ビジネス

飲食店の原価率

投稿日:

memoS1
サラリーマンが退職して、ラーメン店や焼鳥屋などの
飲食店を開いたけど、儲かっていない、という話をよく聞きます。

すべての商売の基本は利益であり、利益の計算を無視した
商売の存続はあり得ません。利益計算のポイントは「原価率」です。

飲食店の原価率は一般的に35%が適正とされており、売上を100とすると、
原価率が35%で、粗利益率が65%となります。
そして、粗利益率の内訳は人件費が25%、販促費が15%、
家賃・水道光熱費などが20%、残りの5%が経常利益になります。
これが飲食店の理想的な数字の配列とされています。

しかし、このような数字になるのは、よほど競合店が全くない、
人通りの多い立地の良いところに店がある、などの好条件に
恵まれた時でしかありません。数字が絵にかいた餅になっています。

得てして繁盛店の原価率はもっと高く、50%を超える店も少なくありません。
確かに、競合店に勝つために値段を安くしている面は否めませんが、
かと言って食材や飲み物の質は落としていません。
だからこそ、原価率が高くなっているのです。

美味しいものをリーズナブルな値段で提供していれば、必然的に
客が定着し、さらに、客が客を呼ぶようになります。
結果的には売上が上がることになり、原価率が高くなったと
しても粗利益額は増え、一番肝心な経常利益が増えることになります。

また、売上が上がると、仕入れも増え、原価率を
下げることもできるようになります。

ただし、最も重要なことは、価格競争に陥らずに、
店の雰囲気や店員の質、料理のおいしさなど、
お金をかけない付加価値の提供を続けることです。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

ワタミの理念と現実

ワタミ(和民)といえば、居酒屋でもちろん有名ですが、 社長がマスコミに頻繁に出てくることでも有名になっていますよね。 今は実質的な利益を上げているのは介護事業とのことで かなりの多角化を進めているよう …

no image

見やすい発表資料について

会社で働いている中では様々な発表資料を作ることがあると思います。 求めてくる人もたくさんいるでしょう、自分の上司やもっと上役の方、 同年代での研修成果の発表会や新人教育の場、場合によっては 研修講師と …

no image

資本主義社会を生き抜く方法

今、日本でも貧富の差が大きくなっていると いえます。 社会的弱者が増え続けていることで、資本主義なんて、 こんなシステムは役になっていないと思う人もいるかと 思います。 税金の差があるといっても富の再 …

no image

今後のための後輩育成のすすめ

会社員人生ではいくつか難関が自分の前に立ちはだかると 思いますが、入社後すぐの混乱状態を抜け出すと次に 差し掛かる大きな問題が後輩育成だったりします。 別に後輩育成なんて誰でもやっていることだし、 時 …

no image

ルミネの100万円お買い物し放題 広告が上手い

ルミネでルミネカードを持っている人が応募して 抽選で1名が100万円分お買い物し放題という キャンペーンをやっていました。 今は新宿ルミネ店での100万円当選が確定して 第二段に入っている状態です。 …

アーカイブ