雑記

雛人形の配置と持ち物

投稿日:

memo1228
年が明けて、春の訪れを伝えるお祭りが「ひな祭り」です。
ひな祭りの由来には諸説があり、明確にはなっていませんが、
中国の人形を川に流してお祓いをする風習に端を発し、
平安時代になって貴族の子供達による紙の人形遊びとして楽しまれ、
江戸中期になって現在のような飾り雛になりました。

雛壇の一番上段にある人形は、向かって左側が「お内裏様」で天皇、
右側が「お雛様」で皇后です。

その下の「三人官女」は皇后に付いてきた宮中に仕える女官です。
真ん中に座っているのが女官長ですが、既婚者のため、眉がありません。
三方か嶋台を持っています。向かって左に立っている女官が銚子、
右に立っている女官が長柄銚子を持っています。

その下にいるのが、少年ばかりの「五人囃子」です。ちなみに、
雛人形は平安時代の宮中の儀式を表していますが、五人囃子だけは
持っている楽器も、着ている衣装も江戸時代のものになっています。

左から音の大きい順に、太鼓、大鼓、小鼓、笛の楽器が並び、
右端に謡が置かれます。

4段目の両端には「左大臣(年寄)」と「右大臣(若者)」が並びますが、
位置は向かって右側に左大臣、左側に右大臣がきます。
しかし、身分からいうと、向かって右側に右大臣、左側に左大臣が
こなければなりません。

実は、雛人形は最上段の内裏と雛に対して、それ以下の段にいる人たちは
向き合った設定になっています。そのため、内裏と雛以外の人たちは
実際とは左右が逆に配置されています。

なお、左大臣と右大臣は、大臣という名にはなっていますが、
実際には大臣ではなく、天皇付きの随身と呼ばれる人です。

一番下に、宮中の雑役を務める3人の「仕丁」が置かれ、
それぞれ台傘(日傘)、沓台、立傘(雨傘)を持っています。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

動物・生物好きの人に贈る一口情報

鉄道に嵌まった女子を「鉄子」と言うなら、動物行動に嵌まった女子を 「動子」さんかな。彼女に贈るミニ情報です。 地上の生物の種類は命名されている物で100万種以上と言われているので、 その生態の特徴と行 …

no image

クレジットカードでムリなくポイントを貯めるひと手間

クレジットカードの特典といえばなんといってもポイントですよね。 ポイントが貯まれば、そのポイントで欲しい商品や商品券に交換できるので ちょっとお得な気分になりますよね。 しかし、ポイントのためにショッ …

no image

新しい歌舞伎座の、襲名披露を予想します

歌舞伎の実質的な独占興行会社は、松竹株式会社です。 白井松次郎、大谷竹次郎という兄弟が、関西で会社を立ち上げ成功して、 その後東京へ出て、演芸と演劇の興行権を次々に手中にしていった。 そして、時代の趨 …

no image

金子みすゞの詩について

劇団えるむの、「みすゞ凛ゝ」というお芝居を観ました。 金子みすゞの半生を、彼女の詩を紹介しながら綴っていくお話です。 東日本大震災の直後、一般的なテレビCMが自粛されACのコマーシャルばかりが 流れて …

no image

ユニクロのフリースを着て外出できない

今はユニクロのフリースを着て外出する人ってほとんど見かけないですよね。 近所の買い物等でしたらわからないですけど、少なくとも都心にフリースを 着ていってファッションの1つだとはあまり認識してもらえない …

アーカイブ