エンターテイメント

ゲームセンターが中高年の世界へ

投稿日:

shoukaiS1
ゲームセンターがいつの間にか中高年、
お年寄りが集まる傾向に変わってきているようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参照)
ゲーセン 中高年に照準
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2013010802000091.html

 運営するゲーム施設にメダルゲーム機などの遊びやすい機器を用意しているカプコンは「シニア層の顧客は来店者が比較的少ない平日の日中にも足を運んでくれるので、収益への貢献度が高い」(高橋真也・店舗運営チーム長)と指摘する。
 カプコンは五十歳以上の中高年らを対象に、店舗の従業員からアドバイスを受けながらゲーム機を無料体験できるツアーを実施して顧客増を目指す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確かに世代は少しずつ変わってきている気がしますよね。
以前はゲームは若者だけのものという意識がありましたが、
そんなことを言っていた小学生ももうとっくに大人。

かつてファミコンをやっていた世代が今30代、
その上で子供のゲームを見て自分も一緒に子供と
やっていた世代は60代が出てきています。

とすると、今の中高年は全くゲームに対して抵抗が
ないといえるでしょう。

ゲームセンターが若者のものでなくなることに対しては
実に当たり前の話だったということです。

だんだんと年をとっていけば年寄り的な趣味に走るのではなく、
その時々の世代によって興味を持つものが違っていたというだけ。

今の若者~30代くらいの人は年をとってもスマホ(その時代にあればですが)
を使いこなすことは問題ないでしょう。

ゲームセンターが社交場になって、交流もすれば、
頭も使う。

これはすごく健全な話だと思います。家で引きこもってぼーっと
しているよりはるかに健全です。

もっと、ゲームに関しても、マルチ世代で展開できるように
変化していってもいいのではないでしょうか。

adsense

adsense

-エンターテイメント

執筆者:

関連記事

no image

進撃!巨人中学校の感想

進撃!巨人中学校・・その名前のとおり 進撃の巨人のパロディ漫画です。 進撃の巨人の単行本を購入したときに 掲載されていたということもあり、 面白いと思ってあわせて読んでみることに しました。 正確にい …

no image

「我間乱」がもうすぐ最終回!?

少年マガジン連載中の我間乱があと3回で 最終回になるというような話がありました。 噂ではなく事実の情報のようです。 確かに状況はクライマックス。 主人公の我間がラスボスである自分の父親の 元に駆けつけ …

プロゲーマーの個別指導は1時間8000円!?

プロゲーマーの個別指導が受けられる 「gamelesson」のサービスが延期に なったというニュースが出ていました。 一般行使の通信教育では1時間3800円で 指導が受けられますが、 プロプレーヤーの …

「反逆の影使い」がまさかの打ち切り!

週刊少年マガジンで連載中の新連載 「反逆の影使い」ですが、本日発売の マガジンであまりにも唐突に連載が 終了してしまいました! これは完全に打ち切りというヤツです・・。 マガジンは本当に人気がないとな …

Wii U、日本国内生産終了 ハード切り替えが早すぎ?スイッチ準備?

任天堂がWii Uの日本国内の生産を 終了させるということを発表しました。 もうあまり販売が芳しくないというような 情報はありましたし、次にスイッチが待っているので 当然といえば当然なのかもしれません …

アーカイブ