雑記

ミニシアターのおすすめ

投稿日:

yattaneS
近年、映像技術は進歩し
あっと驚くような映像が、しかも3Dで見れるものも増えてきました。

予算と技術をつぎ込んで作られ
あらゆるメディアを媒体とし、大体的に宣伝され、大型シネコンで上映される
数々の大作達。

チケット、座席はネットで予約でき、
上映回数も多いので、フラッと行っても大丈夫!

最新の設備で、大型スクリーンに大音量で・・・・

もちろんそんな映画も素敵です。

ですが、たまにはミニシアターでマイナー映画はいかがでしょうか?

一日に数回の上映回数
チケットはネットで買えない場所多数
上映期間も短く、回転が速い

こうやって羅列してしまえば、何が良いのか伝わりづらいですね。

魅力的な点をあげれば

まず、低予算で、高い技術を使いたくとも使えない中で作られた映画の中には
そのなかで試行錯誤された、独特の表現方法、技術、世界観があります。

あのヒットした「ソウ」も、一作目は低予算で小規模に作られた映画でした。
だからこその、一作目の世界観や見せ方の工夫は目を見張るものがありました。

次に、ジャンルは多彩で、上映時間も比較的短いものが多く
ファッションムービーやオムニバス形式なものといった、大型シネコンでは
まず取り扱わないようなものが楽しめます。

最後に、個人的にはこれが一番の魅力を感じる部分ですが、
最初にあげた

上映回数の少なさ
上映期間の短さです。

なぜ?とお思いですか?

それは、多少の不便さが、映画の価値を高めると感じるからです。

まず、ミニシアター系の映画の中から見たいものを探します。
そしてそれが上映されている映画館を探してみましょう。

もし、都内でなら
おそらくその映画が上映されている映画館は1~3か所程度でしょう。
見に行く映画館を決めたら、スケジュールを確認します。
上映期間は大型シネコンに比べれば短いはずです。
上映回数も、多くて1日に3~4回でしょう。

そこできっと悩みます。
これは本当に面白い映画だろうか?
自分が見たい映画だろうか?
きっと映画の内容やレビューも調べるでしょう。

それでも見たくて見に行ったのなら
きっとそれは映画の内容が自分にとって良くても悪くても、心に残る1本になるでしょう。

どんどん便利になり
手間もかけず不便も感じず、楽しめることで溢れ
欲しいものはすぐ手に入る昨今

楽に手にしたものは、楽に手放せます。

予定のない休日。
まっすぐ帰りたくない日。

小規模に作られた映画を小規模の映画館で
不便さを少しだけ味わって映画を見るのも、良いものですよ。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

「進撃の巨人」の魅力

このブログなのですが、結構な回数、進撃の巨人関連の キーワードで検索されています。 進撃の巨人という漫画はやはり普通の漫画と異なり 圧倒的人気を持っているということになるんだと 思います。 (他にも漫 …

no image

古代から使われている原理を現代に応用するアイディアと技術

2012年12月、中央高速道路のトンネルの天井板が落下して死傷者が出るという 事故が起きました。 定期的に行われていた点検で打音検査の「対象外」と なっていたようですが、このような大事故が起きるまで何 …

no image

父母もジーユーを使ってます

あるとき、私の母から電話がありました。 ”ジーユーってどこにあるの?” 最近母がユニクロでよく買い物をしていることは知っていましたが、 母の口から”ジーユー”が出てくるとは! どうやら何かのテレビで、 …

no image

昭和30年代の落語界。文楽、志ん生に、圓生が加わって。

10年くらい前からでしょうか。「落語ブーム」ということが しばしば言われるようになりました。 林家正蔵襲名、銀座落語会、あるいはテレビドラマ 「タイガー&ドラゴンん」など、落語が若い人にも身近になって …

no image

緊急地震速報の訓練はありなのか?

本日、渋谷区で緊急地震速報の訓練が あったそうです。 渋谷区にいた人はマナーモードにも関わらず 音が流れて騒然としたとのこと。 渋谷区に居住している人にはもしかすると 事前に告知があって周知されていた …

アーカイブ