社会

晩婚化と出会いの場

投稿日:

shiryouS
日本の晩婚化・非婚化が顕著になっており、結婚する平均年齢は
女性が27.4歳、男性が29.3歳となっています。
10年前に比べると、実に2歳以上も結婚する年齢が遅くなっています。

日本の晩婚化が進んでいる要因の一つに、女性が社会に参画する
機会が増えたことが挙げられます。
仕事をしていることが、女性の結婚を遅らせる要因になっていることは
事実です。これは何も悪いことではなく、女性も努力次第で地位が
得られ、収入も増え、自立することができることを意味しています。

ただ、晩婚化と少子化の相関関係からみると、晩婚化が少子化の
背景になっていることは明らかです。
この現象が進めば、日本の社会保障体制はさらに厳しくなります。

ちなみに、男女ともに結婚したくないわけではありません。
結婚しない理由に挙げられているのは、
「結婚したい相手に巡り合わない」・40%、
「金銭的に余裕がない」・29%、
「好きなことをしていたい」・17%、
「独身が気楽だから」・14%
となっています。20~39歳までの未婚者の90%以上の人は、
「いずれ結婚したい」と答えており、「一生結婚するつもりはない」と
回答している人は、男女ともに6%程度にしか過ぎません。

結果的には、適齢期の男女が出会う機会が少なくなったことが、
結婚年齢を押し下げている大きな要因になっています。

近年は、核家族化が進行したり、地域コミュニティが
薄れたりしたため、世話好きなおじさんやおばさんによる
お見合い相手の紹介もなくなりました。
また、多くの若者が集まるような祭りや催事の場も激減しました。

結婚したくてもできない状況を打開するためには、
民間の結婚相談所や出会い系サイトだけではなく、
自治体による街コンなど、公民を通じてのふれあいの場の
創設が喫緊の課題となっています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

お金をためよう

「先立つものは金」。 どんなに綺麗事を言っても、お金がなければ何も出きないのが この世界の悲しいルールの一つです。 お金はあればあるほどいいし、稼げば稼ぐほどいいのですが、 たくさんお金を稼いでいるの …

no image

今年の貯蓄

今年の貯蓄は何をされましたか? 毎年夏と冬と貯蓄をしようと思っていますが、今年は定期貯金の金利が低すぎて、 定期貯金以外の商品を考えることにしました。 定期貯金は郵便局の定額貯金も含めて安全性が高く、 …

no image

老齢厚生年金保険料の具体的計算

老齢厚生年金の保険料は、標準報酬月額×保険料で算出されますが、 実際どれくらいの保険料になるのでしょうか。 計算方法を説明します。 厚生年金保険の保険料率は、平成23年9月分から、 0.354%に引き …

no image

薬のネット販売を認める判決

先ごろ、薬がインターネットで買えるようになる最高裁の判決がでました。 以前はインターネットの通信販売で買うことが可能でしたが、 2009年薬事法改正により販売を禁止に。 これを受けて多くの人が不便を強 …

no image

裁判員制度の裁判員の仕事

テレビや新聞でも時々「裁判員裁判」のことがニュースに 出るようになったこともあり、裁判員制度は国民の間に 定着してきています。 しかし、「何をするのか」、「何をしてはいけないのか」など、 具体的なこと …

アーカイブ