社会

正しい事が社会的に認められる例

投稿日:

news05
現在、体罰や危険運転における法律など不条理な問題が多々あると思います。

このように日本では間違っている問題に対し、正しい形に変えることへの
難しい部分が存在します。

このような問題に対し、一つの解決策として存在するのが、法律の改正です。

1980年代、車の排出量における公害問題がありました。
当時、今の技術程ではありませんが、排出量を抑制する排煙脱硫技術は
存在していました。しかしコスト面からその装着をせず、問題が放置され、
公害による犠牲者が出る形へとなりました。

これに伴い、法律が改正され、公害問題に対する問題が緩和されました。
このような事態から、社会的にまで認められる価値にする為には、
法による改善が一つの手として存在します。

従来多くの人が価値観の主張のみで行動が止まり、結局改善されないままで
終了するケースが多くあります。

このような形へと終わらない為にも最終目標を法の改正にし、
取り組むことが一種の解決になると思います。

かつて、少年法により、母と子を亡くした夫は、この問題をなくすために、
法の改正に乗り出す事をし、無事裁判所が要望に応えるまで行きました。

更に正しさが社会的に認められるだけでなく、法の改正は更なる
付加価値を生みます。公害問題における改正により、日本企業は
公害問題に対する製品を開発し、今は環境問題に関する取り組みへと
結びつけています。先ほどの少年法に関する問題においても、
裁判における法律の見直しとなっています。

このことから、正しい事を更に良くしていきたいのであれば、
法の改正は一つの目標として定めるものだと考えられます。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

電気自動車の走行距離

最近、街中を車で走っていると、ハイブリッドカーを見ることが 非常に多くなりましたが、まれに、電気自動車を見かけることもあります。 電気自動車とは、バッテリーに蓄えた電気でモーターを 回転させて走る自動 …

no image

スポーツの指導方法について

最近は学校での部活動における体罰が非常にピックアップされる 出来事が多くなっています。 わたしも中学、高校、大学とずっと 体育会系の部活動に所属してそこで青春を謳歌してきたものと して個人的な意見があ …

no image

結婚・出産に関する口出し

昨今、女性が強くなったと言われるにつれ『草食男子』やいまや 『絶食男子』に代表されるように男性の方が弱くなったと言われて久しい。 しかしそれでも、女性には昔から特有の重荷がいまだに 伸し掛かっているよ …

no image

体験者の声も疑いを持つこと

最近、動画セミナーを見る機会が増えてきました。 以前はインターネット上で成立する商売の場合、縦長の ランディングページ、キラーページと呼ばれるような サイトで表現して完了というパターンの売り込みが 多 …

no image

首相が頻繁に変わっていいのか?

衆議院が解散になって、再び総選挙が行われるということに なりました。 自民が良いのか、民主が良いのか、それとも第3党? とそれぞれの方がさまざまな想いを抱いていると思います。 でも、そもそもこんなに日 …

アーカイブ