健康

アトピーによる顔の乾燥対策

投稿日:

kmatta2S
アトピー皮膚炎のほとんどは生れつきのものが多いです。

そして、アトピーを持って生まれた子であっても、
成長の過程で症状が緩和する人もいます。

人それぞれ、生れつきどれほど重傷なアトピーを持っているか
個人差にもよりますが、やはりステロイド剤は使用しないほうが
いいです。

半数以上の病院、専門の皮膚科でさえステロイド剤を処方する
ところがあります。これでは悪影響です。
生まれ持ったものは少しずつその症状を和らげていくほうが自然です。

そこでお勧めするのが「こんちーむジェル」です。
販売している場所は限られていると思いますが、ネットでも検索して
購入することができます。

このジェルはアトピーによらず、乾燥している肌すべてに
塗ることができます。
もちろん飲み薬ではないので体内から治すような即効性は
ありませんが、継続して塗ることで肌を本来の状態にすることができます。

もともとアトピーをお持ちの方が使うと、一時的に肌の
状態が悪化するような好転反応が起きますが、それは解毒作用と同じです。

今まで蓄積された体内の悪い物質を放出しているからこそ起きる
反応なのです。

継続して使用することでアトピー肌によくある赤み・荒れなど、
少しずつ良くなります。アトピーなどの生まれ持ったものは
長い目で完治するように、本人もそうですが周りで
支えている人たちも同じ思いを持っていてほしいです。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

子どもの口臭について

子どもの口臭の原因は何でしょうか? 大人であれば、どこかの体調等が悪く嫌な臭いを 発する等はよくありますが、子供であると気になるところです。 この原因の多くは口呼吸にあると言われています。 口臭外来で …

no image

ニキビを改善するための食生活

ニキビと食生活は関係があり、食生活を改善することで ニキビを減らすことができます。 まず、偏った食事はしないようにしたほうがいいです。 食事でバランスよく栄養が摂取できないと肌を健康に 保つことができ …

no image

青汁のデメリット

青汁というと健康に良いというイメージしかなく 体への悪影響・デメリットはないと考える人も多いと思います。 しかし、いくら青汁とはいえど、飲みすぎると問題が 起こる可能性があります。 例えば下痢です。青 …

no image

海での日焼け対策

夏は海に潮干狩りや海水浴に行く方が多いと思います。 海のレジャーで気をつけたいのは日焼けです。 海水浴後、皮膚が赤くなってピリピリしてしまったと いう方もいるはずです。 日焼けはやけどと同じで、肌にと …

no image

職場でうつ状態を繰り返す人への対応方法

職場内でうつ病の診断を受けて休職を余儀なくされる人は多いです。 過労などのために生きるエネルギーが枯渇してしまっている人には 従来通りの対応方法である「服薬と十分な休養」で、3~6ヶ月もすると 状態が …

アーカイブ