社会

横浜市の待機児童ゼロについて

投稿日:

news05
今朝のニュースで横浜市の待機児童がゼロになる
見通しについて報道されているのを見た。

かつては待機児童数日本一という不名誉な称号を掲げた
横浜市であるが、3年前今の女性市長に変わってから
大きくその問題にメスを入れたようである。
たった3年でこんな結果が出せるなんて、なんと有能な市長だろうか。

かねてより、少子化問題が叫ばれ出して最早どれほどの年月が
過ぎたか分からない程なのに、なぜか同時に保育園数の少なさ、
つまり待機児童の多さも問題になっていた。

しかも全国的にも大きな問題になっているにもかかわらず、
その対応は自治体任せなのか、国からの大きな動きはなかったように
記憶している。

国の対応の遅さを露見したような今回の横浜市の
スムーズな問題解消劇は痛快ですらあった。

少子高齢化が進む限り国の未来は明るくない。
そんなことは誰しもがわかっている事だ。
それなのに、子供を持つ、育てる事に関して日本は遅れすぎて
いるように感じる。

育休制度を男性も取れるように働きかけるよりも先に、
女性自身が育休を請求しやすい、3年間取れるなら強制的にでも
3年は育児に専念できる環境を整える方が先ではないだろうか。

『休みを取りたいけど働かないと…』より『休めるけれど働きたい』と
いう風に環境を変えて貰えれば、子供を産み育てやすくなると思う。

また、子供が欲しくて欲しくて辛い治療に耐えながら治療費の
心配をしなくて済むように、産みたい、と熱望する人のために
なぜ国のお金は使われないのか。

今日の日本を作る為奔走して下さった高齢者を大切にするのはいい。

しかし、それだけでは国としての発展は望めない事をもっと
真剣に考えて貰いたいと思う。

かつて『女性は子を産む機械』と発言して更迭された浅はかな大臣がいたが、
こんな考えを持った男性主体の政府には何の期待も出来ない事を、
今回の横浜市長が体現してくれたようにさえ感じる。
もう少し、未来への投資をして貰いたいものだ。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

結婚式で友人代表の挨拶を頼まれたとき

結婚式が二十代の後半くらいから、社会人ならば出席する機会が ぐんと増えてくると思います。 昔から知っている友人やともに会社で働く同僚が普段のちゃらけた様子と 違うきりっとした姿で式に臨んでいる様子を見 …

no image

薬のネット販売を認める判決

先ごろ、薬がインターネットで買えるようになる最高裁の判決がでました。 以前はインターネットの通信販売で買うことが可能でしたが、 2009年薬事法改正により販売を禁止に。 これを受けて多くの人が不便を強 …

no image

企業が排出するゴミ問題に対し、消費者が責任を負う理由

企業がゴミに対する社会的責任を果たすためにも、 ゴミ発生を抑制したり、適性に処理する事を効率的にしていかなければなりません。 この効率性を追求するためにも、消費者もそのゴミに対する負担を 背負う事が結 …

40歳以上のひきこもりが増加している問題

ダイヤモンドの記事で 40歳以上のひきこもりが増加していて 親子共倒れの危機というような話が 出ていました。 岩手県の町で調査をしたというところで 実は働いていない40代の子供が 結構見つかったという …

no image

正しい事が社会的に認められる例

現在、体罰や危険運転における法律など不条理な問題が多々あると思います。 このように日本では間違っている問題に対し、正しい形に変えることへの 難しい部分が存在します。 このような問題に対し、一つの解決策 …

アーカイブ