雑記

誰でも簡単にできる幸せになるためのトレーニング法

投稿日:

yorokobiS
幸せになりたい、恋愛を成就させたい、恋がしたい、
もっとイキイキと生活したい、そんな方にとっておきの
誰にでも簡単にできるトレーニング法があります。

それは夢や希望に満ちた唄、感動的なラブソング、
ノリがいい楽しい曲等を、声にだして口ずさみながら
どんどん大きな声で歌う事です。

明るく伸びの良い元気ないい声を出すという事は、
聞いている周りの人だけでなく、自分の気分も爽快にしてくれるのです。

唄の歌詞が夢や希望を叶える、好きな人と結ばれる、
人を愛する喜びといった内容だと、それをいつも口ずさんでいるだけで、
自然とその言葉や思想が脳にインプットされていくので、
幸せを呼び込みやすくなるのです。

そして、いつも喜びと幸せに満ち溢れたそんな素敵な
あなたの声や言葉、姿を眺めている周りの人達も、
元気にさせてくれるのです。

何よりも自分が楽しい、ワクワクする、愛に満ち溢れているといった
幸せに包まれながら時間を過ごしていけるので、掃除をしながらでも、
料理をしながら、お風呂に入りながらでもいいので、思いっきり素敵な唄を歌って下さい。

そうすると耳から聴いた素敵な曲を、口から出すといった
プラスのエネルギーの循環にもなるのです。

気のめぐりが良くなると、自然と自分の周りでいい事が起きたり、
何かチャンスが巡ってきたりしやすくなるのです。

幸せになる、楽しく生活する、愛に満ちた人生を送るのって、
実はとてもシンプルで簡単なことなのでした。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

気のめぐりを良くするための波動修正法

この世界には目には見えないけれど、気(波動)といったエネルギーが流れています。 人間の体内にも、経絡といって気、血、水が絶えず体全体を 巡りながら、生命を維持しているのです。 今回は、そんな気のめぐり …

no image

子規、漱石、百閒~小鳥好きな文豪たち

正岡子規と夏目漱石は学校の同窓で、同い年の親友。 内田百閒は漱石の弟子です。 ただし、子規は三十五歳で亡くなっており、漱石が「吾輩は猫である」で 作家デビューしたのはその三年後ですから、百閒と子規は一 …

no image

2013年 梅雨入りの時期について

梅雨入りということが先日東京でも 5月29日ごろに発表されて平均より 10日も早いということで発表されていました。 梅雨になるとじめじめしてイヤだなあと 思ったり、今は自転車を使っているので 自転車を …

no image

環境を守るキーワードは「3つのR」

ゴミを減らし、環境を守るキーワードは、 リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の 3Rです。 最も優先すべきことはリデュース=ゴミを持ち込まない、 ゴミを回避 …

no image

歌舞伎花形役者「三之助」評

歌舞伎花形役者を将来の展望を含めながら見ていきます。 「花形」は若手の人気役者を表した言葉ですが、 ここではかつて「三之助」と呼ばれた三人に限って、取り上げたいと思います。 市川海老蔵。稀有なスケール …

アーカイブ