社会

晩婚化と出会いの場

投稿日:

shiryouS
日本の晩婚化・非婚化が顕著になっており、結婚する平均年齢は
女性が27.4歳、男性が29.3歳となっています。
10年前に比べると、実に2歳以上も結婚する年齢が遅くなっています。

日本の晩婚化が進んでいる要因の一つに、女性が社会に参画する
機会が増えたことが挙げられます。
仕事をしていることが、女性の結婚を遅らせる要因になっていることは
事実です。これは何も悪いことではなく、女性も努力次第で地位が
得られ、収入も増え、自立することができることを意味しています。

ただ、晩婚化と少子化の相関関係からみると、晩婚化が少子化の
背景になっていることは明らかです。
この現象が進めば、日本の社会保障体制はさらに厳しくなります。

ちなみに、男女ともに結婚したくないわけではありません。
結婚しない理由に挙げられているのは、
「結婚したい相手に巡り合わない」・40%、
「金銭的に余裕がない」・29%、
「好きなことをしていたい」・17%、
「独身が気楽だから」・14%
となっています。20~39歳までの未婚者の90%以上の人は、
「いずれ結婚したい」と答えており、「一生結婚するつもりはない」と
回答している人は、男女ともに6%程度にしか過ぎません。

結果的には、適齢期の男女が出会う機会が少なくなったことが、
結婚年齢を押し下げている大きな要因になっています。

近年は、核家族化が進行したり、地域コミュニティが
薄れたりしたため、世話好きなおじさんやおばさんによる
お見合い相手の紹介もなくなりました。
また、多くの若者が集まるような祭りや催事の場も激減しました。

結婚したくてもできない状況を打開するためには、
民間の結婚相談所や出会い系サイトだけではなく、
自治体による街コンなど、公民を通じてのふれあいの場の
創設が喫緊の課題となっています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

世論調査と選挙結果との乖離

自民党 36.4 31.6 31.4 33.4 34.3 30.2 31.8 27.7 27.4 32.8 34.0 31.5 (31.9) 民主党 14.8 13.3 13.9 12.0 13.0 …

no image

経済学から見る環境問題解決の難しさ

経済学においては通常、生産と消費の2つを観点に進められています。 しかし、先進国においては、生産力の高さから多くのゴミが発生し、 無視できない状態へとなっています。 特に日本においては、リサイクル技術 …

no image

来年受験する人に向けて

今の中学生や高校生は受験に向けてラストスパートを かけていると思います。 そこで勉強しているうちに「もっと勉強しておけばよかった」と 思う人もいるはずです。 そこで来年受験をする中高生やそのお父さんお …

no image

消費税と所得税について

野田内閣の時に消費税の税率アップが決まりましたが、 安倍内閣になったら、今度は震災復興を進めるためとして、所得税の税率アップが決まりました。 ちなみに、税金の分類からすると、所得税は「直接税」で、 消 …

no image

生まれ変わっても日本人でいたいと望む

オウチーノが実施したアンケートで 生まれ変わっても日本人になりたいかという もので8割以上の人が生まれ変わっても 日本人でありたいという回答をしたそうです。 http://news.mynavi.jp …

アーカイブ