社会

節約できる薬代で薬剤師さんを増やそう

投稿日:

014480
年間500億円の薬代と聞いてピンとくるでしょうか。

驚くことにこの金額は、患者が飲まずに家庭にたまっている
医薬品の在庫高です。500億円の大部分は、飲み切る前に
風邪が治ったとか、飲んだら胃がむかむかしたとか、
飲み忘れていたとかいう理由で家庭の茶箪笥に眠っている
可哀そうな薬たちです。

もし薬剤師が住宅や介護施設などを訪問して患者に適切な
服薬指導した場合は、このうちの400億円が削減できると推定されます。 

入院せずに自宅で療養する患者の増加で薬剤師による訪問サ-ビスの
重要性が高まっています。国が薬剤師さんをパ-トで雇って
服薬指導すれば、削減できる400億円で前向きの人件費を
手当てすることができるのです。 

厚生労働省は在宅医療の充実を掲げています。
このシステムを充実させるには、地域の医師や
看護師、薬剤師、看護師、ケアマネ-ジャ-などが連携し、
包括的なケアを実施する仕組みを作ることが欠かせません。

ただ現状では薬剤師の絶対数が不足しているので、薬剤師を
派遣できる薬局の数は限られます。上記の400億円で薬剤師の養成は十分できます。 

実際、薬剤師が随時の訪問で見出した問題点には次のようなものが
あります。
「薬の保管状況」、「服用薬剤の理解状況」、「薬の飲み忘れ」、
「副作用の発症」、「薬の飲み過ぎ」などです。

薬剤師が定期的に服薬指導に巡回訪問すれば幾つかの問題点は
速やかに解消され、患者や財政が受けるメリットは
計り知れないものがあると考えられます。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

飲食店内原則禁煙、罰金30万円以下 厳しいor嬉しい発表?

東京オリンピックに向けての国際基準での 禁煙の推進ですが、 飲食店内が原則禁煙、 罰金は30万円以下という方針が 厚生労働省から出ているようです。 30平方メートル以下のバーやスナックが 対象外となる …

no image

小学校の入学準備事情

今年の春、小学校に入学する子供がいます。 ここ最近なんでしょうか?小学校や中学校の新入学事情は、 私が子供のころ(20~30年くらい)では、ずいぶん変わりました。 まずは、必需品のランドセルです。定番 …

no image

裁判員裁判制度の検証はどうなっているのか

時折、ふと思うこと、裁判員裁判制度に関する事件の行方は、 たまに報道されるのですが、裁判員制度自体に対する検証は、 どこへ行っているのでしょう。 かなり昔、メンタルケアは、やはり欠かせない、というよう …

no image

子供が生まれた後のそれぞれのストレス発散

子供が生まれると途端に生活が一変します。 今まで自分ペースもしくはご主人と二人のペースであったものが、 すべて生まれたばかりの子供のペースになります。 赤ちゃんは言葉を話すことができないから仕方のない …

寝不足で生産性が低下するということ

寝不足によって生産性が低下し、 経済損失が起こる。 こんな今更当たり前の内容が 記事として出ていました。 1日の平均睡眠時間が6時間未満の 人の割合が20歳以上で39.5%もいるという ことです。 夜 …

アーカイブ