雑記

1月11日という日

投稿日:

memo1228
最近は暦のついているカレンダーが少なくなっているので、
暦が解らない時はあります。

1月11日は鏡開きの日。

それでも、昔の記憶を辿ると、どんど焼きの日と混同してしまっているのです。

こちらは、1月15日。小豆粥の日と覚えていました。

鏡餅は、開くというのですが、お正月に飾った鏡餅を割ります。
実際には小さくする事ですが、包丁で切ってはいけないのです。
神様へのお供え物だったので、切るということは忌み嫌われるのです。
鏡餅は、木槌などで叩いて割り、小さくします。
こもかぶりのお酒も、木槌で蓋を割るのは、同じ理由です。

ほとんどの家庭が、個包装のパック餅が入ったお飾りを買うように
なってしまっている今では、
割った鏡餅を水につけて青カビを取るという
知恵を知っている人は少なくなりました。
水餅にすることで、青カビ臭さをとり、柔らかくしてお汁粉や粥に入れます。

また、細かくなったかけらは何をしても柔らかくなりません。
天日干しにして乾燥させてから、油で揚げて
おかきや、あられにするのです。

お餅は、昔の人には贅沢品でした。
正月だけでなく、米処では人をもてなす時には必ず餅をついて
もてなしたようです。

鏡餅も余すところなく使うのが、昔の人の知恵です。

昔の風習が残っているにも関わらず
使っているものの方が、どんどん変わってきているので
言葉の意味も解らなくなってしまいそうになります。

鏡餅や、お飾りがただのイベントの飾りではない
という事を、まだまだ残しておきたいと
感じてしまうのが1月11日です。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

暇がある人には自転車趣味がおすすめ

まだまだ寒い時期ですが、そろそろ運動不足が目立ってきて お腹周りがたるんできた人も多いと思います。 そんな人は運動で体を積極的に動かすのが嫌で、かといって このままではいたくないという思いが強いはずで …

no image

大相撲の「引き分け」は日本の精神文化

現在ではちょっと考えられませんが、昔は大相撲に「引き分け」がありました。 大相撲の歴史は古く、遠くさかのぼれば「日本書紀」の野見宿祢と 当麻蹴速の力比べにまで行き着きますが、これは伝説。 職業相撲は江 …

no image

メガネはどんどん安くなる!?

厳しいメガネ業界ということでニュースに出ていましたね。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121015-00000505-san-bus_all ほんと低価格競争 …

no image

少しのテクニックで女性にモテよう

女性に気に入られたい男性必見。 ちょっとしたテクニックで女性にモテる方法をご紹介します。 最初に言わせてもらいますが、女性はおしゃべりが大好きです。 内容は今日の出来事や友達の話など、たいして面白くも …

no image

父母もジーユーを使ってます

あるとき、私の母から電話がありました。 ”ジーユーってどこにあるの?” 最近母がユニクロでよく買い物をしていることは知っていましたが、 母の口から”ジーユー”が出てくるとは! どうやら何かのテレビで、 …

アーカイブ