社会

節約できる薬代で薬剤師さんを増やそう

投稿日:

014480
年間500億円の薬代と聞いてピンとくるでしょうか。

驚くことにこの金額は、患者が飲まずに家庭にたまっている
医薬品の在庫高です。500億円の大部分は、飲み切る前に
風邪が治ったとか、飲んだら胃がむかむかしたとか、
飲み忘れていたとかいう理由で家庭の茶箪笥に眠っている
可哀そうな薬たちです。

もし薬剤師が住宅や介護施設などを訪問して患者に適切な
服薬指導した場合は、このうちの400億円が削減できると推定されます。 

入院せずに自宅で療養する患者の増加で薬剤師による訪問サ-ビスの
重要性が高まっています。国が薬剤師さんをパ-トで雇って
服薬指導すれば、削減できる400億円で前向きの人件費を
手当てすることができるのです。 

厚生労働省は在宅医療の充実を掲げています。
このシステムを充実させるには、地域の医師や
看護師、薬剤師、看護師、ケアマネ-ジャ-などが連携し、
包括的なケアを実施する仕組みを作ることが欠かせません。

ただ現状では薬剤師の絶対数が不足しているので、薬剤師を
派遣できる薬局の数は限られます。上記の400億円で薬剤師の養成は十分できます。 

実際、薬剤師が随時の訪問で見出した問題点には次のようなものが
あります。
「薬の保管状況」、「服用薬剤の理解状況」、「薬の飲み忘れ」、
「副作用の発症」、「薬の飲み過ぎ」などです。

薬剤師が定期的に服薬指導に巡回訪問すれば幾つかの問題点は
速やかに解消され、患者や財政が受けるメリットは
計り知れないものがあると考えられます。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

敷金は返還してもらうべきです

多くの人が経験していると思いますが、賃貸のアパートやマンションを 引っ越す時に悩みの種となるのが「敷金の返還」です。 畳やカーペット、壁などが薄汚れてきているため、敷金を放棄したり、 大家さんから張り …

no image

LCCの利用は余裕を持って

ここ最近格安航空会社(LCC)が登場してきました。 LCCの運賃は既存のJALやANAに比べると安いんですが、 利用する際にはそれなりの注意が必要です。 テレビなどの報道で座席がとても狭いことや、機内 …

no image

ネット依存をプラスに利用できないのか?

ネット依存問題が昨今は大きく取り扱われてきています。 PCでも十分に起こり得た話ではありますが、最近の スマホ化の普及によって、オンラインゲームも進み、 高額アイテムを次々購入する等のある意味被害とも …

no image

老齢年金の基礎年金の免除

老齢厚生年金の被保険者の資格については ・適用事業所である民間企業の一般社員、それ相応の勤務をしている人 ・25年間保険料を支払っている人になるということ この2点になります。 日本の公的年金では、2 …

no image

金融機関のクラウド利用

金融機関、つまり銀行や証券会社、保険会社は、膨大な量のデータを 扱っています。 これは顧客に関する情報もあれば、取引に関する情報、相場に 関する情報等、さまざまなものが含まれます。 そして、これらの情 …

アーカイブ