社会

正しい事が社会的に認められる例

投稿日:

news05
現在、体罰や危険運転における法律など不条理な問題が多々あると思います。

このように日本では間違っている問題に対し、正しい形に変えることへの
難しい部分が存在します。

このような問題に対し、一つの解決策として存在するのが、法律の改正です。

1980年代、車の排出量における公害問題がありました。
当時、今の技術程ではありませんが、排出量を抑制する排煙脱硫技術は
存在していました。しかしコスト面からその装着をせず、問題が放置され、
公害による犠牲者が出る形へとなりました。

これに伴い、法律が改正され、公害問題に対する問題が緩和されました。
このような事態から、社会的にまで認められる価値にする為には、
法による改善が一つの手として存在します。

従来多くの人が価値観の主張のみで行動が止まり、結局改善されないままで
終了するケースが多くあります。

このような形へと終わらない為にも最終目標を法の改正にし、
取り組むことが一種の解決になると思います。

かつて、少年法により、母と子を亡くした夫は、この問題をなくすために、
法の改正に乗り出す事をし、無事裁判所が要望に応えるまで行きました。

更に正しさが社会的に認められるだけでなく、法の改正は更なる
付加価値を生みます。公害問題における改正により、日本企業は
公害問題に対する製品を開発し、今は環境問題に関する取り組みへと
結びつけています。先ほどの少年法に関する問題においても、
裁判における法律の見直しとなっています。

このことから、正しい事を更に良くしていきたいのであれば、
法の改正は一つの目標として定めるものだと考えられます。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

無料保険相談とFP

最近よく総合保険代理店の『ファイナンシャルプランナーが無料で 保険の相談を受けます』というWEB広告を見かけます。 ファイナンシャルプランナー(FP)とは「ファイナンシャル(会計上、金銭上)」の 「プ …

no image

イギリスと日本との違いから見る洋上発電に求められること

現在の電力事情に伴い、再生可能エネルギーのニーズが高まっています。 その中において、海上に風力発電を作るプロジェクトが進められているのですが、 日本はイギリスと比べ、プロジェクトが進んでいない事になっ …

no image

寄付の発表は売名行為と非難されるべきか?

ソフトバンクの孫正義がアメリカのハリケーン「サンディ」への 被害に対して50万ドル寄付したということをtwitterで発表し、 それに対して「寄付まで商利用するな!」と 批判されたということがありまし …

no image

スターバックスにはケチになってほしくない

スタバがコーヒーの量を減らしていたなんてことで 話題になっています。 「器いっぱいに注ぐとこぼれやすく、またミルクを入れる  スペースがないなどとの指摘に応えたものだと説明」 という話にはなっています …

no image

PPPという公害における責任費用について

PPPとはPolluter Pays Principleの頭文字からとった略語であり、 企業がもし公害的なものを排出しているのであれば、それを費用で責任を負う 「汚染者支払いの原則」をさします。 自動 …

カテゴリ

アーカイブ