ビジネス

新しい会社法の設立背景

投稿日:

PC!S
過去、一国一城の主を夢見て、自分の会社を設立することを
目指した人が大勢いました。

ただ、株式会社を設立するためには、1,000万円という大金が
必要だったために、資金を集められずに断念した人も数多くいました。

しかしながら、近年新しく設立された会社法では、従来1,000万円と
されていた最低資本金の規定が撤廃され、資本金が1円でも株式会社が
設立できるようになったことで、今まで諦めていた人も軒並み会社を
設立するようになっています。

最低資本金が撤廃された背景には、以下のような理由がありました。

●経済不況が長引いていたことから、廃業に追い込まれる会社が続発し、
 新規の起業を増やす必要があったこと。

●インターネットの環境が確立され、ネットビジネスなど、
 小額の資本でも事業運営が可能な業種が拡大していること。

●債権者の保護のためには、設立時に多額の資本金を用意するよりも、
 会社の財政状況や資産内容の適切な開示、また事業利益の獲得と
 安定的な社内留保の方が重要であること。

●業務を実施する上での取引においても、過去の実績や現在の経営内容、
 事業規模などが重要であり、資本金の額の多寡はほとんど判断材料になっていないこと。

また従来、株式会社における社内機関として、取締役・3名以上、監査役・1名以上の
設置が義務付けられていたため、社員の少ない零細企業でも、取締役や監査役を
設置しなくてはなりませんでした。

それも、今回の会社法では、取締役の人数は1名でも株式会社を
設立することが可能となったことから、家族など名ばかりの
取締役を置く必要がなくなりました。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

圧迫面接は企業にとって効果があるのか?

圧迫面接についての記事がありました。 圧迫面接というのはわざと応募者、に対して いやなこと、きついことを言ってその反応を 見るというような面接です。 ・参照 就活「圧迫面接」の真意とは? 怒鳴る、全否 …

no image

LCCの料金は公平性の上に成り立っています

日本でピーチというLCC(格安航空会社)が設立されて以来、 LCCを利用する旅行者が急激に増加しています。 日本の航空会社の系列のLCCも増え、海外からも次々と 参入していることから、顧客の争奪戦も始 …

no image

見やすい発表資料について

会社で働いている中では様々な発表資料を作ることがあると思います。 求めてくる人もたくさんいるでしょう、自分の上司やもっと上役の方、 同年代での研修成果の発表会や新人教育の場、場合によっては 研修講師と …

no image

情報商材の検証サイトの善し悪しを判断

情報商材を実際に使用してみての感想などを書いたサイト いわゆる「検証サイト」ですね。 これに関して書いてみたいと思います。 まず、検証サイトだからといって必ずしも正しいとは思ってはいけないです。 実際 …

no image

スマホにして支払いが高額安定に

スマートホンにしてから支払い料金が 結果として高くなっている人って多くないでしょうか。 毎月何もしなくても、スマホであれば9000円程度の 支払いにはなるんじゃないかと思います。 少し別キャリアの端末 …

アーカイブ