ビジネス

飲食店の原価率

投稿日:

memoS1
サラリーマンが退職して、ラーメン店や焼鳥屋などの
飲食店を開いたけど、儲かっていない、という話をよく聞きます。

すべての商売の基本は利益であり、利益の計算を無視した
商売の存続はあり得ません。利益計算のポイントは「原価率」です。

飲食店の原価率は一般的に35%が適正とされており、売上を100とすると、
原価率が35%で、粗利益率が65%となります。
そして、粗利益率の内訳は人件費が25%、販促費が15%、
家賃・水道光熱費などが20%、残りの5%が経常利益になります。
これが飲食店の理想的な数字の配列とされています。

しかし、このような数字になるのは、よほど競合店が全くない、
人通りの多い立地の良いところに店がある、などの好条件に
恵まれた時でしかありません。数字が絵にかいた餅になっています。

得てして繁盛店の原価率はもっと高く、50%を超える店も少なくありません。
確かに、競合店に勝つために値段を安くしている面は否めませんが、
かと言って食材や飲み物の質は落としていません。
だからこそ、原価率が高くなっているのです。

美味しいものをリーズナブルな値段で提供していれば、必然的に
客が定着し、さらに、客が客を呼ぶようになります。
結果的には売上が上がることになり、原価率が高くなったと
しても粗利益額は増え、一番肝心な経常利益が増えることになります。

また、売上が上がると、仕入れも増え、原価率を
下げることもできるようになります。

ただし、最も重要なことは、価格競争に陥らずに、
店の雰囲気や店員の質、料理のおいしさなど、
お金をかけない付加価値の提供を続けることです。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

億万長者になるには何をしたらいいか?

億万長者を狙うには何をしたらいいのか? そんなテーマについてですが、億万長者になる 7つの鉄則という記事を見つけました。 中卒で100億円築いた男の「億万長者になる7つの鉄則」 http://r25. …

no image

企業が求める柔軟性のある人材とは

よく企業の求める人材の中に柔軟性のある方という部分があります。 多くの学生が柔軟性とは物事に対し、柔軟に取り組むという 印象で済んでしまうかもしれませんが、具体的にはどんな柔軟性が 求められているか分 …

no image

1人1人が店を持つことができる時代

本日のワールドビジネスサテライトで 特集していた1人1人が店を持つことが できるという話。 ブラケット、アラタナ、ヤフーバザールと オンラインのお店が紹介されており非常に 参考になるものでした。 ヤフ …

no image

プライバシーマークの規定における重要なポイント

企業のホームページを見ていると、トップページの片隅に「P」と いうマークを見つけることがよくあります。 この「P」というマークは「プライバシーマーク(Pマーク)」と言い、 個人情報に対する適切な保護規 …

no image

年下上司にタメ口を使う人

今や珍しくない年下上司ということで 敬語で話すのかタメ口なのかということでの 話題がありました。 参考データによるとタメ口がアリが20.4%、 ナシが79.6%となっています。 参考 今や珍しくない「 …

アーカイブ