。 日本もまた例外ではありません。少子高齢化は以前から大きな社会問題と なっており、それな …

アーカイブ