社会

経済学から見る環境問題解決の難しさ

投稿日:

shiryouS
経済学においては通常、生産と消費の2つを観点に進められています。

しかし、先進国においては、生産力の高さから多くのゴミが発生し、
無視できない状態へとなっています。

特に日本においては、リサイクル技術は世界的に高いレベルであり、
ゴミから資源を生むことが出来る状態がビジネスとして行われている以上、
この部分について考えなければなりません。

次の文章においては、なぜ今後の環境対策として必要とされている
取り組みがうまく実現できない問題について3つ紹介したいと思います。

1つ目として、人は利益が高いモノが選ばれる性格を持っていることです。
ビジネスである以上、利益について考えるのが主流である為、
排出権取引より石油やシェールガスなどが選ばれるのが一般的な行為です。

故に環境に優しい技術を世界に広げる為には、環境問題を
破壊するものよりも高いビジネス力を持ったモノでなければならない問題があります。

2つ目はゴミ問題は一般の人からでは見えずらい問題があります。
具体的にはゴミの量が増え、ごみ処理施設の増設が必要の場合、
高い確率で建設場周辺住民が反対し、実現化できず、
ゴミ問題が残ったままになる問題です。

最後は競争に負ける問題です。経済学においては情報の
非対称性にあたります。
ゴミ問題において優良企業と悪い企業との違いはゴミ処理の
仕方です。優良は高い費用を変えて正式にゴミ処理をしますが、
悪企業は正式に処分せず、その部分、優良より安い費用で
販売できるアドバンテージを持っています。

このことから競争において、優良企業が不利に立たされることとなり、
結果として悪企業しか残らない問題へと発展します。

この3つの問題から、ゴミ問題の解決についてはビジネスを成り立たせ、
市民から認められ、そして悪企業に勝たなければならないという
問題を抱えています。

故にゴミ問題について解決したいのであれば、これらの取り組みに
ついて必死に考える必要があります。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

コンビニ灰皿が消える 吸わない人には朗報です

コンビニ灰皿が撤去の動きにあるという ことがニュースになっていますね。 東京オリンピックを控えて 世界標準である禁煙に向けてということに なるのでしょうけど、吸わない人にとっては 本当に良い傾向になっ …

残業が強制的に月80時間までになる?政府調整。

政府調整として長時間労働対策として 月80時間までの上限規制をするということを 始めるようです。 今も残業は原則禁止ですが、36協定で 時間制限を外すことができるように なっていたということ。 この8 …

no image

薬のネット販売を認める判決

先ごろ、薬がインターネットで買えるようになる最高裁の判決がでました。 以前はインターネットの通信販売で買うことが可能でしたが、 2009年薬事法改正により販売を禁止に。 これを受けて多くの人が不便を強 …

no image

裁判員裁判制度の検証はどうなっているのか

時折、ふと思うこと、裁判員裁判制度に関する事件の行方は、 たまに報道されるのですが、裁判員制度自体に対する検証は、 どこへ行っているのでしょう。 かなり昔、メンタルケアは、やはり欠かせない、というよう …

no image

日銀の独立性

最近、自民党政権になってから、「日本銀行の独立性」が よくニュースの話題にのぼるようになりました。 日本銀行は「日銀」と略されていますが、1882年に設立された 日本で唯一の中央銀行であり、銀行券を発 …

アーカイブ