社会

ソーシャルメディアハラスメント(ソーハラ)の実態

投稿日:

PCS
ソーシャルメディアハラスメント、ソーハラと
呼ばれる新たな職場トラブルが起こっているようです。

フェイスブック等で上司から友達申請をされたり、
コメントへの反応を迫られたり、いいね!を強制されたりとか。

これは話題になる前から私自身のフェイスブックでも
同じような状況が起こっていたのでよくわかります。
私自身は現在フェイスブックは登録だけの状態で
余計な書き込みはしないようにしてしまいました。

mixiのような招待制で見つかりにくい仕組みであったり
twitterのようにIDとして好き勝手にできるものであれば
いいですが、フェイスブックはどうにも社会と極端に
良い面でも悪い面でもつながりすぎるという部分があります。

上司とつながっている状態で、仕事のことなんて
下手にタイムラインに書いたら大変なことに
なってしまいますよね。

文章を投稿する前に、この内容は上司に見られたら
どう反応されるだろう?同僚・後輩に見られたら
どう反応されるだろう?

あっちの友達にはどう思われて、こっちの友達には
どう思われて・・・なんてそんなことを考えていたら
結局、何の深さもない微妙な投稿しかできなくなって
しまうのです。

そういう意味で日本での実名制ソーシャルネットワークは
やはり無理があるよに思えてしまいます。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

未成年者との取引とその取り消しによる返還義務について

A(売主)がB(買主)とバイクの売買契約をしました。 バイクは50万円で売れました。Aはその50万円のうち10万円を 生活費として使い、20万円を競馬で使って全額スってしまいました。 現在手元には20 …

日本を褒め称えるサイトは本当なのか?

世界が絶賛する日本!みたいな 自国礼賛サイトはこうやって 作られていた!ということで kino toshiki氏が暴露記事を 出しているものを見ました。 ヨーロッパに住んでいて、 実際には日本の製品を …

no image

いろいろな点で便利な電子マネー

お金の支払いに、電子マネーを利用している人も中にはいるでしょう。 電子マネーは、クレジットカードのように人々にそれほど 普及しているイメージはあまりありませんが、利用している人も いらっしゃいます。 …

no image

ネット使用が2時間以内になれば正常

プライベートのインターネット使用が2時間以内であれば 正常で、そうでない場合はインターネット依存症の 可能性があるようです。 参考) 「ネット依存症」深刻化 スマホなど携帯型端末も要因 http:// …

no image

身元保証人の責任範囲

「借金の連帯保証人には絶対になるな」という言葉がすでに 常識となっているため、連帯保証人をお願いする人も受ける人も ほとんどいなくなっています。 ただ、身元保証人になる人はまだいるようです。 身元保証 …

アーカイブ