エンターテイメント

ゲームセンターが中高年の世界へ

投稿日:

shoukaiS1
ゲームセンターがいつの間にか中高年、
お年寄りが集まる傾向に変わってきているようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参照)
ゲーセン 中高年に照準
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2013010802000091.html

 運営するゲーム施設にメダルゲーム機などの遊びやすい機器を用意しているカプコンは「シニア層の顧客は来店者が比較的少ない平日の日中にも足を運んでくれるので、収益への貢献度が高い」(高橋真也・店舗運営チーム長)と指摘する。
 カプコンは五十歳以上の中高年らを対象に、店舗の従業員からアドバイスを受けながらゲーム機を無料体験できるツアーを実施して顧客増を目指す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確かに世代は少しずつ変わってきている気がしますよね。
以前はゲームは若者だけのものという意識がありましたが、
そんなことを言っていた小学生ももうとっくに大人。

かつてファミコンをやっていた世代が今30代、
その上で子供のゲームを見て自分も一緒に子供と
やっていた世代は60代が出てきています。

とすると、今の中高年は全くゲームに対して抵抗が
ないといえるでしょう。

ゲームセンターが若者のものでなくなることに対しては
実に当たり前の話だったということです。

だんだんと年をとっていけば年寄り的な趣味に走るのではなく、
その時々の世代によって興味を持つものが違っていたというだけ。

今の若者~30代くらいの人は年をとってもスマホ(その時代にあればですが)
を使いこなすことは問題ないでしょう。

ゲームセンターが社交場になって、交流もすれば、
頭も使う。

これはすごく健全な話だと思います。家で引きこもってぼーっと
しているよりはるかに健全です。

もっと、ゲームに関しても、マルチ世代で展開できるように
変化していってもいいのではないでしょうか。

adsense

adsense

-エンターテイメント

執筆者:

関連記事

no image

賭博覇王伝零はいつから推理モノになってしまったのか?

賭博覇王伝零、今週刊少年マガジン連載中ですが、 カイジで有名な福本伸行氏の漫画です。 本当ならスリルのあるギャンブル的展開が待っている 漫画のはずなのですが、最近はなぜか推理モノ展開・・・。 それが本 …

進撃の巨人 12巻感想

先日は買えなかった通常版の進撃の巨人ですが 本日は無事購入することができました。 相変わらずあっという間に読みきってしまう スピード感・展開でした。 激しく移り変わっていくストーリーというわけでは な …

インサイドヘッドの感想 DVDレンタルしました

DVDレンタルなので今更という話には なるかもしれませんが、 「インサイドヘッド」を借りてきて見てみました。 インサイド・ヘッド MovieNEX [ エイミー・ポーラー ] インサイドヘッドというこ …

映画館でわざわざ観る必要がない?映画館ならではの良さ。

はてなブックマークのところを見ていますと 「映画館でわざわざ観る必要がない問題」なんて 記事が出ていました。 いずれは動画配信であったり、レンタルであったりで 自宅のテレビでいいというのがその理屈に …

no image

神さまの言うとおり弐 第1部との違い

神さまの言うとおり弐の展開ですが、第1部と 何が違うのか気になっていました。 2話目までの状態では、ダルマが出てくる展開で その後はマネキネコ、これでは全く1部と一緒で ただの焼き直しでは?と心配して …

アーカイブ