社会

節約できる薬代で薬剤師さんを増やそう

投稿日:

014480
年間500億円の薬代と聞いてピンとくるでしょうか。

驚くことにこの金額は、患者が飲まずに家庭にたまっている
医薬品の在庫高です。500億円の大部分は、飲み切る前に
風邪が治ったとか、飲んだら胃がむかむかしたとか、
飲み忘れていたとかいう理由で家庭の茶箪笥に眠っている
可哀そうな薬たちです。

もし薬剤師が住宅や介護施設などを訪問して患者に適切な
服薬指導した場合は、このうちの400億円が削減できると推定されます。 

入院せずに自宅で療養する患者の増加で薬剤師による訪問サ-ビスの
重要性が高まっています。国が薬剤師さんをパ-トで雇って
服薬指導すれば、削減できる400億円で前向きの人件費を
手当てすることができるのです。 

厚生労働省は在宅医療の充実を掲げています。
このシステムを充実させるには、地域の医師や
看護師、薬剤師、看護師、ケアマネ-ジャ-などが連携し、
包括的なケアを実施する仕組みを作ることが欠かせません。

ただ現状では薬剤師の絶対数が不足しているので、薬剤師を
派遣できる薬局の数は限られます。上記の400億円で薬剤師の養成は十分できます。 

実際、薬剤師が随時の訪問で見出した問題点には次のようなものが
あります。
「薬の保管状況」、「服用薬剤の理解状況」、「薬の飲み忘れ」、
「副作用の発症」、「薬の飲み過ぎ」などです。

薬剤師が定期的に服薬指導に巡回訪問すれば幾つかの問題点は
速やかに解消され、患者や財政が受けるメリットは
計り知れないものがあると考えられます。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

高齢化社会から見る生活用品サービスの新たな姿勢

生活用品を扱う経営と言えば、印象的なのは生活雑貨を 扱うホームセンターとコンビニの2種類だと思います。 ホームセンターではより多くのお客様のニーズに応える為に、 自社開発をめざし、実際に作った試作品を …

no image

親子で楽しめる「ガンダムカフェ」

サブカルチャーの聖地・秋葉原には、メイド喫茶から フィギュアショップまで、もう何でもあるといっても過言ではありません。 店舗の移り変わりも早く、半年ぶりに行くと町の様子が 変わっていることに驚きます。 …

no image

「営業大学」は必要なのか?

文系に最も必要なのは営業の能力で 大学でも営業大学が必要だという話がありました。 参考 文・人文系学生の就職率は低い 「営業大学」なぜないか疑問 http://www.news-postseven.c …

no image

添い寝専門店が流行る

添い寝専門店が流行っていて、既に秋葉原にオープンして 今度は新宿にオープンしたという話がありました。 価格を見ると 20分 3000円 40分 5000円 60分 6000円 120分 11000円 …

高速バスでサービスエリア乗客置き去り 乗客が悪いことになる

高速バスのサービスエリア休憩にて 時間内にお客さんが戻ってこないで そのまま置き去りにして出発してしまった。 こんな場合に乗客が悪くなるのか? それともバス会社に責任があるのか? 最近は、よくバス会社 …

アーカイブ